Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 総括 ジェフ千葉 FW編
« 2017年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編 | メイン | 2017年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 総括 ジェフ千葉 FW編



ジェフユナイテッド市原・千葉

2017年シーズンの振り返りのジェフ千葉編。今回は、FW(SH、トップ)編をやってみたいと思います。

SH編

開幕当初は3-5-2のシステムだった事もあり、SHのポジションではありませんでした。ラリベイの1トップが定着すると、両サイドに清武と船山という布陣が多くなりました。チームにフィットしはじめた清武がゴールを量産。熊本時代に自己ベストのペースを超える勢いでゴールを量産します。

スポンサードリンク

船山の得点が伸びないなかで、2トップも試したりしましたが、清武、船山のサイドで安泰かと思えましたがが、前半戦で得点を量産していた清武のゴールが延びず。途中加入の為田が次第にフィットして得点、アシストが延び始めます。当初は、得点力の高い清武が右に回って、為田と先発というケースが続きましたが、ついに清武も先発から外れます。

終盤戦は船山がトップ下に回った事もあり、右には町田が入る事になりました。町田がサイドからしつこくプレスをかける事で何度もチャンスにつながりました。自らのゴールもありました。そして、為田の方も大活躍でシーズンを終える形となりました。加入当初は守備面で苦戦していましたが、割り切って攻撃の方で良さを出していった結果、守備面でも安定したような気がします。

途中まで得点を量産していた清武は終盤戦はゴール0。調子自体は悪くなさそうでしたが、物足りない終盤戦となりました。

トップ編

開幕当初は2トップで、ラリベイもまだフィットしていなかった事もあり、船山と清武の2トップとなりました。その後、ラリベイと船山が先発で清武がサブ。さらに清武が先発にと、この3人で回っていました。吉田眞紀人は1度途中交代で入ったものの、その後は町田へレンタル移籍しています。また、菅嶋も1度途中交代で入ったものの、その後はサブにすら入れない状況でした。

指宿加入後は、ラリベイとの2トップまたは、途中交代での出場となりました。ラリベイの得点が伸びない中で、指宿が先発にまわるケースもあり、指宿の方がいち早くフィットした印象でした。

夏以降ラリベイがチームにフィットし得点を量産し始めるとラリベイの1トップが中心となりました。ラリベイは、開幕当初こそ得点があげられずにいましたが、気づけばチーム得点王。20得点近い得点をあげて、大エースとなりました。

ラリベイがエースとして君臨する中で、指宿は途中交代での出場が多くなりましたが、ラリベイにはない持ち味もありなくてはならない選手だったと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6