Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
« 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦 | メイン | 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗



PASION

2018年 J2 第35節 vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

本来ならば現地観戦の予定でしたが、台風接近により愛媛行きはキャンセルしていました。ジェフは、2連勝の後のホームで1分1敗。悪い流れをなんとか断ち切りたい一戦です。

スポンサードリンク

試合経過

vs愛媛FC 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKに大野、CBに近藤と鳥海、右SBに茶島、左SBに下平、ボランチに勇人と小島、右SHに町田、左SHに矢田、トップ下に船山、トップにラリベイという布陣です。茶島、矢田、ラリベイが先発復帰。出場停止の熊谷に代えて勇人が先発で入りました。

序盤は、ジェフがポゼッションで圧倒する展開となります。前半8分には、ラリベイのキープから戻したボールを町田がシュートも岡本が触って枠外へ。前半9分には、大野が飛び出してのクリアボールが全線に繋がりシュートもブロックされる。さらに、こぼれたボールを船山が狙うが上に外れます。

さらに前半12分、矢田が左からボールを入れてラリベイが収めて、戻したボールを茶島がシュートも岡本が抑えます。前半17分には、町田からのパスを受けた小島がシュートも左に外れます。

愛媛は前半21分、左からのクロスがジャンプした近藤の手に当たるがハンドは取られず。このCKから、ニアで安藤が触るがそのままラインをわります。

ジェフは前半28分、ラリベイが受けて町田へ。町田のシュートは岡本が抑えます。

愛媛は前半32分、右サイドを突破してボールを入れるがこれはクリアします。さらに前半34分、愛媛は神谷が右からボールを入れると藤本がダイレクトで合わせるがわずかに左に外れる。前半41分には、愛媛は近藤が右から折り返して神谷がシュートも、これはクリアする。前半43分、神谷が裏に抜け出して折り返すがシュートは大野がブロックする。

前半は、このまま0-0で折り返す。

後半は、再びジェフペースとなる。後半3分、小島がシュートに持ち込むがブロックされる。さらに、町田が左から仕掛けてシュートもブロックされる。後半5分には、縦パスから町田が受けて折り返すが矢田の手前でクリアされる。その後あったCKのチャンスはものに出来ず。

すると、後半12分、右サイドでボールを奪われるとそのまま前野に突破を許し折り返される。これをニアで藤本が合わせてゴール。愛媛が先制する。

ジェフは後半18分にCK。ラリベイが頭で合わせるが右に外れる。

ジェフは、後半19分、船山に代えて為田、矢田に代えて工藤を投入する。為田が左に、工藤がトップ下に入る。

後半26分、ジェフのCK。ショートコーナーから町田がパスを入れるがラリベイに合わず。後半26分には、茶島がミドルシュートも岡本がキャッチする。

後半27分、小島に代えて清武を投入する。工藤がボランチに回って、町田がトップ下、清武が右に。

ジェフが攻め続けるがなかなか決定機が作れず。後半37分、清武のシュートは岡本が抑える。さらに後半40分、町田からのパスを受けた清武がシュートも岡本がキャッチする。後半43分には、清武がドリブルで突破してシュートも上に外れてしまう。

後半46分、清武のクロスにラリベイが飛び込むがファウルを取られる。試合は、このまま得点動かず。1-0で愛媛が勝利した。

vs愛媛FC 試合終了時メンバー

戦評

展開としては、前節の横浜FC戦と同じような形になりました。5バック気味にブロックを作って守りを固める愛媛に対してジェフが得点を奪えず。逆に先制点を許して、そのまま逃げ切られるという流れでした。前後半ともに序盤はジェフのハイプレスが機能していたものの、その流れからは得点が奪えずじまい。シュートは打てていましたが、横浜FCと愛媛FCとの地力の差によるものが大きいでしょう。

シュートは打てていましたが、ほとんどが岡本の守備範囲内でした。岡本が慌てる場面はほとんど皆無だったと思います。清武がドリブルで突破してDFを剥がしてからのシュートは肝を冷やしたかもしれませんが、シュートがヒットせず枠に飛びませんでした。シュート数ではジェフが圧倒する状況でしたが、愛媛の方が得点シーンを含めて決定的チャンスは多かったように思います。

守る相手にミドルシュートも打ったりしてはみたものの打開できず。セットプレーの数も多かったのですが、ここで得点できないのがいまのジェフの力なのでしょうか。

これで残り試合全勝しても勝ち点21しか積み上がらず。昨年と比べても勝ち点で下回る事が確定しました。このままいけば勝ち続けてもすぐにプレーオフ進出の可能性が消える状況となりました。ただ、9月に入ってから失点数は減っており。守りを固められた相手に得点できないというところは改善されていませんが、攻撃面も必ずしも悪くはない状況なので、とくかく勝ちグセをつける事でしょうね。残りの試合全勝していい形でシーズンを終える事が大事になってくるでしょうね。

選手評価
GK 大野 6.0
DF 近藤 5.5
DF 鳥海 5.5
DF 下平 6.0
DF 茶島 5.5 
MF 勇人 6.0
MF 小島 5.5
MF 矢田 5.5
MF 町田 6.0
MF 為田 5.5
MF 工藤 5.5
FW 船山 5.5
FW ラリベイ 5.5 
FW 清武

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年シーズン J1順位予想
  2. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン後半
  3. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半
  4. ちばぎんカップ2019 柏レイソルvsジェフ千葉 白熱の一戦はPK勝利
  5. ジェフ千葉「2019キックオフフェスタ」楽しんできました
  6. TG ジェフ千葉vs城南FC
  7. アジアカップ2019 決勝 日本vsカタール 意地の1点も完敗で優勝を逃す
  8. アジアカップ2019 準決勝 イランvs日本 激闘制してアジア最強を破る
  9. アジアカップ2019 準々決勝 日本vsベトナム 辛勝ながらも無難に準決勝進出
  10. アジアカップ2019 ラウンド16 日本vsサウジアラビア 冨安の一撃で準々決勝進出
  11. アジアカップ2019 日本vsウズベキスタン 逆転勝利でグループリーグ首位突破
  12. 第97回 高校選手権 決勝 青森山田vs流通経済大柏 逆転勝利で2度目の優勝
  13. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  14. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  15. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  16. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  17. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  18. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  19. 2018年 観戦記録まとめ
  20. 第40回皇后杯 ジェフレディースvsINAC神戸 延長後半で力尽きる

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6