Top > 話題別 > 日本代表 > 日本vsガーナ 国内最終戦は希望なき敗戦
« 2018年 J2 第16節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 3発逆転で完勝 | メイン | 2018年 J2 第17節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC 指宿2発も痛恨のAT被弾でドロー »
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本vsガーナ 国内最終戦は希望なき敗戦



日本vsガーナ

日本代表vsガーナ代表の試合をテレビ朝日の中継を録画してテレビ観戦しました。

W杯メンバー発表前日の試合。西野監督就任後初の試合で、いい結果を残せるか。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに長谷部と吉田と槙野、ボランチに山口と大島、右WBに原口、左WBに長友、シャドーに本田と宇佐美、1トップに大迫という布陣でした。3バックの真ん中に長谷部を起用するという新布陣でのぞみます。

vsガーナ代表 先発メンバー

開始早々ガーナが左サイドを突破してクロスもヘディングで跳ね返します。さらに前半3分、ガーナのCKとなるも、これも跳ね返します。

日本は前半4分、左サイドを長友が突破してクロス。大迫がトラップからのシュートもGKがキャッチします。

ガーナは、前半9分にゴール正面でのFK。低いボールで直接狙うと、そのままゴールに吸い込まれる。ガーナが先制する。

日本は、前半13分、右からのクロス。こぼれたボールを大迫が狙うが相手に当たってCKに。つづく、日本のCK。ショートCKからのの折返しを大島がミドルシュートもブロックされます。

前半15分、ガーナのミドルシュートは、DFに当たってCKに。続くガーナのCKは、逆サイドに流れてクリアします。

前半17分、宇佐美のミドルシュートは左に外れます。さらに、左右からクロスをおくるがシュートにはもちこめず。前半27分には、右サイドから原口が突破して、切り替えしてからのクロスに大迫が狙うが右に外れる。

日本は、前半33分にFK。本田が狙うがGKがはじき出す。日本のCKとなり、跳ね返されたボールをひろって左からのクロス。こぼれたボールを本田がシュートも防がれる。

ガーナは前半終了間際に連続してCKをえるが、これはしのぎ切る。

前半は、0-1でガーナがリードして折り返す。

日本はハーフタイムに、大迫に代えて武藤、宇佐美に代えて香川、原口に代えて酒井高徳を投入する。

日本は、後半早々に山口のクロスに武藤がヘディングで合わせるが右に外れる。さらに、後半3分、右から酒井の折返しを香川がシュートもGKが抑える。さらに、酒井のクロスを長友が頭で折り返して、香川が狙うが枠には飛ばず。

すると、ガーナは後半4分、裏を狙ったボールに川島がファウルで止めてしまいPKに。このPKを決められて0-2とされる。

後半10分、右から本田がクロス。長友が折り返して香川が狙うが打ちきれず。

日本は後半14分、本田に代えて岡崎、山口に代えて柴崎を投入する。武藤と岡崎の2トップとなり、香川がトップ下に。

後半16分、長友からのパスを受けた柴崎がシュートも左に外れる。後半23分、日本のCK。吉田が頭に当てるが上に外れる。後半27分にも日本がFKも、GKがキャッチする。

日本は、後半31分、長谷部に代えて井手口を投入する。4バックとなり、大島と井手口のダブルボランチ、右SHに柴崎、左SHに香川となる。

後半35分、武藤のシュートは左に外れる。後半38分、ガーナがゴール前でのFK。直接狙うが左に外れる。

日本は、後半47分、柴崎のパスを香川がスルー。武藤が岡崎にあてて自らシュートも枠を外れる。日本は得点を奪えず。

試合は、このままガーナが0-2で勝利した。

vsガーナ代表 試合終了時メンバー

戦評

新布陣の3バックも、試合は不完全燃焼の完敗。完全に崩された場面ではなかったもののFKとPKからの失点で敗れました。

試合内容としては必ずしも悪いものではなかったものの、チャンスを決めきれず。本田は前半は再三ゴール前でのチャンスにからんだものの後半は沈黙。逆に、香川がPKでの失点までは積極的にシュートをねらっていったが、その後はあまりボールに絡めずに終わった。

後半から出場した武藤が調子の良さを見せつけてチャンスに絡み続けるが、岡崎とのコンビネーションは今ひとつ噛み合わず。怪我明けの岡崎もまだまだ本調子には程遠いないようとなった。

特に、この試合での積み上げもなく、このままW杯前の親善試合2試合を残して本番にのぞむ事となった。怪我の乾が出場できず、どこまで調子をあがられるかわからず。DF陣も出場がなかったので、どういった状態なのかは

選手評価
GK 川島 5.5
DF 槙野 5.5
DF 吉田 6.0 
DF 長友 6.0
DF 酒井高 5.5 
MF 山口 5.5
MF 長谷部 5.5
MF 大島 6.0
MF 井手口 5.5
MF 柴崎 6.0
MF 原口 5.5
FW 宇佐美 5.5
FW 本田 5.5
FW 香川 5.5 
FW 大迫 5.5
FW 武藤 6.0
FW 岡崎 5.0

関連エントリー
  • 2018年03月28日 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
    日本代表vsマリ代表の試合をフジテレビの中継でテレビ観戦しました。試合は、前半にオウンゴールで先制を許したもののセットプレーから槙野のゴールで同点に追いつく。しかし、後半ウクライナに勝ち越されて、1-2で敗れました。
  • 2018年03月24日 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
    日本代表vsマリ代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。試合は、前半終了間際にPKで先制されるが、試合終了間際に中島のゴールで追いつき1-1の引き分けに終わりました。
  • 2017年12月17日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs韓国 惨敗で優勝を逃す
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs韓国代表の試合をフジテレビの中継で生中継で観戦しました。試合は、日本がPKで早々に先制するものの、韓国に前半だけで3失点。後半にも1点を失い、1-4で敗れました。
  • 2017年12月13日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs中国代表の試合をフジテレビの中継で録画して観戦しました。試合は、日本がボール支配率で圧倒していたもののゴールがなかなか奪えず。それでも終盤に小林のゴールで先制すると、昌子のロングシュートで突き放し、PKの1失点に抑えて2-1で勝利しました。
  • 2017年12月10日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs北朝鮮代表の試合をフジテレビの生中継で観戦しました。試合は、日本がボール支配率では上回っていたものの、再三北朝鮮に攻め込まれる苦しい展開。しかし後半ATに井手口のゴールで先制し1-0で勝利しました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  2. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  3. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  4. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  5. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  6. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  7. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  8. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  9. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  10. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝
  11. 2018年 J2 第31節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 4発クリーンシートで快勝
  12. 2018年 J2 第30節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 止まらない失点 追いつけず敗戦
  13. 2018年 J1 第22節 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ 松崎しげる神来訪で大勝
  14. 2018年 J2 第29節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 1点も奪えず終了間際の1発に沈む
  15. 2018年 J2 第28節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 完敗ムードをPK3発で追いつく
  16. 2018年 J2 第27節 ジェフ千葉vs松本山雅FC 現時点での力の差が出て完敗
  17. 2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 耐え抜いて為田弾で連勝
  18. 2018年 J2 第25節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 工藤躍動 逆転勝ちで連敗ストップ
  19. 2018年 J2 第24節 カマタマーレ讃岐vsジェフ千葉 止まらない失点で3連敗
  20. 2018年 J2 第23節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 セットプレー3発も逆転負けでホーム連敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6