Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2012年 J2 第38節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs大分トリニータ 痛恨の逆転負け【J特】
« フランスvs日本 カウンター一閃で劇的初勝利!! | メイン | 日本vsブラジル 強いブラジルに完敗もおもしろかった »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 J2 第38節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs大分トリニータ 痛恨の逆転負け【J特】



奪還×脱甘

今節も、フクアリまでジェフユナイテッド市原・千葉vs大分トリニータの試合を観戦してきました。

試合前

この日はホームタウン千葉市マッチデー。という事で、千葉市のマスコット達が集まってました。

午後、雨が降る予報ではなかったと思うのだが、イベント広場にいたら次第に雨が強くなってきて、キャラクターの集合写真も早めに撮る事に。

千葉市のキャラクター集合

スポンサードリンク

毎年、千葉市マッチデーには必ず来てくれているくまがい千葉市市長。試合前に挨拶してくださいました。

熊谷千葉市長の挨拶

千葉市マッチデーは、あまり勝率がよくなく申し訳なく思ってるので、今年は勝ちたいところ。

試合経過

試合前の握手をする選手たち

ジェフの先発は、前節草津戦と変わらず。GKに岡本、CBに竹内の大岩、右SBに峻希、左SBに渡邊、ボランチに勇人と健太郎、右SHに佑昌、左SHに谷澤、トップ下に兵働、1トップに荒田という布陣でした。

ジェフユナイテッド市原・千葉 2012年 J2第38節 vs大分トリニータ 先発フォーメーション
14.荒田
15.兵藤
39.谷澤 19.田中
16.佐藤健 7.佐藤勇
27.渡邊 33.高橋
3.竹内 29.大岩
1.岡本

試合前の円陣

まずは、ジェフが攻勢に出る。いきなり、開始早々にチャンスを作り出すがゴールは奪えず。大分のプレッシャーもあり激しい攻防となる。

そんな中、前半9分、右サイドに出た佑昌が中央にボールを入れると谷澤がフリーで合わせる。これが決まって、幸先良くジェフが先制点を上げる。

谷澤の先制点直後

勢いにでるジェフが主導権を握って攻めこむ。左サイドの谷澤と渡邊のコンビで崩す回数が多いが、なかなか中の人数が揃っておらず決定機にならない。

大分のプレッシャーも厳しかったが、ボールを奪われても粘り強く対応。ボランチの勇人や健太郎がフォローに走り回って、ボールをよく拾えている。

ジェフが攻めてはいるものの得点が奪えない展開。大分も徐々に反撃しだして、互角の攻防となる。

1点はリードしているものの、少し余裕がない展開に。それでも、前半は得点を許さず、1-0でリードして折り返す。

後半の立ち上がりは、前半の終盤と同じ様に、ジェフが攻めてはいるが大分も反撃してくるという展開。

後半11分、大分にサイドからボールを入れられて森島へ。人はついていたように見えたが、森島が反転して速いグラウンダーのシュート。これが、ゴール右隅位に決まって大分が同点に追いつく。

同点に追いつかれたジェフがなかなか反撃出来ない展開が続く。

後半19分、佑昌に変わってリカルド・ロボを投入する。ロボと荒田の2トップになって、兵働が右SHに入った。

後半21分、大分に攻めこまれサイドからボールを入れられると中央の森島がヘディングで決めて大分に逆転を許す。

ジェフが懸命に攻撃をしかけるが、なかなか有効な攻め手がない。大分に人数をかけて守られて、チャンスがなかなか作れない。

後半28分、健太郎に代わって米倉を投入。兵働がボランチに下がって、米倉が右SHに。

さらに、後半34分には、荒田に代えてオーロイを投入。

ジェフのFKのチャンス

オーロイにボールを入れるものの、落としたボールに誰も反応できない展開が多い。

サイドも有効に使えずに時間がジリジリと過ぎていく。

後半ロスタイムのFKも、武内のヘディングは枠を外れる。結局、このまま得点奪えず、1-2の敗戦となった。

ジェフユナイテッド市原・千葉 2012年 J2第38節 vs大分トリニータ 試合終了時フォーメーション
35.ロボ 8.オーロイ
39.谷澤 11.米倉
7.佐藤勇 15.兵藤
27.渡邊 33.高橋
3.竹内 29.大岩
1.岡本

戦評

昇格を争うライバルで痛恨の逆転負けとなってしまった。

千葉市が小学生を沢山招待してくれたおかげもあって、久しぶりに観客が1万人を突破。相性のいい大分が相手で、幸先良く先制点を上げて、万事順調のはずだった。

やはり、よかった前半のうちに2点目が奪えなかったのが痛かった。決定機はあった。チャンスの数に対してシュートを外しすぎた。

後半、ジェフの運動量が落ちたのと、大分が修正してきた事もあったが、失点場面以外は大きなチャンスはそんなに多くは作られてなかったと思う。

森島も結構遠目からシュートは打ってきていたが、1点目のような枠に飛ばしたシュートはほとんどなかったし、2点目はサイドから良いボールを入れられすぎた、しかも森島のところを空けてしまったという、対応の不味さがあった。

とはいえ、逆転されてからも十分に時間は残されていたわけで、どうした事か攻め急いで慌てたようなプレーが多かった。運動量が落ちてきていた選手もいて、なかあか分厚い攻めが出来ない事もあり、もう少しじっくり攻めてもよかったと思う。

交代で入った、ロボやヨネが有効な働きを出来ず、オーロイは競り勝つ事は出来たが回りが反応してくれずに、チャンスが作れなかった。

天皇杯でPKではあるが移籍後初得点を決めて少しはよくなるかなと思えたロボだったが、この日は今まで以上に存在感が薄かった。

残り試合が少ない中での負けは本当に痛かったわけだが、どういうわけか今年はライバルたちが、よくお付き合いしてくれる。

大分には勝ち点3をあげてしまったが、湘南は引き分け、京都、横浜FC、ヴェルディは負けという事で順位的には1つ落としただけ。湘南とは勝ち点差3、大分、京都とは勝ち点差2という位置で、まだまだJ1昇格が狙える状況だ。

甲府がJ1昇格を決めて、自動昇格の2位の枠もまだ届く位置。残り試合次第で十分に狙えるわけだ。おそらく、残り4試合で全勝できるチームなないだろうと思っていて、もしジェフが4連勝できれば2位に滑り込めるはずだ。

ただ、ジェフ自体もそれほど安定して勝てるようなチーム状態ではないので、4連勝は難しいかもしれない。2位の座を狙いつつ、プレーオフも視野に入れた戦い方を考えておかないといけないだろう。

残り15分、10分というところで、どうやって点を取って勝ちきるか。この日のような試合展開で、チームとしてどうやって点を取ろうというのが見えないのは、見ていて辛い。

セットプレーでもいいし、戦術オーロイでもいいと思う。時間は少ないけど、少しでも得点パターンを増やしておきたい。1点を取らないと負けてしまうというときにピッチ上の選手の意識統一が出来るようにならないと・・・。

次節は、湘南戦。昇格を争うライバルとの第2ラウンド。相手も決して調子はよくない。ここ5試合で2分3敗。(ジェフも1勝2分2敗だが・・・。)勝てば上位に、負ければプレーオフ圏外になる可能性もある大一番。ここで勝てるかどうかで、残り試合の勢いも違ってくるだろうし、ぜひとも勝ち点3を持ち帰りたい!!

選手評価
GK 岡本 6.0
DF 竹内 6.0
DF 大岩 6.0
DF 渡邊 6.5
DF 高橋 6.0
MF 勇人 6.5
MF 健太郎 6.0
MF 谷澤 6.5
FW 田中 6.5
MF 兵働 6.5
MF 米倉 5.0
FW 荒田 6.0
FW ロボ 5.0
FW オーロイ 6.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第29節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 後半失速3失点で4連敗
  2. 2019年 J2 第28節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 前半の2失点を取り返せず3連敗
  3. 2019年 J3 第20節 ブラウブリッツ秋田vsカターレ富山 AT被弾で引き分けに終わる
  4. 2019年 J2 第27節 ジェフ千葉vs愛媛FC 2点リードも守りきれず痛恨の逆転負け
  5. 2019年 J2 第26節 鹿児島ユナイテッドFCvsジェフ千葉 後半失速で逆転負け
  6. 2019年 J2 第25節 FC琉球vsジェフ千葉 クレーベ2発で快勝
  7. 2019年 J2 第24節 ジェフ千葉vs横浜FC 為田のゴールで先制もセットプレーからの3失点に沈む
  8. 2019年 J2 第23節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 3発快勝
  9. 2019年 J2 第22節 FC岐阜vsジェフ千葉 土壇場で追いつき後半戦引き分けスタート
  10. 2019年 J2 第21節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 防戦一方で辛くも勝ち点1を得る
  11. コパ・アメリカ2019 エクアドルvs日本 引き分けでグループリーグ突破を逃す
  12. 2019年 J2 第20節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 終盤の失点で連敗
  13. 2019年 女子W杯 ラウンド16 なでしこジャパンvsオランダ女子 若きなでしこ終了間際のPKに散る
  14. 2019年 J2 第19節 柏レイソルvsジェフ千葉 何も出来ずに衝撃的なダービー完敗
  15. コパ・アメリカ2019 ウルグアイvs日本 三好の2得点も引き分けに終わる
  16. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsイングランド女子 イングランドの牙城崩せず
  17. コパ・アメリカ2019 日本vsチリ 大敗スタート
  18. 2019年 J2 第18節 ジェフ千葉vs鹿児島ユナイテッドFC クレーベ船山弾でユナイテッドダービーを制す
  19. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsスコットランド女子 岩渕、菅澤弾で今大会初勝利
  20. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsアルゼンチン女子 痛恨のスコアレスドロー

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6