Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第13節 ジェフ千葉vsV・ファーレン長崎 分かりやすいケチャドバで大勝
« 2017年 J2 第12節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 ミスミス2失点 数的有利でも追いつけず | メイン | 2017年 J2 第14節 東京ヴェルディvsジェフ千葉 ミスから勢いを失くし完敗 »

2017年 J2 第13節 ジェフ千葉vsV・ファーレン長崎 分かりやすいケチャドバで大勝

2017年5月14日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第13節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsV・ファーレン長崎の試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

あいにくの雨模様で客入りも悪かったですね。気温も思ったよりも涼しいくらいでした。

GWの連戦。アウェイを1分1敗と乗り切れないまま迎えた3連戦の初戦となります。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vsV・ファーレン長崎 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤、岡野、右SBに真希、左SBにボムヨン、アンカーに勇人、ISHにアランダと壱晟、右SHに清武、左SBに船山、トップに指宿という布陣でした。若狭が出場停止で、岡野が今季初先発。アンカーの熊谷も累積警告で出場停止で、勇人が入りました。アランダがISHで先発となっています。また、真希が先発での右SBのポジションとなりました。

まずはジェフが、前半4分、左からのボムヨンのクロスにアランダが反応したものの、これはクリアされてCKとなります。このCKは、ショートCKからクロスをあげるがクリアされます。

さらに前半6分のジェフのCK。ボムヨンがヘディングで落としたところを船山が蹴り入れてゴール。ジェフが、早々に先制します。

船山のゴール直後

一方の長崎は、前半8分。FKからクリアボールをひろって、右からクロスをあげるも逆サイドに抜ける。

ジェフは前半14分のCK。壱晟からのパスを受けた勇人がスルーパス。清武が切れ込んでシュートも上に外れます。

ジェフが押し気味に試合をすすめ、前半23分には、清武が裏に抜け出して落としたボールを指宿がシュートも相手に当たってCKとなります。このCKは、相手がクリアして、再度のCKに。続くCKは、相手が奪ったボールを奪い返すものの最後は清武のファウルをとられます。

前半26分には、アランダが粘ってマイボールとし、船山が持ち上がってシュートも枠を外れます。

長崎は前半29分のCK。ショートCKからのクロスは勇人がブロックしてクリアします。このスローインから、ファンマがファウルを受けて、長崎のFK。ボールはゴール前を通過して逆サイドに抜けて、これをクリアします。

ジェフは前半31分、指宿がスローインからのボールを受けて左から突破も、シュートは上に外れます。前半34分のCKは、岡野がヘディングで合わせるものの右に外れます。

長崎は前半39分、シュートが味方に当たって右に外れます。前半42分の長崎のCKは、優也が跳ね返します。

前半は、このまま1-0で折り返します。

ジェフはハーフタイムに壱晟に代えて町田を投入します。

後半開始早々、ジェフは右サイドから真希がボールを入れると、清武がヒールで流して、指宿が頭で落とす。これを清武が蹴り込んでゴール。ジェフが2-0とします。

後半3分には、ボムヨンが左からボールを入れると、指宿がこれを受けて、落としたボールを町田がシュートも枠を外れる。さらに、後半4分には、清武がシュートを狙うもGKがおさえます。

長崎は後半5分、クロスからダイレクトシュートもポストに当たって外れます。

ジェフは後半10分、指宿が倒されてゴール前でのFKとなります。これを清武が直接決めて3-0と突き放します。

清武のゴール直後

長崎は後半11分にシュートまで持ち込むが優也がおさえます。後半12分の長崎のCK。ヘディングシュートは、これも優也が抑えます。

後半13分には、ジェフのCK。ショートCKからつないでクロスもシュートには持ち込めず。後半16分には、近藤からのロングパスを町田が頭で落として、指宿がシュートも止められます。

ジェフは後半18分、相手が滑ったところをアランダがボールを奪って指宿に縦パス。指宿が右から切れ込みながら逆サイドの清武に。フリーとなっていた清武が落ち着いてシュート。清武のハットトリックで4-0とします。

ジェフは、後半23分、近藤に代えて大久保を投入します。

後半25分、ボムヨンのドリブル突破からのボールを受けたアランダがシュートもポストに当たってしまいます。

長崎は、後半26分、右から攻め込むがクロスは合わず。

ジェフは、後半28分にCK。ショートCKからのスルーパス。これに大久保が反応して折り返すと指宿がシュートも上に外してしまいます。

後半30分、岡野が足をつって乾と交代となります。乾が左SB、ボムヨンがCBに回ります。

長崎は、後半32分のFK。指宿がはねかえしたボールをミドルシュートも枠を外れます。

ジェフは後半34分、相手のサイドチェンジのボールを船山受けてそのまま持ち上がってシュート。これが決まって5-0とします。

長崎は後半37分、素早いリスタートからのクロスにヘディングで合わせるが、優也が直接キャッチします。さらに、後半38分の長崎のCK。優也が弾き返したボールを相手が処理出来ずにジェフのカウンターに。町田へのタックルのところで相手のハンドとなりFKとなります。
このFKは船山が直接狙うものの壁に当ててしまいます。このボールをアランダが前に入れて町田が折り返すと清武が受けて、反転シュートも上に外れてしまいます。

長崎は後半49分のCK。混戦から長崎が右サイドに展開して折り返すが、これは優也が抑えて凌ぎきります。

試合は、このまま5-0で終了し、ジェフが勝利しました。

vsV・ファーレン長崎 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の選手たち

見ての通りの大勝となりました。ジェフが3得点以上で勝つのはしばらくぶりです。今シーズンも初の3得点以上となりました。
ジェフでのハットトリックは、ケンペス以来という事で、感慨深いものがあります。清武自身もプロになって初のハットトリックという事です。

まずは、開始早々に船山のゴールが生まれました。これがジェフにとっては楽になったと思います。ハイライン・ハイプレスで押し込みながらも得点が取れない展開が続いていただけに、まずは1点とれた事が大きかった。

ただ、前半はジェフペースの時間こそ長かったものの、長崎にもチャンスがあって、まだまだこの試合はどう転ぶかわからないといった情勢でした。
その流れを、グッとジェフに引く寄せたのが後半開始早々の清武のゴールでした。指宿とのコンビネーションも見事でした。

その直後に、長崎に決定機が訪れる訳ですが、ポスト直撃でゴールならず。その後の長崎のチャンスは優也が止めてくれました。
長崎がチャンスを決めきれないでいると、今度は清武が直接FKで決めます。3-0となり勝負ありました。

長崎に決定機を作られる場面はあったものの、ジェフが押し込む展開が続き、清武、船山のゴールでさらに突き放しての大勝でした。

元々、エスナイデル監督のハイライン・ハイプレッシャーは、得点を取れば取るほど効いてくるというものです。得点をとれば相手は前に出てこざるをえなくなってきますからね。そこを奪ってさらに得点を積み重ねていけばいいわけですから。

ただ、5-0は少し出来過ぎかなとも思います。長崎のチャンスで決められていたらここまでの大差にはならなかったとも思いますから。
ここ数試合と比べてもポゼッションは60%を切り、かなりシュートも打たれています。まだまだ、修正する余地はありました。

この試合、今季初先発だった、岡野や勇人がすごく良かった。岡野のスピードは、この戦術には合います。ただ、やはり慣れないうちは足にくるようで、途中で足をつって交代となってしまいました。

アランダがインサイドハーフで活躍したのも嬉しいところですが、一方で壱晟が前半で交代になったのは気になるところです。水曜日に試合があり連戦になるので、次の試合で誰が使われるかはわからないところですが、町田の調子がよかった事もあり、壱晟にとっては正念場かもしれません。

次は、アウェイで東京ヴェルディ戦。上位相手で、この相手に勝って連勝となればかなりチームとしても上昇気流に乗れるのではと思います。上位に進出するには、どこかで連勝しなければならず、ここでの勝利はかなり大きくなりそうです。

選手評価
GK 優也 6.0
DF 近藤 6.0
DF 岡野 6.5
DF ボムヨン 6.0
DF 大久保 6.0
DF 乾 - 

DF 真希 6.5
MF 勇人 6.0
MF 壱晟 5.5
MF 町田 6.5
MF アランダ 6.5 
FW 船山 7.0
FW 清武 7.5 
FW 指宿 6.5 

最後に、試合後の動画を貼っておきます。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。