Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第26節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 消耗戦を制しラリベイ弾でアウェイ勝利
« 2017年 J2 第25節 愛媛FCvsジェフ千葉 アウェイで勝てない病 | メイン | 2017年 J2 第27節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC 劇的AT弾で連勝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 J2 第26節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 消耗戦を制しラリベイ弾でアウェイ勝利



Pasion 力戦奮闘

2017年J2第26節 徳島ヴォルティスvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNの中継で観戦しました。

前節アウェイで愛媛に惜敗。アウェイの四国連戦で、なんとか連敗は避けたい一戦となりました。

スポンサードリンク

試合経過

vs徳島ヴォルティス 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤とボムヨン、右SBに溝渕、左SBに乾、アンカーに熊谷、ISHに町田と矢田、右SHに船山、左SHに清武、1トップにラリベイという布陣でした。アンカーに熊谷が復帰。矢田が初先発となりました。清武が先発に復帰しています

前半4分、徳島のFK。岩尾がシュートに行くが枠を外れる。ジェフはすぐさま反撃。ラリベイが抜け出すたシュートははねかえされる。こぼれ球をひろって町田が連続シュートもブロックされてしまう。

徳島は、前半8分。シュートまで持ち込むが、これはブロックする。

前半11分、ジェフのCK。ニアを狙うがクリアされて、再度のCKに。つづくCKは、戻したボールを奪われるが、矢田が奪い返して清武へ。清武のシュートは跳ね返される。

徳島は、前半13分、左サイドを突破してシュートも、これは優也が防ぐ。

ジェフは、前半18分。溝渕からのクロスに、清武が飛び込むが上に外れる。前半22分、徳島が、またも左サイドからの突破。杉本のシュートは左に外れる。前半24分、徳島のCK。頭に当てるものの、こぼれたボールをクリアする。

ジェフは、前半29分は清武がシュートも上に外れる。徳島は、前半30分、馬渡がシュートも、溝渕に当たってラインを割りCKに。徳島のCKは、クリアする。

前半33分、ジェフのFK。清武が直接狙うがGKの正面となる。前半34分には、船山が右サイドから仕掛けてシュートもブロックされる。
前半35分、ジェフのCK。逆サイドにながれてボムヨンが浮かせたボールに乾のが反応。乾が倒されてFKとなる。このFKは、GKが弾き返す。

ジェフは、前半43分、清武から右の船山へ。船山はループで狙うが枠を外れる。前半45分、ジェフのFK。乾が狙うがオフサイドとなる。
さらに前半47分、右サイドに抜け出した船山はボールを奪われるが、すぐにプレッシャーをかける。戻したボールを町田が拾ってスルーパス。これに反応した、ラリベイがスライディングしながら流し込んでゴールを奪う。ジェフが先制して前半を折り返す。

ジェフは、後半2分、清武のリングスローの流れから、ボムヨンがクロス。こぼれたボールを船山が狙うがタッチを割る。さらに後半3分、清武が左サイドから仕掛けてシュートもブロックされてCKとなる。続くCKは、乾が狙うがバーに当ててしまう。

徳島は後半7分にFK。こぼれたボールをシュートも、最後はオフサイドとなる。さらに後半11分、徳島のシュートは、なんとか溝渕がブロックする。

後半13分、清武に代えて為田を投入する。

ジェフは、後半15分、ボールを奪って矢田がシュートもブロックされる。徳島は後半20分、左からのクロス。ヘディングは、優也が触ってCKにする。徳島のCK。ファーで折り返すが、これはそのままラインを割る。

後半22分、矢田に代えてアランダを投入する。

後半23分、奪ったボールから熊谷が右に展開。船山が仕掛けるがシュートまで持ち込めず。

徳島は後半26分、左からのクロスは中で合わず。こぼれたボールをミドルシュートも上に外れる。

後半28分、船山に代えて若狭を投入。若狭が右CBに入って3バックとなる。為田はラリベイと2トップ気味となる。

ジェフは、後半31分為田がシュートも、ブロックされる。徳島は、後半32分、右からのクロス。頭に当てたボールは優也がキャッチする。

後半34分、ジェフのFK。ラリベイが体に当てるが枠には飛ばせず。後半36分、溝渕がカットインからシュートも左に外れる。

その後、徳島の猛攻を凌ぎきり、ジェフが0-1で勝利した。

vs徳島ヴォルティス 試合終了時メンバー

戦評

試合は、両チームとも攻撃力のあるチームという事で前半から攻めあいの様相を呈していました。ただ、お互いに得点を与えない事で非常に締まったゲームとなりました。ジェフとしても、チャンスはありながらも得点が奪えず。なんどかゴール前まで攻め込まれてシュートを打たれる場面もありました。さらに、ポゼッションでも徳島に上回られるという展開となりました。

ジェフは後半ATに船山の粘りから、町田のスルーパス。最後はラリベイが決めて先制します。この先制点が非常に大きかったと思います。後半は、お互いに消耗が激しく疲労困憊というのが画面からも伝わってくる試合でした。それだけに1点リードがどれだけ心強かった事か。

後半、疲労からプレスがかからなくなってきたところで、若狭投入。乾と溝渕がサイドで蓋をして5バック気味となって守るという展開になりました。ジェフとしては、フレッシュだったアランダ。そして、前半から運動量が衰えていなかった溝渕。疲労の色がありありなラリベイも追うときには追ってチームを助けてくれました。

徳島が攻めてきてくれるチームだったというのも大きかったのでしょう。前節、湘南に敗れたていた徳島は、プレッシングにかなり苦しんだというところもリサーチ済みだったでしょう。いつも以上にプレスの強度を上げて臨んだことで、徳島の攻撃力を半減させられました。前線の3人の町田、矢田というところがすごく頑張ってくれました。あれだけプレスをかけてくれれば後ろは楽になります。この日は、GK含めミスはあまりなくて、徳島の攻撃も最後まで高い集中力で凌ぎきりました。

新戦力の矢田が初先発。なるほど、いい選手ですね。清武とのコンビネーションも良さそうです。壱晟くんやアランダがいる中で矢田を取ったのが判る気がします。清武と途中交代で入った為田の方は、この試合でも良さを見せられず。やはり、清武が入っているときとの差を感じてしまいます。

アウェイで岐阜戦以来の勝利。次は金曜日にホームで山口戦となります。水曜日にもホームで首位湘南戦という事で、連勝して勢いをつけて臨みたいところです。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 6.0
DF ボムヨン 6.0
DF 若狭 5.5 
DF 乾 6.0
DF 溝渕 6.5 
MF 熊谷 6.0
MF 町田 6.5 
MF アランダ 6.0
MF 矢田 6.0
FW 船山 6.5
FW 為田 5.5 
FW 清武 6.5 
FW ラリベイ 7.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J2 第29節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 後半失速3失点で4連敗
  2. 2019年 J2 第28節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 前半の2失点を取り返せず3連敗
  3. 2019年 J3 第20節 ブラウブリッツ秋田vsカターレ富山 AT被弾で引き分けに終わる
  4. 2019年 J2 第27節 ジェフ千葉vs愛媛FC 2点リードも守りきれず痛恨の逆転負け
  5. 2019年 J2 第26節 鹿児島ユナイテッドFCvsジェフ千葉 後半失速で逆転負け
  6. 2019年 J2 第25節 FC琉球vsジェフ千葉 クレーベ2発で快勝
  7. 2019年 J2 第24節 ジェフ千葉vs横浜FC 為田のゴールで先制もセットプレーからの3失点に沈む
  8. 2019年 J2 第23節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 3発快勝
  9. 2019年 J2 第22節 FC岐阜vsジェフ千葉 土壇場で追いつき後半戦引き分けスタート
  10. 2019年 J2 第21節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 防戦一方で辛くも勝ち点1を得る
  11. コパ・アメリカ2019 エクアドルvs日本 引き分けでグループリーグ突破を逃す
  12. 2019年 J2 第20節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 終盤の失点で連敗
  13. 2019年 女子W杯 ラウンド16 なでしこジャパンvsオランダ女子 若きなでしこ終了間際のPKに散る
  14. 2019年 J2 第19節 柏レイソルvsジェフ千葉 何も出来ずに衝撃的なダービー完敗
  15. コパ・アメリカ2019 ウルグアイvs日本 三好の2得点も引き分けに終わる
  16. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsイングランド女子 イングランドの牙城崩せず
  17. コパ・アメリカ2019 日本vsチリ 大敗スタート
  18. 2019年 J2 第18節 ジェフ千葉vs鹿児島ユナイテッドFC クレーベ船山弾でユナイテッドダービーを制す
  19. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsスコットランド女子 岩渕、菅澤弾で今大会初勝利
  20. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsアルゼンチン女子 痛恨のスコアレスドロー

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6