Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
« 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目 | メイン | 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗



PASION

2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

ここまで開幕から白星なし。昨年2連勝の徳島相手に今期初白星を手にしたい試合です。

スポンサードリンク

試合経過

vs徳島ヴォルティス 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKにロドリゲス、CBに増嶋とエベルト、右SBに溝渕、左SBに高木、アンカーに熊谷、ISHに矢田と小島、右SHに茶島、左SHに町田、トップに指宿という布陣でした。溝渕、小島、指宿が今期初先発となりました。連戦という事もあってか、ラリベイはベンチスタート、清武はベンチ外となっています。

まずは前半4分、小島のミドルシュートは相手GKが抑えます。その後は、両チームのプレスのかけあいとなりボールが落ち着かない展開が続きます。

徳島は、前半12分、島屋がシュートも上に外れます。しかし、その直後の前半13分、溝渕がシュートを手で防いでしまい一発レッドで退場となってしまいます。徳島のPKとなり、やり直しの末に呉屋に決められて徳島が先制します。

数的優位となった徳島が優勢の時間が続きます。前半23分、徳島が右からの折返し。こぼれたボールを呉屋がシュートも右に外れます。その後、徳島のセットプレーが続くものの、ここはしのぎきります。

ジェフは、前半29分にCK。パンチングのボールをひろってなんとかスローインにします。このスローインから右サイドに展開。増嶋のクロスを指宿が胸で落として、足先で押し込みます。ジェフが同点に追いつきます。

前半36分、徳島が左から攻め込みシュートも左に外れます。さらに、前半39分、徳島に左サイドを突破されてボールを入れられるが中で合わずに助かります。

ジェフは、前半41分、矢田が右サイドから突破してシュートも枠には入らず。さらに、前半44分、右で指宿が受けて、中央へと展開。熊谷のミドルシュートは、GKがキャッチします。

徳島が連続してチャンスをつくるものの、最後のシュートはロドリゲスのファインセーブもありしのぎきります。しかし、前半45分、エベルトとのマッチアップから突破した杉本がカットインからのシュートを決めて徳島が2-1と勝ち越します。

前半は、このまま2-1で折り返します。

ハーフタイムに茶島に代えて杉山が投入されます。

後半も徳島ペースで試合が進みます。徳島のセットプレーはなんとあしのぎきります。後半14分、徳島が左から突破して折り返すが、シュートはブロックします。

ジェフは、後半16分、矢田に代えて船山を投入します。さらに、後半19分には、指宿に代えてラリベイを投入します。

後半21分、徳島のCK。ニアで当たるが、これはロドリゲスがキャッチします。ジェフは、後半27分、右サイドからのFK。中央に戻したボールを杉山がミドルシュートも枠には入らず。

徳島は後半29分、シュートのこぼれを増嶋のクリアは中途半端となり、これをひろったシシーニョのシュートが決まって3-1となります。後半33分には、ロドリゲスのパスミスからシュートを許すものの、これはロドリゲスが自らかきだしてゴールは許さず。

後半43分には、エベルトが突破を許して島屋のシュートが決まって、4-1とされます。

試合は、このまま徳島が4-1と勝利しました。

vs徳島ヴォルティス 試合終了時メンバー

戦評

またもやアウェイで早い時間に退場者を出すという試合になってしまいました。しかも、今回はPKのおまけつき。もっとも、それだけ危ないシーンを作られてしまったという事でもあります。

サイドバックの溝渕が退場という事で、前半はメンバーを変えずにいきました。徳島に押し込まれる展開がながくなったものの、指宿が1点を返して同点に追いついたところまでは良かったと思います。

痛かったのは、前半終了間際の失点。エベルトが杉本相手に後手を踏んでしまい、見事がシュートを打たれてしまいました。アジリティの部分で杉本に完全に負けてしまいました。シュート自体はゴラッソで、GKはノーチャンスでした。

反撃に出たかった後半ですが、プレスをかけるどころか相手にどんどん攻め込まれて体力を奪われてしまいました。それでもなんとか1点差で凌いでいたのですが、つまらないミスから失点を許してしまいました。増嶋はエベルトへのパスだったのか、それともクリアだったのか、どちらにしろ中途半端なボールでした。

4失点目は、エベルトが対応していましたがシュートを打たれてしまいました。このシュートもコース的にはGKは厳しいですね。

エスナイデルのやり方だと、プレスでマイボールの時間を長くするのが基本的なやり方なので、10人でプレスがかけられないで、ずっと守備の時間が長くなってしまうと守り方が整備されていない状況では危ういですね。それでも、この試合の失点はエベルト、増嶋のところの対応でやられてしまったのは厳しいですね。ラインの裏を取られて失点という訳ではないのでなおさらです。

前半こそ、ポゼッション、パス数で互角だったものの、後半は完全に相手に上回れてしまいました。ここまでポゼッションで相手に上回られる事もそうそうないでしょうね。あまりにも相手ボールの時間が長くて、交代で出た船山、ラリベイにほとんどいいボールが入らず。入ってもすぐに囲まれてしまいチャンスが作れませんでした。体力的な事もありサポートも遅くて、攻撃がままならず。そういう試合だけに後半の3失点目で勝負あった形に

これで、4試合勝ちなしで順位も21位です。まだ4節なので、連勝すれば巻き返せる訳ですが、選手のメンタルも心配なところです。とはいえ、次は21日にゲームがあるので、すぐに切り替えてフクアリで初勝利を掴んでほしいところです。溝渕が出場停止なので、真希にするのか、ゲリアにするのかというところですね。今年のJ2はまだまだ混戦になるでしょうから、これから連勝すれば間に合うはずなので、ホームでまずは1勝を。

選手評価
GK ロドリゲス 5.5
DF 増嶋 5.5
DF エベルト 5.0 
DF 高木 5.5
DF 溝渕 3.0
DF 杉山 5.5 
MF 熊谷 5.0
MF 町田 5.5
MF 矢田 5.5
MF 茶島 5.0
MF 小島 5.5
FW 船山 -
FW 指宿 6.0
FW ラリベイ -

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  2. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  3. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  4. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  5. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  6. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  7. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  8. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  9. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  10. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝
  11. 2018年 J2 第31節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 4発クリーンシートで快勝
  12. 2018年 J2 第30節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 止まらない失点 追いつけず敗戦
  13. 2018年 J1 第22節 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ 松崎しげる神来訪で大勝
  14. 2018年 J2 第29節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 1点も奪えず終了間際の1発に沈む
  15. 2018年 J2 第28節 FC町田ゼルビアvsジェフ千葉 完敗ムードをPK3発で追いつく
  16. 2018年 J2 第27節 ジェフ千葉vs松本山雅FC 現時点での力の差が出て完敗
  17. 2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 耐え抜いて為田弾で連勝
  18. 2018年 J2 第25節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 工藤躍動 逆転勝ちで連敗ストップ
  19. 2018年 J2 第24節 カマタマーレ讃岐vsジェフ千葉 止まらない失点で3連敗
  20. 2018年 J2 第23節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 セットプレー3発も逆転負けでホーム連敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6