Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2014年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 ゴールが遠い!!
« 女子アジアカップ2014 準決勝 なでしこジャパンvs中国女子 劇的勝利で決勝へ | メイン | 女子アジアカップ2014 決勝 なでしこジャパンvsオーストラリア女子 悲願の女子アジアカップ初制覇!! »

2014年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 ゴールが遠い!!

2014年5月24日

FUN

2014年 J2 第15節 横浜FCvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をニッパツ三ツ沢球技場まで観戦してきました。

前節、苦手のコンサドーレ札幌相手に快勝して、5月は無敗ですが、なかなか上位との差が詰まりません。

今節は、得意としている横浜FC戦ですが、ケンペスが累積警告で出られない上に、森本も怪我で欠場中という事で前線の迫力に欠けるという不安点があります。

ここで、連勝して勢いをつけたりところです。

スポンサードリンク

試合展開

試合前の記念撮影

それでは、試合です。ジェフの先発は、GKに岡本、CBに智とキム、右SBに大岩、左SBに太亮、ボランチに健太郎と兵藤、右SHに井出、左SHに谷澤、トップに大塚と町田という布陣でした。

実質的には0トップのような布陣でしょうか!?

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第15節 vs横浜FC 先発フォーメーション
28.町田
14.大塚
26.井出
10.兵藤
16.佐藤健
8.谷澤
2.大岩
20.キム
5.山口智
17.中村
1.岡本

序盤から、ジェフがボールを回しながらペースを掴みます。

再三、攻めこむものの、シュートまで持ち込めず、時間が過ぎていきます。

すると、前半14分、横浜FCにFKのチャンスをつくられます。これは、ポストに当って外れて助かります。

さらに、横浜FCにセットプレーからチャンスをつくられてしまうものの、ゴールは奪わせません。

前半23分、ジェフのFKのチャンスはクリアされて、CKとなります。
CKからのチャンスはシュートに持ち込めず。クリアされて、スローインから太亮がクロスをあげるものの、シュートに持ち込めません。

前半28分には大塚がシュートを狙うもののバーの上に抜けてしまいます。

前半35分のFKは、跳ね返されてしまいます。

さらに、前半43分、ゴール正面のFKは、兵藤が蹴るが壁にあたってしまいます。

結局、得点生まれず、0-0で折り返します。

後半、パスミスからカウンターをくらい、シュートに持ち込まれるものの岡本がキャッチします。

後半4分、ジェフのCKは、クリアされてスローインになります。
スローインから攻めこむものの、ボールが奪われてカウンターになるものの、最後はキムがサイドに蹴りだしてスローインに逃げます。

その後、ジェフがボールを回し、ペースを掴むものの前半同様にシュートに持ち込めません。

後半18分、兵藤のボールカットから左に展開する。太亮が思い切って狙うものの防がれる。こぼれ球を町田がヘディングで狙うが枠を捉えきれず。

後半23分の兵藤のミドルシュートはGKの正面を突いてしまいます。

ジェフのセットプレーのチャンス

後半28分、谷澤からのクロスは中と合わず。

後半29分、谷澤が倒されてFKとなります。これは、一度井手に戻してシュート。ゴール前で混戦になるものおゴールを奪う事が出来ません。

後半30分、横浜FCのシュートは防ぎきる。横浜FCのCKからのファウルとなり事なきを得ます。

後半32分、兵藤に代えてナムを投入します。
ナムはそのままボランチに入ります。

後半33分、ナムのパスミスからピンチになるが、最後はクリアする。

後半34分、井出がサイドから折り返すがスローインに逃げられる。スローインから大塚、ナムと渡るが、ナムのパスがミスとなりカウンターとなります。

後半35分、町田に代えて山中を投入します。山中はトップ下に入ります。

後半42分、横浜FCに攻めこまれ、ペナルティエリア内でシュートを打たれるものの、枠を外れて助かります。

後半43分、谷澤に代えて佑昌を投入します。佑昌が右SHに、井出が左にまわります。

後半44分、カウンターから太亮がクロスをあげるものの、合わせきれず。

結局、この後も攻めこむもののゴールは奪えず。0-0とスコアレスドローとなりました。

 

ジェフユナイテッド市原・千葉
2014年 J2第15節 vs横浜FC 試合終了時フォーメーション
14.大塚
22.山中
6.田中
23.ナム
16.佐藤健
26.井出
2.大岩
20.キム
5.山口智
17.中村
1.岡本

戦評

試合後の握手をする両チームの選手たち

結果的には、ケンペス不在が響いた試合となりました。

ボール自体はよく回っていましたし、暑さの割には選手も動けていたので、出来自体は悪くなかったと思います。

前線が、町田と大塚という事もあり、なかなか簡単にクロスをあげてという感じにはならず、完全に相手を崩すところまで持ち込めませんでした。

シュート自体も少なかったように思います。もう少し、強引に打っていってもよかったようにも思いますが、途中でひっかかってカウンターというのを怖がってしまったところもありました。

町田よりは、大塚の方がフィニッシャーとしての力はあると思うので、もう少し前で仕事をして欲しかったかなと思います。
流動的ではありましたが、町田が前に残るケースが多くクロスをあげられる状態でありませんでした。

また、ゴール前のスペースが中々なくて、前節の井出のゴールのような形は作りづらい状況でもありました。

裏を狙うのが得意な佑昌の出番が最後になったのは、そういうのもあったのでしょう。

5月無敗は続いているものの、連勝がなく中々勝ち点が伸びません。かろうじて、プレーオフ圏との勝ち点差が開いていない事だけが救いでしょうか。

次の相手は、愛媛FCです。ジェフは、愛媛には負けた事はなかったと思いますが、好調です。湘南を破り、3連勝と波に乗っています。

こういう相手に、しっかりと勝ちきりたいところです。

選手評価
GK 岡本 6.0
DF 智 6.0
DF 大岩 6.0
DF キム 6.0
DF 中村 6.0
MF 健太郎 6.0
MF 兵藤 6.0
MF ナム 5.0
MF 谷澤 5.5
MF 大塚 6.0
MF 井出 6.0
MF 町田 5.5
MF 山中 -
MF 田中 -

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。