Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第20節 FC岐阜vsジェフ千葉 10得点が乱れ飛ぶ乱打戦を制す
« 2017年 J2 第19節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 ミドルシュート2発で完敗 | メイン | 2017年 J2 第21節 ジェフ千葉vs大分トリニータ 4発快勝で初の連勝 »

2017年 J2 第20節 FC岐阜vsジェフ千葉 10得点が乱れ飛ぶ乱打戦を制す

2017年6月26日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第20節 FC岐阜vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNの中継で観戦しました。

リーグ戦では、水戸相手に完敗。天皇杯でメンバーを入れ替えてホームフクアリで1-0で勝利してのアウェイ岐阜戦という事になりました。

スポンサードリンク

試合経過

vsFC岐阜 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤と大久保とボムヨン、右WBに北爪、左WBに乾、アンカーに熊谷、ISHに町田とアランダ、2トップに指宿と清武という布陣でした。天皇杯で結果を出したメンバーを中心にしたメンバーとなりました。大久保がリーグ戦初先発。北爪も久しぶりの先発となりました。船山はベンチ外、壱晟はベンチスタートとなっています。

前半3分、まずはジェフが右サイドからのクロスに清武が狙うが、DFに当たってCKとなる。このCKは、混戦となるが岐阜が逆にカウンターとなるが攻めきれず。

岐阜は、前半7分のCK。つないでまわしていき、最後はシュートで終わるが優也が難なくキャッチする。

ジェフは、前半11分に清武のミドルシュート。相手に当たってCKとなる。グラウンダーのぼーるからつないでいくがクリアされてしまう。

義父は、前半13分にCK。ショートパスでつないでからクロスにヘディングで合わせるが、これはオフサイドとなる。

ジェフは前半14分、優也からボムヨンへにパスがミスとなり相手に奪われてしまう。このまま、1対1となりゴールを割られる。岐阜が先制する。

前半16分、北爪のクロスから指宿が狙うが枠の外。前半19分に岐阜がシュートも上に外れる。

ジェフは、前半21分、清武が遠目からシュートもGKがおさえる。前半22分には、清武のロングスローから町田がシュート。こぼれたボールをひろった乾が突破してシュートもGKに防がれてCKとなる。
CKはショートCKからのクロスははねかえされるが、これを拾ってサイドクロスをあげるがクリアされて再度のCKとなる。つづくCKは、乾が頭で合わせてゴールを奪い、ジェフが同点に追いつく。

ジェフは、前半25分、乾のクロスに、右サイドから北爪がシュート。こぼれたを拾った清武からのパスを受けたアランダがシュートもブロックされる。

前半28分、岐阜の攻撃。古瀬のミドルシュートは枠を外れる。

ジェフは前半33分、大久保のロングスローから混戦になるが、最後はGKがキャッチする。岐阜の攻撃から、シシーニョのシュートはブロックする。

前半36分、右から北爪のクロスに清武ガセって相手に当たって、ヘディングシュートは枠を外れる。ジェフのCKとなり、跳ね返したボールをヘディングで戻すが中でファウルとなる。前半39分、ジェフのFK。グラウンダーのボールをおくるが、はねかえされたボールを清武がミドルシュートも相手に当たったボールをGKがキャッチする。
前半43分、ジェフのCK。ヘディングからのこぼれはクリアされる。

前半46分、岐阜がゴール前でのパスからゴールを奪い勝ち越す。しかし、直後の前半47分、近藤からのロングボールに走り込んだ北爪がラインギリギリから折り返す。これに指宿が走り込んで蹴り入れてゴール。ジェフが2-2と同点に追いついて前半を終える。

ハーフタイム、指宿に代えてラリベイを投入する。

ジェフは、4-3-3にシステムを変える。乾が左SH、清武が右SHに回ってラリベイの1トップとなる。

後半2分、岐阜のFKからの流れで優也が左サイドにロングボール。清武が突破して相手をかわしてシュート。これが決まってジェフが2-3とリードを奪う。

岐阜は、後半5分、左サイドからのクロスに、ヘディングもこれははねかえす。さらに後半7分、岐阜がスローインから右サイドを突破してシュートもゆうウヤがおさえる。

ジェフは、後半8分、清武のロングスローからの流れ。はねかえされたボールを、ボムヨンが拾ってミドルシュート。これがゴール右に吸い込まれて2-4とする。

後半9分、ジェフのFK。この流れから乾が降り開けして大久保がシュートも枠を外れる。ジェフがペースをつかみ押し込む展開となる。
後半14分、ジェフのCK。ショートCKからのクロスにヘディングで折り返すが、ファウルとなる。後半15分には、ラリベイのポストプレーから乾がクロス。アランダが走り込んでシュート。これが決まって、2-5と突き放す。

後半16分、近藤に代えて岡野を投入する。

後半19分、ジェフのCKも、逆サイドに流れてラインを割る。すると、後半21分、岐阜にボールを回されて、最後はシュートを決められて3-5となる。

それでもジェフは後半24分、右サイドに飛び出した乾の折り返しをアランダが拾ってラリベイへ。ラリベイのシュートが決まって3-6とする。

後半26分には、町田のスルーパスから、ラリベイが抜け出すがシュートは枠の外。

後半30分、岐阜がボールをつないでシュートも左に外れる。さらに、後半33分、岐阜が左サイドから仕掛けて折り返すと、これを決められて4-6とされる。

後半35分、熊谷に代えて勇人を投入する。

さらに、岐阜の攻撃が続き、ジェフは防戦一方となる。それでも、なんとか守り抜く。アランダが足をつって、厳しい状況ながらも最後までこれ以上の追加点は許さず。

試合は4-6でジェフが辛くも勝利した。

vsFC岐阜 試合終了時メンバー

戦評

もう、ホントに一言で言えばバカ試合ですね。皮切りは、ジェフのパスミスからあっさりと失点。乾の打点の高いヘディングで追いついて、さらにヒートアップ。前半終了間際に1点づつを取り合って2-2で折り返しました。

ここから、岐阜の試合運びに助けられた感はありますが、清武のゴールで勝ち越すと、ボムヨン、アランダが決めてあっという間に3点差としました。

ただ、ここで岐阜は気持ちを切らさず。やや引き気味となったジェフを相手にパスワークで切り裂いて3点目。ラリベイのゴールで再び3点差とするも北爪のマークを振り切って折り返しを決められて4点目。

ここからは、ジェフの足も止まり始めて、岐阜が再三チャンスをつかむことになりました。2点をリードしていたとはいえ、既に4失点している状況で見ていてもヒヤヒヤものでした。

今シーズン最多の6得点。そして、山口戦以来のアウェイ勝利を飾りましたが、手放しで喜べる内容ではなかったですね。相手の岐阜のやり方との相性が良かった事と、相手の試合運びに助けられた感があります。それに、やはり4失点は多すぎでしょう。

アウェイで勝った事も、6得点の大勝も、今後に活かせる要素は少ない内容だった事で、これで何かが変わったとは言えるものではありません。ただ、それでもアウェイで勝利した事で、次のホーム大分戦で、7度目の連勝へのチャンレンジが可能となりました。岐阜と違って守備も固いでしょうから、同じような展開にはまずならないでしょうね。かつては得意さんだった大分ですが、J1昇格プレーオフなどで勝利を逃しているだけに侮れません。

指宿の負傷がどの程度のものなのか、ベンチ外だった船山の状態もきになります。指宿がでれない場合は、ラリベイが出るでしょうが、そろそろ爆発と行きたいところです。この試合で、壱晟が出場出来なかった事も気になりますね。ここのところ良さが出せなくなっていたので、ここでもう1度輝きを見せて欲しいところです。

選手評価
GK 優也 5.5
DF 近藤 5.5
DF 大久保 5.5
DF ボムヨン 6.5
DF 岡野 5.5 
DF 乾 6.0
MF 熊谷 5.5
MF 勇人 6.0 
MF 町田 6.5 
MF アランダ 6.5
FW 清武 7.0 
FW 指宿 6.5
FW ラリベイ 6.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。