Top > 話題別 > 日本代表 > アジアカップ2015 日本vsヨルダン 3連勝で決勝トーナメントへ
« 2014年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編 | メイン | 2014年 総括 ジェフ千葉 FW編 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアカップ2015 日本vsヨルダン 3連勝で決勝トーナメントへ



アジアカップ2015

アジアカップ2015 日本の第3戦 日本代表vsヨルダン代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

この試合、引き分け以上でグループリーグ1位突破が決まります。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と森重、右SBに酒井高徳、左SBに長友、アンカーに長谷部、CMFに香川と遠藤、右FWに本田、左FWに乾、トップに岡崎という布陣でした。

1,2戦とまったく同じスタメンとなりました。

日本代表
アジアカップ2015 vsヨルダン代表 先発フォーメーション
4.本田
9.岡崎
18.乾
7.遠藤
17.長谷部
10.香川
21.酒井高
22.吉田
6.森重
5.長友
1.川島

序盤から日本が積極的にしかけていく展開となります。

2分には、乾が切れ込んでシュートも、GKの正面となります。

その後、なかなかシュートに持ち込めない時間が続いたものの、前半10分、左サイドからのクロスが流れて右サイドの遠藤に渡ります。香川、本田、遠藤、乾とつながり、スルーパスから香川が折り返したところを乾がシュート。これが決まったかに思えましたが、香川が折り返す前にラインが割っていてノーゴール。

さらに、15分のFKは遠藤が香川にパス、前に送ったボールは跳ね返されるものの、左サイドに展開して森重がシュートも防がれます。

前半17分のFKは、本田が直接狙うもののGKがキャッチします。

さらに日本の攻勢は続き、前半24分、長谷部からのボールを受けた乾がスルーパスに岡崎が抜け出してシュート。これをGKが弾いて、本田がつめてゴールを奪います。日本が先制します。

その後も日本がペースを握る展開が続き、ヨルダンはほとんど攻め込む事もできません。

前半37分、香川からのスルーパスを受けた岡崎が抜け出してシュートもサイドネット。

森重が接触プレーで倒れるアクシデントはあったものの、危なげなく前半を終えます。

後半、日本は岡崎、乾が連続してイエローカードを受けてしまいます。後半6分には、その乾に代えて清武を投入します。

ヨルダンがサイドからのFKのチャンスもこれはきっちりと跳ね返します。

後半10分、長友が左サイドを突破してクロス。本田は打ちきれなかったものの、こぼれ球を遠藤が拾って左足シュートもバーの上を超えます。

その後は、ヨルダンに立て続けにチャンスが生まれます。だが、日本がきっちりとこれをしのぎ切ります。

後半13分には、遠藤からのスルーパスを受けた本田が抜け出してシュートを決めるもののオフサイドとなります。

ヨルダンの攻勢が続いたものの、日本が再びチャンスを作れるようになります。

本田や香川が積極的にゴールを狙うものの、追加点は奪えず。

後半31分の直接FKは、本田が狙うものの落ち切らず、バーの上を超えます。

後半34分、岡崎に代えて武藤を投入します。

すると、後半37分、武藤が左サイドを突破して折り返しに香川のシュートが決まって日本が2点目をあげます。

その直後のヨルダンの反撃はしっかりと防ぎ切ります。

後半41分、遠藤に代えて柴崎を投入します。

日本は、ボールを回しながら時間を使い、ときおり本田がシュートを狙うものの追加点は奪えず。ただ、ヨルダンの攻撃もしのぎきり、このまま勝利しました。

日本はグループリーグ1位で決勝トーナメントに進出しました。

日本代表
アジアカップ2015 vsヨルダン代表 試合終了時フォーメーション
4.本田
14.武藤
8.清武
20.柴崎
17.長谷部
10.香川
21.酒井高
22.吉田
6.森重
5.長友
1.川島

戦評

まさに盤石と言っていい勝利でした。ヨルダンには過去苦い経験をした事もありますが、この試合に関しては完勝でした。

日本は鋭いプレッシャーからボールを奪って、裏を狙ったり、パスを回したりと多彩な攻撃を見せました。

選手のコンディションも良さそうで、動きもかなりよかったように思います。特に、長谷部や本田などはW杯のときにこれくらいのコンディションが良ければと思うほどでした。

幻のゴールとはなったものの、乾のシュートにつなげた場面は素晴らしかったですね。

さらに、本田の先制点となった場面も、岡崎が打ったシュートの逆サイドに本田が積めていました。

そして、後半には香川のゴールも生まれて、アシストしたのが武藤という事で決勝トーナメントに向けても明るい材料がそろいました。

出場時間は短かったものの、柴崎が今大会初出場を果たしたのも大きいですね。

グループリーグ1位で突破した日本は、準々決勝でUAEとの対戦となりました。なお、ここを勝ち抜くと準決勝は中国vsオーストラリアの勝者となります。

選手評価
GK 川島 6.0
DF 森重 6.5
DF 吉田 6.0
DF 酒井高 6.0
DF 長友 6.0
MF 長谷部 6.5
MF 遠藤 6.0
MF 柴崎 -
MF 清武 6.0
MF 香川 7.0
FW 本田 6.5
FW 岡崎 6.0
FW 武藤 6.5
FW 乾 6.5

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第18節 ジェフ千葉vs鹿児島ユナイテッドFC クレーベ船山弾でユナイテッドダービーを制す
  2. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsスコットランド女子 岩渕、菅澤弾で今大会初勝利
  3. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsアルゼンチン女子 痛恨のスコアレスドロー
  4. 日本vsエルサルバドル 永井2ゴールで快勝
  5. 2019年 J2 第17節 栃木SCvsジェフ千葉 見せ場少なくスコアレスドロー
  6. 日本vsトリニダード・トバゴ 3バック不発でスコアレスドロー
  7. 2019年 J2 第16節 ジェフ千葉vsV・ファーレン長崎 術中にハマり大敗
  8. 2019年 J2 第15節 東京ヴェルディvsジェフ千葉 船山ゴールで先制も痛み分け
  9. 2019年 J2 第14節 ジェフ千葉vsFC岐阜 5発大勝
  10. 2019年 J2 第13節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 後半3失点で逆転負け
  11. 2019年 J2 第12節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 セットプレー2発で快勝
  12. 2019年 J2 第11節 ジェフ千葉vs大宮アルディージャ 両者譲らずスコアレスドロー
  13. 2019年 J2 第10節 横浜FCvsジェフ千葉 工藤ゴールも後半失速で逆転負け
  14. 2019年 J2 第9節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 守備は安定も決め手に欠けてスコアレスドロー
  15. 2019年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 拮抗した試合も得点奪えず完封負け
  16. 2019年 J2 第7節 ジェフ千葉vsFC琉球 寿人弾で首位撃破
  17. 2019年 J2 第6節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 茶島のFKで今シーズン初勝利
  18. 日本vsボリビア 堅守に大苦戦も中島のゴールで辛勝
  19. 2019年 J2 第5節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 江尻監督初陣は引き分けに
  20. 日本vsコロンビア 攻撃陣躍動で沸くもPKで惜敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6