Top > 話題別 > Jリーグ > 2017年 J1 第12節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台 大岩同点ゴール引き分けに
« 2017年 J2 第14節 東京ヴェルディvsジェフ千葉 ミスから勢いを失くし完敗 | メイン | 2017年 J2 第15節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 指宿のゴールでなんとか引き分けに »

2017年 J1 第12節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台 大岩同点ゴール引き分けに

2017年5月21日

ベガルタ仙台

2017年 J1 第12節 横浜Fマリノスvsベガルタ仙台の試合観戦で、日産スタジアムまで行ってきました。

今季初のJ1観戦。ベガルタの試合観戦も今季初になります。昨年、8月のユアスタ以来の観戦となりました。

スポンサードリンク

日中は、30℃を超える暑さ。指定席にしたら、最前列の席で日差しをモロに浴びる状態となり、かなり暑かったです。

試合前の円陣

試合経過

それでは、試合です。

序盤、ベガルタがビッグチャンス。連続シュートになったものの、これが決まらず。その後も、ベガルタが主導権を握るゲームとなりました。

横浜は、齋藤が飛び出してヘディングのビッグチャンスも、シュミット・ダニエルがこれを防ぎます。

ベガルタが、セカンドボールへの反応も早く、押し込む時間が長かったもののゴールが生まれず。

すると、前半AT。横浜は、前田が裏に抜け出して、そのままゴール。押していた仙台が先制点を許す形となりました。

後半に入っても、ベガルタが押し気味に試合を進めるものの、中々ゴールは生まれず。

横浜は、エース齋藤が負傷退場もあり、攻撃面では痛手となりました。

ベガルタは、後半32分のCK。大岩がヘディングで合わせてゴール。ようやくベガルタが同点に追いつきます。

大岩のゴール

逆転を狙うベガルタでしたが、最後までゴールは割れず。試合は、1-1の引き分けに終わりました。

戦評

試合後の整列

前半からベガルタが圧倒する展開となったのは、少々驚きました。横浜は、なぜか攻撃がちぐはぐで。ベガルタに主導権を握らせる展開が長くなってしまいました。

ベガルタとすれば、序盤のビッグチャンスで点が取れていれば、もっと楽な試合展開になっていたのでしょうが。こうなると、不思議なもので、攻められていた横浜の方があっさりと先制してしまいました。

こういうのは、ジェフの試合ではさんざ見せられている訳なんですがね。

後半に入ってもベガルタペースでしたが、予想以上にラインが高かったと言う印象。マイボールならば、J1だとあれくらい高いライン設定は珍しくないんでしょうね。実際に、ボールの回収率も上がっていたと思います。

ジェフのハイラインと違うのは、DFラインの帰陣の速さでしょうか。戻りが早くないと厳しくなります。GKに広い範囲を守らせるというやり方ではないですから。

そして、同点ゴールは、元ジェフの大岩でした。いい仕事をしました。完全にフリーでしたが、ドンピシャでした。

ベガルタとしては逆転までもっていきたかったところでしょうが、追いついて終わったというところではまずまずです。降格圏の新潟、広島が勝っているので、少し差が縮まってしまいましたが、このくらいの調子ならばある程度勝ち点は伸ばせるでしょうから、残留はできるかなとは思います

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。