Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第14節 東京ヴェルディvsジェフ千葉 ミスから勢いを失くし完敗
« 2017年 J2 第13節 ジェフ千葉vsV・ファーレン長崎 分かりやすいケチャドバで大勝 | メイン | 2017年 J1 第12節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台 大岩同点ゴール引き分けに »

2017年 J2 第14節 東京ヴェルディvsジェフ千葉 ミスから勢いを失くし完敗

2017年5月18日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第14節 東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNの中継で観戦しました。

前節長崎に大勝。連勝で勢いに乗りたい一戦です。

スポンサードリンク

試合経過

vs東京ヴェルディ 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤と岡野、右SBに真希、左SBにボムヨン、アンカーに熊谷、ISHにアランダと壱晟、右SHに清武、左SHに船山、トップにラリベイという布陣でした。ラリベイが先発、出場停止明けの熊谷が。

まずは前半3分、ジェフはアランダの浮き球のパスに町田が抜け出してシュートもGKに防がれる。ジェフのCKとなり、ショートCKからクロスをあげるが跳ね返される。
さらに前半8分、船山が右からクロス。町田が頭で合わせるが上に外れてしまう。

ヴェルディは、前半13分、右からボールを入れると、後ろから足に当てて狙うが優也がおさえる。

ジェフは前半15分のFK。左からのボールを町田が受けて、後ろに下げてクロスを入れるが跳ね返される。前半16分には、ボムヨンがカットインからシュートもGKがおさえる。

ジェフペースながらも、なかなかチャンスが作れず。前半31分、ヴェルディが右サイドからのFK。これは、ジェフDFがはねかえす。

ジェフは前半33分、左サイドからのサイドチェンジ。清武が右から切れ込んでパス。町田がスルーしてボムヨンがシュートも外してしまう。前半37分には、真希のクロスのクリアボールをアランダがシュート。相手に当たってCKとなる。このCKは、逆サイドに抜けてしまう。

ヴェルディは、前半39分、右からボールをいれて、アラン・ピニェイロがシュートも優也が押さえる。

前半41分、ジェフは町田の浮き球のパスで裏に抜け出して、船山が合わせるが上に外れる。

前半は、得点生まれず。0-0で折り返す。

後半開始早々のジェフのCK。近藤がフリックを狙うが相手に当たって跳ね返る。こぼれ球を町田が狙うがシュートは上に外れる。さらに、後半3分には、左サイドからラリベイのクロス。船山が体勢を崩しながらも下げて、アランダがシュートもポストに当たってしまう。相手がクリアしてCKとなる。
このCKは、シュートは、はねかえされる。

さらに後半6分、ジェフのCK。船山が頭で折り返すがGKにキャッチされる。後半8分にもジェフのCK。船山から、清武、町田とつないで中に入れるがゴールラインを割ってしまう。

すると後半10分、熊谷からのサイドチェンジがミスパスとなり相手に奪われる。ドウグラスあからアラン・ピニェイロへと繋がり、シュートを決められてしまう。ヴェルディが先制する。

後半11分にもクリアボールを相手に奪われてシュートを許すが右に外れる。さらに後半12分、ヴェルディが右からボールを入れられて、反転シュートも優也がおさえる。

ジェフは、アランダがシュートも、枠を外れる。

後半12分、ラリベイに代えて指宿を投入する。

なおも、ヴェルディの勢いは止まらず。後半13分、ヴェルディのミドルシュートは優也が押さえる。

ジェフは後半14分にCKも、逆サイドに抜けてしまう。後半15分には、指宿からのパスを受けた船山が折り返すがGKがキャッチする。

後半17分、ヴェルディのFK。優也がパンチングで弾き返す。ファウルがあってジェフボールに。

後半18分、アランダに代えて壱晟を投入する。

後半20分、ヴェルディがボールをつないで、シュートは左に外れる。

ジェフは後半23分、壱晟からのパスを受けて町田がシュートも相手にあたってしまう。

ヴェルディは、後半24分、長いボールで左サイドに抜け出すと折り返しを受けた高木が岡野を背負いながら反転してシュート。股を抜ける形となりシュートが決まる。2-0とされる。

さらに、後半32分、ロングボールから高木がバウンドしたボールをシュート。これが決まって3-0となる。

その後のジェフの反撃も、チャンスがなかなか作れず。試合は、このままヴェルディが3-0で勝利した。

vs東京ヴェルディ 試合終了時メンバー

戦評

ほぼ、横浜FC戦と同じような展開となってしまいました。前半押し込んでいながらも、後半に失点を喫してズルズルと失点を重ねてしまいました。1点を失った時間は、まだ後半の早い時間帯で慌てる必要はなかったのですが。

前半は、押し込んではいましたが、チャンス自体はそれほど多くありませんでした。ただ、ヴェルディ側からすれば、押し込まれる事が多くなってゲームプランとはかなり違っていたのか、監督はかなり怒っていました。

後半も、ジェフが立て続けにCKを得て、押し込みました。アランダのポスト直撃のシュートもありました。そこで点が取れなくて、ヴェルディは選手交代、そしてジェフのパスミスからあっさりと失点してしまいました。熊谷のサイドチェンジのボールが奪われてしまい、ボムヨンも上がっていたので戻れませんでした。

その後、ミスが続いてヴェルディにシュートを打たれる場面が続きました。パスミスが多くなかなかリズムにのれない中で2失点目を喫してしまいました。

岡野を背負った形の高木でしたが、落ち着いていましたね。ペナの中という事で、岡野も強引に取りに行く事もできず。最後は、高木の股抜きシュートとなりました。この辺は、岡野も経験を積まないと行けない部分でしょう。

そして、3失点目も岡野が相手との接触があったのが倒れてしまっていました。数的優位を作られて、近藤がブロックされ高木がフリーでシュートを打てました。おそらく、岡野が戻れていれば、楽にシュートは打たれなかったでしょうから、もったいない失点でした。

ゲームを支配しながらも得点が奪えない展開はこれまでもありましたが、前節の勢いもあり、そのうち入るかなと思っていたのですが。失点してから途端に動きが悪くなってしまいました。この辺は、改善していかないといけないでしょうね。まずは落ち着いてボールを保持する事。そして、フィニッシュまで持ち込む事。相手の勢いを削いで、もう1度自分たちのペースに持っていく事を考えないと。攻め急いでパスミスで相手ペースにしてしまっては、どうにもなりませんから。

この3連戦は、ホームで2試合。次は日曜日の熊本戦です。ホームでは、これまで負けなしで来ているだけに、ここで勝って3連戦を2勝1敗にしておく事は大事です。来週もホームゲームなので、勝てば再び連勝を狙うチャンスにもなるので、もう1度仕切り直してほしいところです。

選手評価
GK 優也 5.5
DF 近藤 5.5
DF 岡野 5.5
DF ボムヨン 5.5
MF 熊谷 4.5
MF アランダ 6.0
MF 町田 5.5 
MF 壱晟 5.5
MF 真希 5.5
MF サリーナス 5.0 
FW 清武 5.5 
FW 船山 5.5
FW ラリベイ 5.0
FW 指宿 5.5  

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。