Top > 話題別 > 日本代表 > E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
« E-1 サッカー選手権2017女子 なでしこジャパンvs韓国女子 岩渕エース弾で初戦 | メイン | E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝



E-1サッカー選手権 ファイナル

E-1サッカー選手権2017 日本代表vs北朝鮮代表の試合をフジテレビの生中継でテレビ観戦しました。

以前は東アジアカップの名称でした。国際Aマッチデーとは関係のない日程で行われるため、メンバーは国内組のみ。ハリルホジッチ監督にとっては国内組の見極めをおこなういい機会になりそうです。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに中村航輔、CBに昌子と谷口、右SBに室屋、左SBに車屋、アンカーに井手口、ISHに高萩と今野、右SHに小林悠、左SHに倉田、1トップに金崎という布陣でした。かなり新鮮なメンバーとなりました。室屋や、車屋、中村は初キャップとなります。

vs北朝鮮 先発メンバー

北朝鮮の守りに手を焼いた日本は中々攻め手が見いだせない。前半9分に、日本のCK。ショートCKからのクロスは、金崎が足に当てるもののゴールには飛ばせず。

日本は、前半15分、縦パスから金崎がさわってながしたボールに倉田が飛び出してゴールに流し込むが、これはオフサイド。

日本がボールを保持する時間が長くなるが、チャンスは作れず。北朝鮮は、前半25分にFKからのシュートは中村が止める。さらに、前半27分にも北朝鮮が右からのシュート。中村が弾き返したところをさらにヘディングシュートも中村がキャッチする。

北朝鮮は、前半37分にもFK。ニアを狙うが中村がキャッチする。日本は、前半40分、金崎に通ったからのチャンス。右からボールをいれるが、これはクリアされる。

前半は得点生まれず0-0でおりかえす。

後半に入ると、立て続けに北朝鮮にチャンスを作られる。後半6分のシュートは中村がキャッチする。さらに、北朝鮮が立て続けにCKを得るがこれは凌ぎ切る。

日本は、高萩に代えて伊東を投入する。伊東が右SHに入って、金崎と小林の2トップ気味に。井手口と今野のダブルボランチとなる。

すると後半12分、日本は右サイドから伊東がクロスを上げてチャンスとなりかかるがゴールは奪えず。日本はセットプレーのチャンスがあったものの、これを生かせず。

北朝鮮は、後半20分にミドルシュートも上に外れる。さらに、後半24分、北朝鮮がクロスからのヘディングシュートも中村がパンチングで弾き返す。後半25分の北朝鮮のシュートは上に外れる。

日本は、後半26分金崎に代えて川又を投入。さらに、後半36分には倉田に代えて阿部を投入する。

さらに北朝鮮の攻勢は続き、後半38分、北朝鮮がクロスからのシュートは、またも中村が止める。さらに、後半40分すぎにも北朝鮮が立て続けにシュートを放つが中村の好セーブもありゴールを割らせない。

後半46分、日本はクロスから川又がヘディングで合わせるがGKに防がれる。攻め込みながらもゴールが奪えない日本。それでも、後半48分、左サイドに流れていた川又からのクロスを今野が頭で落としたところを井手口がミドルシュート。これが決まって日本が先制する。

残りの時間も凌ぎきり、このまま日本が1-0で勝利した。

vs北朝鮮 試合終了時メンバー

戦評

やはりJリーグ組だけの編成という事もあり、いつものようにはいきませんでした。練習も何日か合わせた程度なので連動性もみられず。得点王の小林もサイドでやるのは久しぶりで、金崎とのコンビネーションも合わず。倉田は、最近の代表戦では出ていましたが、逆にいつものメンバーと違うので思い通りにはいかないようでした。

前半から両サイドがなかなか活性化せず。中は北朝鮮の堅い守備に阻まれて攻撃もままならない状態。前半の途中からは、北朝鮮にチャンスを作られる場面が多くなってしまいました。それが、すこし風向きが変わったのが伊東純也投入からでしょうか。あの突破力は魅力ですが、なかなか一人で崩し切るのは難しく、再び北朝鮮の攻撃に劣勢に立たされます。

度重なるピンチでしたが、ここは中村航輔が立ちふさがり続けました。高い俊敏性と読みで北朝鮮にゴールを割らせません。元々能力の高い選手でしたが、こういう試合ではより集中力が高まってきている気がします。

後半AT引き分けが濃厚な状態でしたが、最後の最後でゴールが生まれました。なぜか左に流れていた川又がいいクロスをあげると、今野から井手口。井手口のシュートはインサイドキックでしたが、いいコースに速いボールが飛びました。相手選手に少し当たってゴールに吸い込まれました。正直、攻撃陣は不甲斐なさが残りましたが、中村航輔の好セーブに報いるゴールとなりました。

まずは第2戦は、この試合よりはコンビネーションも少しはマシになる事を期待するしかありません。メンバーは変えてくるかもしれませんが、小林悠と金崎の位置は逆の方が活きるかなという気もしますし、どういったは配置でくるのかも気になるところです。

[公式記録]

選手評価
GK 中村 7.5
DF 昌子 6.0
DF 谷口 5.5
DF 室屋 5.0
DF 車屋 5.5
MF 今野 6.0
MF 井出口 6.5
MF 高萩 5.5  
MF 伊東 6.5
FW 小林 5.5 
FW 倉田 5.5  
FW 金崎 5.5
FW 川又 6.0
FW 阿部 5.5

関連エントリー
  • 2017年12月17日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs韓国 惨敗で優勝を逃す
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs韓国代表の試合をフジテレビの中継で生中継で観戦しました。試合は、日本がPKで早々に先制するものの、韓国に前半だけで3失点。後半にも1点を失い、1-4で敗れました。
  • 2017年12月13日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs中国代表の試合をフジテレビの中継で録画して観戦しました。試合は、日本がボール支配率で圧倒していたもののゴールがなかなか奪えず。それでも終盤に小林のゴールで先制すると、昌子のロングシュートで突き放し、PKの1失点に抑えて2-1で勝利しました。
  • 2017年12月17日 E-1 サッカー選手権2017女子 なでしこジャパンvs北朝鮮女子 後半2失点で完敗
    なでしこジャパンvs北朝鮮女子代表の試合をフクダ電子アリーナで生観戦しました。試合は、前半は得点生まれず。後半になってもなでしこは得点が奪えず。逆に北朝鮮女子に2得点を許し、0-2で敗戦となりました。
  • 2017年12月09日 E-1 サッカー選手権2017女子 なでしこジャパンvs韓国女子 岩渕エース弾で初戦
    なでしこジャパンvs韓国女子代表の試合をフジテレビの中継をテレビ観戦しました。試合は、前半に田中美南のゴールで先制するもPKで追いつかれる。後半、中島のゴールで勝ち越すもまたもや同点に追いつかれたが、岩渕真奈のゴールで三度勝ち越して初戦を3-2で勝利した。
  • 2017年11月15日 ベルギーvs日本 後半の一発で惜敗
    ベルギー代表vs日本代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。試合は、前半を0-0で折り返すが、後半27分にルカクにゴールを決められて1-0で敗戦となりました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-02~2018-12-08

最近のエントリー

  1. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  2. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  3. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  4. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  5. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  6. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  7. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  8. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  9. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  10. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  11. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  12. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  13. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  14. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  15. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  16. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  17. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  18. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  19. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  20. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6