Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第42節 ジェフ千葉vs横浜FC 後半ATでの逆転弾でプレーオフへ滑り込む
« 2017年 J2ラスト1 | メイン | 2017年 J1 第33節 ベガルタ仙台vs横浜Fマリノス 痛恨のオウンゴールで引き分け »

2017年 J2 第42節 ジェフ千葉vs横浜FC 後半ATでの逆転弾でプレーオフへ滑り込む

2017年11月21日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第42節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs横浜FCの試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

アウェイ名古屋で勝利。怒涛の6連勝でホームフクアリへ戻ってきました。チーム新記録となる7連勝とJ1昇格プレーオフに向けて最後に勝って終わりたい一戦です。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vs横浜FC 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤、ボムヨン、右SBに溝渕、左SBに乾、ダブルボランチに勇人と熊谷、右SHに町田、左SHに為田、トップ下に船山、トップにラリベイという布陣でした。矢田ではなく熊谷が引き続き先発に入りました。

開始早々の1分、相手のロングボールをボムヨンがひろったものの、相手のチェックを受けて転倒。そのまま右サイドからボールを入れられると、最後は溝渕のクリアがオウンゴールとなり横浜FCが先制します。さらに、横浜FCは、前半6分にFK。しかしこのボールはそのままラインをわります。

開始早々の失点から徐々に落ち着きを取り戻しつつあった前半11分。為田のクロスはGKがキャッチします。さらに、前半13分、為田の折り返しに船山がダイレクトで合わせるものの枠を外れます。

勢いを取り戻してきたジェフは、前半16分、右からのFK。近藤が頭で合わせるがGKの正面となりキャッチされます。前半18分のジェフのCK。戻してから比嘉がクロスを上げるがGKがキャッチします。前半21分にもジェフのCK。近藤がニアで折り返すがポストに当たって、これはクリアされます。

ジェフは、前半30分、ラリベイの落としを受けた町田が右サイドを突破。クロスを送るかと思えたが、GKのニアとつくシュートが決まって同点に追いつきます。

町田のゴール直後

さらに前半32分、競合いから船山が落としたボールをラリベイがシュートも左に外れます。

その後、ジェフがボールを支配するもののなかなかチャンスを作れず。前半40分には、横浜FCのしかけからチャンスを作られるが、最後のスルーパスは合わずに優也が抑える。

ジェフは、前半41分、町田がドリブルで仕掛けるが転倒してしまい、さらにお腹に相手の足がはいって倒れてしまう。

その後、ジェフは前半ATにはセットプレーのチャンスが続くもののゴールならず。前半を1-1で折り返します。

後半3分、ジェフのFK。右に流して為田がクロスを入れるがラインをわります。横浜FCは後半8分にFK。イバが直接狙うが左に外れます。

ジェフは、後半9分、勇人に代えて矢田を投入します。熊谷をアンカーに、前に町田と矢田が並び、船山が右に出ます。

ジェフは、後半12分にFK。ラリベイが合わせるが右に外れます。ジェフの攻勢は続き、後半16分、町田が奪われたボールを自ら奪い返して突破するもクリアされます。後半17分のジェフのCK。熊谷のシュートは枠に飛ばず。

後半19分、船山に代えて清武を投入します。後半22分、比嘉が突破してボールを入れるがGKが抑えます。

横浜FCは後半23分にFK。頭に当てられるが、最後は優也がキャッチします。

ジェフは、後半24分、右で仕掛けて溝渕がダイレクトでクロスをあげるがラリベイは枠に飛ばせず。さらに後半26分、ジェフのFK。清武が狙うが壁に当たってCKとなる。つづくジェフのCKは、ショートCKから町田がシュートもブロックされる。さらに、クロスからボムヨンが頭で合わせるが上に外してしまいます。

後半28分、比嘉に代えて指宿を投入。ラリベイと指宿の2トップとなり、熊谷がCB、ボムヨンが左SBに回ります。

後半29分、ジェフのFK。跳ね返されたボールを入れるがシュートは阻まれる。後半31分には横浜FCのCK。これははねかえしてカウンターを狙うが止められます。後半34分、ジェフのCK。競ったボールのこぼれを為田がヘディングで合わせるがGKが抑えます。さらに、後半35分、左から清武が折り返して町田がシュートも相手に当たってボールは清武に。これを町田に折り返して、町田が狙ってシュートも上に大きく外してしまいます。

横浜FCは後半37分にCK。これは優也がパンチングで弾き返します。後半40分にも横浜のFK。レアンドロ・ドミンゲスが直接狙うが上に外れます。

後半41分、ジェフの攻撃。町田のシュートは防がれるが、さらに攻撃は続きクロスははねかえされます。時間がなくなったジェフは近藤が前線にあがって、ボムヨンがCBに入って矢田が左SBに回ります。後半46分、為田のシュートはブロックされます。

後半47分、ジェフのCK。清武のボールに近藤が頭で合わせてGKの手を弾いてゴールに吸い込まれます。ジェフが土壇場で逆転に成功します。

近藤のゴール直後

その後横浜FCにセットプレーのチャンスをつくられるものの、これを凌ぎきります。試合は、2-1でジェフが逆転勝利を飾りました。

vs横浜FC 試合終了時メンバー

戦評

試合後の握手をする選手たち

最後の最後で、近藤がゴールをこじ開けました。スタッツだけ見ればジェフが圧倒していましたが、逆転ゴールが遠かった。

開始早々に失点。ボムヨンに相手の足が多少当たっているようにも見えたが倒れるような当たり方ではなく転倒してしまったのは悔やまれます。比嘉が急いで戻るも間に合わず。溝渕が懸命に足を伸ばすがオウンゴールとなってしまいました。試合後に、近藤が語っていたように、選手にも多少の緊張はあったようです。

序盤の横浜FCのプレスを掻い潜れるようになると徐々にジェフ本来のサッカーが出来てきます。立ち上がりの浮足立ったところから回復して、ようやくジェフらしいサッカーが出来るようになってきました。そんな矢先に町田の同点ゴールが生まれました。あれは、相手GKだけではなく、味方も観てる側も騙されたでしょう。意表をつくシュートが見事に決まりました。少し浮いたような弾道でゴール前に落ちるようなボール。意表をつかれた事もありますがGKも取れませんでした。ニアを抜かれるのはGKに取っては痛恨でしょう。

ここから、さらにジェフの攻勢になる訳ですが、ゴールが遠かったですね。ラリベイのシュートも決まらず。後半に入って、矢田、清武、指宿と攻撃のカードを切ります。熊谷もびっくりのCB起用。最後は、近藤も前に上がってしまったのでかなりリスクをかけての攻撃でした。そして、後半ATついに歓喜の瞬間が訪れました。近藤の値千金のゴールでついに逆転に成功しました。ただ、まだATは2分以上残っていて気が許せない状況。実際にセットプレーのチャンスを作られました。

そして、タイムアップ。他会場の結果はシャットアウトしていましたが、すぐに結果を確認。松本が京都に敗れて、東京Vが徳島に勝利。ジェフが7連勝でJ1昇格プレーオフに滑り込みました。

満員のフクアリを見るだけでも感動的なものがありましたが、最後の最後で劇的な勝利。プレーオフ進出まで決めてしまいました。ホントにホントに嬉しい勝利。横浜FCも試合内容では圧倒される格好となりましたが、最後まで勝利をめざしてのプレーは見事でした。前節プレーオフ進出を逃した直後の試合で難しいかったでしょう。

この結果を受けて、ジェフはプレーオフ準決勝をアウェイで名古屋グランパスと対戦する事になりました。前節に対戦し快勝した相手。相手にとってはむしろジェフとやるのは嫌だと思いますが、だからこそ難しい試合になりそうです。ここまで来たらあと2つ。勝ってJ1昇格を決めたいですね。

残念ながら週末はユアスタで仙台の試合を見る事にしてたのでプレーオフ生観戦はならず。まあ、ジェフが勝ち上がっても遠方アウェイの可能性が高かったので、早くに予定を入れてたのですが、名古屋なら日帰りでも行けるので行きたかったですね。決勝味スタ開催なら参戦したいと思います。名古屋に勝って戻ってきてほしいです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 7.5
DF ボムヨン 6.0
DF 比嘉 6.5
DF 溝渕 6.0
MF 勇人 6.5
MF 矢田 6.0
MF 熊谷 6.5 
MF 為田 6.0
MF 町田 7.0 
MF 清武 6.0
FW 船山 6.5 
FW ラリベイ 6.0
FW 指宿 6.0

 にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。