Top > 話題別 > Jリーグ > 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
« 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる | メイン | 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗



ベガルタ仙台

2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台の試合観戦で、ノエビアスタジアム神戸まで行ってきました。

ノエスタには初めての参戦となりました。仙台の今期最終戦でもありますが、イニエスタも観てみようという事で神戸まで行ってきました。

スポンサードリンク

ノエスタは、イニエスタ効果もあるのでしょうが、予想以上に大賑わいでした。天候も良かったですね。ベガルタサポーターもかなり来ていました。

試合前の記念撮影

試合経過

メモも取っていなかったので、ざっくりと試合を振り返りたいと思います。

立ち上がりから前半途中までは、仙台のプレスが機能していた事もあって、相手からボールを奪ってのショートカウンターからチャンスを作っていました。この何度かあったチャンスを決めておけば試合は違ったものになったと思います。

神戸は、仙台の攻撃に苦しんで後手に回ってはいたものの、単発では何度かチャンスを作っていました。イニエスタからのスルーパスを受けたポドルスキーが簡単にシュートに持ち込むなど、決定機もありました。危ない場面は、シュミット・ダニエルのセーブもあって得点を与えず。

しかし、徐々に仙台の狙いがハマらなくなってくると神戸のチャンスの数が増えていきました。先制点は、そんな矢先の前半34分でした。ポドルスキーのスルーパスを受けて右上サイドからのクロスに郷家がヘディングで合わせます。枠には飛ばなかったものの、これを古橋がダイビングヘッドで押し込んでのゴール。

さらに、前半42分には、奥埜がポドルスキーを倒したプレーで2枚目のイエローを受けて退場となってしまいました。

前半は、なんとかしのいでいた仙台でしたが、後半に入ると神戸に一方的に攻められる展開となります。そして、後半8分、イニエスタが左サイドからワンツーで切れ込むとダイレクトシュート。これがきまって神戸が2-0とします。

イニエスタのゴール直後

仙台は、阿部とハモン・ロペスを一気に2枚替えして反撃にでます。

しかし後半18分には、三田のスルーパスからティーラトンが折り返して古橋が狙うがこれは跳ね返します。これをふたたび三田がボールをいれたところへ郷家がヒールで合わせてゴール。神戸が3-0とします。

仙台は、さらに菅井を投入して4バックに移行。神戸に攻められる展開の中、カウンターからのチャンスを狙い続けます。終盤にはいると、ハモン・ロペスや阿部の突破もあり強引にシュートまで行く展開も増え始めます。

すると、後半28分、阿部が粘ったボールをジャーメインがつないで、最後はハモン・ロペスのシュートが決まって3-1とします。

ハモン・ロペスのゴール直後

さらに、後半AT。前線で粘って、最後はジャーメインのシュートがようやく決まって3-2とします。しかし、この直後のキックオフでタイムアップ。神戸が3-2で勝利しました。

戦評

試合後の整列

仙台からすると前半のいい流れのうちにゴールを決められなかった事が悔やまれます。ジャーメインは、まだまだこれからの選手ではありますが、まずは枠に飛ばしてほしいですね。

神戸はイニエスタがからむとやはり攻撃のスイッチが入るような感じがしますね。ポドルスキーはごりごりと迫ってくるので、DFとしてはこちらの方がやりにくかったかもしれません。イニエスタのパスに翻弄される場面もありましたが、時には2,3人で囲んでイニエスタからボールを奪う場面もあったので、仙台としてもそこは対処できてはいたかなと思います。

やはり、奥埜の退場で10人になってしまったのが痛かったですね。10人になって、神戸に押し込まれる展開がずっと続いてしまいました。そこから、チャンスになりかかっても、早く追いつきたいという焦りもあって、慌てた攻撃になってしまった感があります。

仙台からすれば、3-0から2点を返してたのは収穫でしょう。ハモン・ロペスがかなり相手からすれば嫌だったのではと思います。神戸からすれば余計な失点だったでしょうね。仙台は、まだ天皇杯が残っているので、これを次に繋げられればというところでしょうね。

今シーズンのベガルタ仙台の試合の生観戦は3試合となりました。天皇杯もできれば行きたかったのですが、日程変更もあって断念しました。また、来年も数試合は行きたいとは思います

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-08~2018-12-14

最近のエントリー

  1. 2019年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  2. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  3. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  4. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  5. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  6. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  7. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  8. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  9. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  10. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  11. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  12. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  13. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  14. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  15. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  16. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  17. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  18. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  19. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  20. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6