Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2014年 総括 ジェフ千葉 FW編
« アジアカップ2015 日本vsヨルダン 3連勝で決勝トーナメントへ | メイン | アジアカップ2015 準々決勝 日本vsUAE もったいな過ぎるベスト8敗退 »

2014年 総括 ジェフ千葉 FW編

2015年1月21日
ジェフユナイテッド市原・千葉

2014年シーズンの振り返りのジェフ千葉編。今回は、FW(SH、トップ)編をやってみたいと思います。

FWは2トップの試合もありましたが、1トップで臨んだ試合が多かった関係でSHはこちらに入れています。

SH編

シーズン当初は、左SHに山中、右SHに田中という布陣となりました。

スポンサードリンク

左は、太亮とのコンビという事を考えると、少し山中はかぶる部分もありました。山中の怪我もあり、谷澤が起用されるようになりました。

また、右SHはシーズン途中から、井出が先発に定着しました。U-18から加入して、ようやく先発の座を勝ち得たというところですが、先発として毎試合出場するというのが初めてだったこともあり、徐々にコンディションが悪くなっていった感もあります。

また、町田がトップ下に入ったことで、幸野が右SHに回る事が多くなりました。幸野は、守備面でもサポートしてくれたりという事もあり、井出よりバランスがよくなったというのもありました。

左サイドは、ほぼ谷澤で固定されるようになりました。太亮とのコンビネーションもよくなったことで、2014年シーズンのストロングポイントとなりました。

幸野がレンタルバックという事もあり、井出が再び先発に定着するのか、田中が盛り返すのか、または町田がこのポジションをやるのかというのはありますね。

トップ編

シーズン当初は、森本が1トップに入っていましたが、出遅れていたケンペスが復調してきてからはケンペスが1トップに入る事となりました。

ただ、チームの不調などのもあり、森本とケンペスで先発というケースもありましたが、結局ケンペスの1トップに戻りました。

関塚監督が就任後もケンペスがトップに入っていましたが、途中からは森本がトップに入り結果を残し始めました。終盤は、森本がずっと先発で入ることとなりました。

ケンペスは、サブからの出場が多くなりましたが、それでもゴールはあげてくれましたので、この2人でかなり点が取れていた事にはなります。

森本は2015年シーズンも引き続き主軸として期待されます。

その他では、ルーキーのオナイウがリーグ戦出場を果たし、ゴールも生まれました。まだまだ、先発で使えるところまでは来ていませんが、試合に出れた事で2015年シーズン以降の活躍が期待されす。

レンタルで出されていた戸島は、天皇杯でゴールはあったものの、リーグ戦での出場はありませんでした。オナイウがリーグ戦で起用されていた事もあり、第4FWという位置づけにおわってしまいました。

次は、2014年シーズンの戦いを振り返ってみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。