Top > 話題別 > ユース年代高校選手権 > 第92回 高校選手権 米子北vs青森山田 PK勝ちで辛勝
« 第93回 天皇杯決勝 横浜Fマリノスvsサンフレッチェ広島 10年ぶりの元日国立決勝 | メイン | 第92回 高校選手権 3回戦 青森山田vs履正社 またもや鬼門の3回戦を突破できず »

第92回 高校選手権 米子北vs青森山田 PK勝ちで辛勝

2014年1月 2日

第92回高校サッカー選手権

第92回高校サッカー選手権 米子北高校vs青森山田高校の試合を観戦しに等々力競技場まで行ってきました。

毎年、青森山田の試合を観戦してますが、等々力開催は初めてですね。いつもは駒沢とか臨海辺りでやる事が多いので。

通常、学校応援席と一般の席は分かれているのですが、等々力はメインスタンドがしょぼいのでバックスタンド側にまとめられています。一般の人は2階席で観戦です。

第1試合は既に終了していて、第2試合が始まる間の時間に到着したのですが、引き上げる人たちもいるので、かなりごった返していました。売店も少ないので、長蛇の列が出来ていました。

スポンサードリンク

試合経過

キックオフ直前

試合自体は、青森山田がペースを握る展開だったと思います。ポゼッションでは青森山田がかなり上回っていました。

ただ、なかなかシュートまで持ち込めずに苦労します。米子北はカウンターやCKからのチャンスはあったものの、青森山田のGKに止められて得点できず。

青森山田のCKのチャンス

青森山田は、流れの中からビッグチャンスがあったもののゴールを割る事が出来ず。さらに、CKからのチャンスもシュートは惜しくも枠の外でゴールならず。

青森山田が、押し気味に試合を進めるものの得点は生まれず。前半を0-0で折り返します。

後半の立ち上がり、米子北が攻勢に出てきます。右サイドからのシュートは青森山田のGKが指先でわずかにコースを逸らして防ぎます。

それでも、後半11分米子北はCKからのシュートでゴールを奪い先制します。

青森山田は、失点後少しバタバタしてしまったものの、徐々に攻勢に出ます。後半20分過ぎからは青森山田が攻め続ける展開に。

青森山田は、右サイドからのクロスにゴール前で混戦になりボールはゴールへ吸い込まれるが、これはハンドがあったとの判定でノーゴールに。

その後もセットプレーを含めてチャンスを量産するものの中々ゴールが奪えず苦しい展開に。

それでも、後半33分ペナルティエリアに侵入して右サイドからボールを入れると李が押し込んでゴール。ようやく青森山田が試合を降りだしに戻します。

青森山田が追いつく

追いついた青森山田がその後も攻め続けて逆転を狙うものの勝ち越し点は奪えず。決着はPK戦に委ねられました。

青森山田がPK勝ち

PK戦は両チームとも、間合いを長くとってのキックが特徴で3人目までは全員が成功します。しかし、米子北の4人目を青森山田のGK田中が止めます。
青森山田は4人目、5人目もきっちりと決めて、青森山田が3回戦進出を決めました。

戦評

青森山田勝利のバンザイ

試合全体としては自力に勝る青森山田のペースだったと思います。ただ、中々ゴールに迫る事が出来ませんでした。

前半に2回あったビッグチャンスを決められず、逆に後半米子北に先制を許して苦しい展開になりました。
おそらく前半のうちに1点が入っていれば、もっと楽に勝ち抜けたと思います。

後半、先制点を許してからようやくエンジンがかかってきた青森山田が、何度もチャンスを作るものの中々ゴールが奪えずじまい。このまま初戦敗退もありえる展開でしたが、なんとか同点に追いつく事が出来ました。

結局、PK戦での勝ち上がりになりましたが、青森山田はPKの練習をしているのか自信ありげでしたね。ここのところPK戦で負けた記憶はあまりありません。

3回戦進出となったものの、どこまで力が出しきれたかはわかりませんね。青森山田にとっては鬼門の3回戦。ここを突破できた大会はベスト4以上に進んでいるだけに、ここを勝てるかどうかは見ものです。

青森山田は、県外の生徒も多いですが、ジェフU-15からも2人が登録されています。先発した14番山下くんもジェフU-15の出身です。

日テレのサイトでダイジェスト動画を観ることが出来ます。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。