Top > 話題別 > 日本代表 > E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
« E-1 サッカー選手権2017女子 なでしこジャパンvs韓国女子 岩渕エース弾で初戦 | メイン | E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手 »

E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝

2017年12月10日

E-1サッカー選手権 ファイナル

E-1サッカー選手権2017 日本代表vs北朝鮮代表の試合をフジテレビの生中継でテレビ観戦しました。

以前は東アジアカップの名称でした。国際Aマッチデーとは関係のない日程で行われるため、メンバーは国内組のみ。ハリルホジッチ監督にとっては国内組の見極めをおこなういい機会になりそうです。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに中村航輔、CBに昌子と谷口、右SBに室屋、左SBに車屋、アンカーに井手口、ISHに高萩と今野、右SHに小林悠、左SHに倉田、1トップに金崎という布陣でした。かなり新鮮なメンバーとなりました。室屋や、車屋、中村は初キャップとなります。

vs北朝鮮 先発メンバー

北朝鮮の守りに手を焼いた日本は中々攻め手が見いだせない。前半9分に、日本のCK。ショートCKからのクロスは、金崎が足に当てるもののゴールには飛ばせず。

日本は、前半15分、縦パスから金崎がさわってながしたボールに倉田が飛び出してゴールに流し込むが、これはオフサイド。

日本がボールを保持する時間が長くなるが、チャンスは作れず。北朝鮮は、前半25分にFKからのシュートは中村が止める。さらに、前半27分にも北朝鮮が右からのシュート。中村が弾き返したところをさらにヘディングシュートも中村がキャッチする。

北朝鮮は、前半37分にもFK。ニアを狙うが中村がキャッチする。日本は、前半40分、金崎に通ったからのチャンス。右からボールをいれるが、これはクリアされる。

前半は得点生まれず0-0でおりかえす。

後半に入ると、立て続けに北朝鮮にチャンスを作られる。後半6分のシュートは中村がキャッチする。さらに、北朝鮮が立て続けにCKを得るがこれは凌ぎ切る。

日本は、高萩に代えて伊東を投入する。伊東が右SHに入って、金崎と小林の2トップ気味に。井手口と今野のダブルボランチとなる。

すると後半12分、日本は右サイドから伊東がクロスを上げてチャンスとなりかかるがゴールは奪えず。日本はセットプレーのチャンスがあったものの、これを生かせず。

北朝鮮は、後半20分にミドルシュートも上に外れる。さらに、後半24分、北朝鮮がクロスからのヘディングシュートも中村がパンチングで弾き返す。後半25分の北朝鮮のシュートは上に外れる。

日本は、後半26分金崎に代えて川又を投入。さらに、後半36分には倉田に代えて阿部を投入する。

さらに北朝鮮の攻勢は続き、後半38分、北朝鮮がクロスからのシュートは、またも中村が止める。さらに、後半40分すぎにも北朝鮮が立て続けにシュートを放つが中村の好セーブもありゴールを割らせない。

後半46分、日本はクロスから川又がヘディングで合わせるがGKに防がれる。攻め込みながらもゴールが奪えない日本。それでも、後半48分、左サイドに流れていた川又からのクロスを今野が頭で落としたところを井手口がミドルシュート。これが決まって日本が先制する。

残りの時間も凌ぎきり、このまま日本が1-0で勝利した。

vs北朝鮮 試合終了時メンバー

戦評

やはりJリーグ組だけの編成という事もあり、いつものようにはいきませんでした。練習も何日か合わせた程度なので連動性もみられず。得点王の小林もサイドでやるのは久しぶりで、金崎とのコンビネーションも合わず。倉田は、最近の代表戦では出ていましたが、逆にいつものメンバーと違うので思い通りにはいかないようでした。

前半から両サイドがなかなか活性化せず。中は北朝鮮の堅い守備に阻まれて攻撃もままならない状態。前半の途中からは、北朝鮮にチャンスを作られる場面が多くなってしまいました。それが、すこし風向きが変わったのが伊東純也投入からでしょうか。あの突破力は魅力ですが、なかなか一人で崩し切るのは難しく、再び北朝鮮の攻撃に劣勢に立たされます。

度重なるピンチでしたが、ここは中村航輔が立ちふさがり続けました。高い俊敏性と読みで北朝鮮にゴールを割らせません。元々能力の高い選手でしたが、こういう試合ではより集中力が高まってきている気がします。

後半AT引き分けが濃厚な状態でしたが、最後の最後でゴールが生まれました。なぜか左に流れていた川又がいいクロスをあげると、今野から井手口。井手口のシュートはインサイドキックでしたが、いいコースに速いボールが飛びました。相手選手に少し当たってゴールに吸い込まれました。正直、攻撃陣は不甲斐なさが残りましたが、中村航輔の好セーブに報いるゴールとなりました。

まずは第2戦は、この試合よりはコンビネーションも少しはマシになる事を期待するしかありません。メンバーは変えてくるかもしれませんが、小林悠と金崎の位置は逆の方が活きるかなという気もしますし、どういったは配置でくるのかも気になるところです。

[公式記録]

選手評価
GK 中村 7.5
DF 昌子 6.0
DF 谷口 5.5
DF 室屋 5.0
DF 車屋 5.5
MF 今野 6.0
MF 井出口 6.5
MF 高萩 5.5  
MF 伊東 6.5
FW 小林 5.5 
FW 倉田 5.5  
FW 金崎 5.5
FW 川又 6.0
FW 阿部 5.5

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。