Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2014年 J2 第32節 ジェフ千葉vsFC岐阜 躍動した中盤も1-0辛勝
« 仁川アジア大会 なでしこジャパンvsヨルダン女子 大爆勝で1歩リード | メイン | 仁川アジア大会 U-21日本vsU-23ネパール 4発快勝で決勝トーナメントへ »

2014年 J2 第32節 ジェフ千葉vsFC岐阜 躍動した中盤も1-0辛勝

2014年9月21日

FUN

2014年 J2 第32節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsFC岐阜の試合をフクダ電子アリーナまで観戦してきました。

諸事情により、いつもよりも会場入りが遅れましたが、さほど問題なく席につけました。

天候自体は悪くなかったのですが、ここのところ客足が伸びませんね。

前節、北九州に負けて、ホームで連敗は避けたいところです。中盤のメンバーをいじってくるという情報もありましたが、いかに。

スポンサードリンク

試合前の記念撮影

試合展開

それでは、試合です。ジェフの先発は、GKに岡本、CBに大岩とキム、右SBに慶、左SBに太亮、ボランチに勇人とナム、右SHに井出、左SHに谷澤、トップ下に町田、トップに森本という布陣でした。

トップ下とボランチをまるごと変えてきました。勇人にしても、町田にしても、ナムにしても先発は久しぶりです。

 

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第32節 vsFC岐阜 先発フォーメーション
11.森本
28.町田
26.井出
23.ナム
7.佐藤勇
8.谷澤
13.山口慶
20.キム
2.大岩
17.中村
1.岡本

序盤、岐阜にCKのチャンスを与えてしまいますが、ここはしっかりと凌ぎ切ります。

前半4分、ナムが思い切ったミドルシュートも枠を外れてしまいます。

前半8分、ジェフのFK。森本がシュートを狙うものの打ちきれず。倒されれうがノーファウルの判定となります。

この後、岐阜が攻勢に出るものの、ここはゴールを割らせません。

前半13分、町田がスルーパスに抜けだすと、中央へパス。そこに谷澤が飛び込んできて、シュート。これが決まってジェフが先制点をあげます。

谷澤のゴール直後

前半21分、ジェフのFKのチャンス。太亮が蹴ったボールは壁にあたるものの跳ね返ってきたボールをシュート。こぼれ球を拾って裏にボールを出すものの誰も反応出来ず。

前半26分、太亮、町田とつながって谷澤がシュートも枠の外に外れます。

前半28分の岐阜のFKのチャンスは、岡本のファインセーブでゴールを許しません。続くCKも防ぎ切ります。

前半33分、左サイドからの太亮のクロスは森本の頭にあうものの、ゴール方向に飛ばせず。

前半は、このまま1-0でジェフがリードして折り返します。

前半5分、岐阜のCKのチャンスは、岡本が抑えます。

後半11分、岐阜は益山が2枚目のイエローで退場となります。
このファウルでえたFKからはゴールが奪えず。

後半12分、岐阜の攻撃。シュートは岡本が防ぐもののバーに当ってあわやという危ない場面でした。

数的優位をなかなかいかす事が出来ず、逆に岐阜の勢いに押される展開が続きます。

後半16分、井出に代えて佑昌を投入します。

それでも岐阜の勢いは止まらず。苦しい展開が続きますが、ゴールは割らせません。

佑昌が接触プレーで痛んでピッチ外に出ます。

後半20分、ジェフのチャンスになり、最後は勇人がペナルティエリア内で倒されるもののノーファウルの判定となります。

後半23分、佑昌が戻れず、代わって阿道が投入されます。そのまま右SHに入ります。

後半29分、ボールを奪って、森本から大きく右に展開。阿道が持ち上がって、折り返すものの相手がカットします。

さらに、後半30分、阿道がしかけて、こぼれ球を町田が拾って中へ折り返すものの、シュートはバーの上を越えてしまいます。

後半32分、ナムに代えて健太郎を投入します。

岐阜の運動量が落ちてきた事もあり、再びジェフがペースを握れるようになってきます。

ジェフの攻勢が続くものの追加点をあげる事ができません。

それでも、岐阜の反撃を最後まで抑えきり、1-0で勝利しました。

 

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第32節 vsFC岐阜 試合終了時フォーメーション
11.森本
28.町田
19.オナイウ
16.佐藤健
7.佐藤勇
8.谷澤
13.山口慶
20.キム
2.大岩
17.中村
1.岡本

戦評

試合後の整列

前半は上々の出来だったと思います。入れ替えた中盤がうまく機能して、次々に裏に飛び出す動きからチャンスとなります。

先制点もそういった形でした。町田がうまく抜けだして、谷澤とピッタリ合いました。

ただ、前半は岐阜の出来もよくなかった事で、出来れば追加点を奪って試合を決めたかったところでした。

後半は、益山の退場で数的優位にたったものの、なかなか相手からボールを奪えず押し込まれる展開が多くなりました。

数的優位はあまりいかせなかったですね。交代で入った佑昌が、すぐに負傷退場となってしまったのも誤算でした。

ただ、阿道くんが、あの位置でも出来たのは今後にはよかったかもしれません。

結果的には、谷澤のゴールの1得点でしたが、きっちりと勝ち切りました。相手が1人すくなかった事で、守備面では楽になったとは思います。

気になるのは、森本がここのところ得点を取れてないところですね。ケンペスがベンチには復帰していますが、森本と2人で点を量産してもらわないと困りますから。

この勝利で、7位にまで順位が上がりました。さらに、上位陣の勝ち点がのびなかった事で、4位岡山との勝ち点差が5と射程圏内に入ってきました。

プレーオフ出場権争いも、勝ち点差がつまって拮抗してきました。ここで、連勝して順位を上げていきたいところですね。

選手評価
GK 岡本 6.0
DF 大岩 6.0
DF キム 6.0
DF 慶 6.0 
DF 中村 6.0
MF 勇人 6.0
MF ナム 6.5

MF 健太郎 6.0
MF 井出 6.0
MF 谷澤 6.5
MF 町田 6.5
FW 森本 5.5
FW 佑昌 - 
FW オナイウ 6.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。