Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第4節 松本山雅FCvsジェフ千葉 3失点完敗
« 2017年 J2 第3節 ジェフ千葉vs名古屋グランパス 2発完勝 | メイン | ロシアW杯 アジア最終予選 UAEvs日本 あっけないほどの完勝 »

2017年 J2 第4節 松本山雅FCvsジェフ千葉 3失点完敗

2017年3月20日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第4節 松本山雅FCvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合の試合観戦で、アルウィンまで行ってきました。

昨年と同じく第4節、3月の3連休での対戦となりました。名古屋に勝って調子が出てきたジェフ。アルウィンで2年連続勝利を狙いたいところです。

スポンサードリンク

試合前の記念撮影

試合経過

vs松本山雅FC 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤、多々良、西野、アンカーにアランダ、ISHに壱晟と熊谷、右WBに北爪、左WBにサリーナス、2トップに船山とラリベイという布陣でした。近藤が復帰。町田が欠場で、壱晟が復帰しました。

序盤からジェフが攻勢をしかけるが、なかなかチャンスが作れず。前半9分には、北爪が右から直接狙うが上に外れる。

松本は、前半11分、スローインの流れで、深い位置からの折り返しに工藤がシュートも左に外れて助かる。

ジェフは前半13分にCK。西野が狙うが、相手DFがクリアして、再度のCKに。続くCKは、松本が防ぎ切る。

ここから、攻守の入れ替えが激しいめまぐるしい攻防となり、落ち着かない展開となる。前半19分、ジェフはロングボールから、サリーナスが左から抜け出すが、相手GKが先に押さえる。

後半24分、サリーナスが左サイドからクロスを送るが、GKがキャッチする。逆に松本は前半25分、左サイドからクロスを入れると田中がフリーとなりシュート。これが決まって、松本が先制する。

ジェフは前半26分、壱晟からの縦パスにサリーナスが狙うがシュートは打てず。前半29分、松本のFK。ヘディングはジェフがボールをひろう。
前半31分には、サリーナスのスローインからラリベイがすらして、船山が狙うがGKが押さえる。さらに、前37分、ジェフは右からのクロスにラリベイが飛び込むがこれは防がれる。

ジェフは前半40分にCK。ラリベイがすらして、サリーナスが狙っていくが枠を外れる。前半41分の松本のFKは、はねかえす。

前半は、このまま1-0で折り返す。

後半早々、松本が左サイドの突破からクロス。宮坂のシュートは優也が防いでCKとなる。松本は、このCKからニアで高崎が合わせて2点目を奪う。

反撃に出たいジェフは後半6分CK。壱晟につないでクロスも、これは防がれる。さらにジェフがひろって仕掛けるが、結局シュートまでは持ち込めず。

後半7分、熊谷に代えてキム・ボムヨンを投入する。サリーナスが中に入って、ボムヨンがサリーナスのポジションに回る。ジェフは、後半8分にFK。はねかえされたボールを拾ったサリーナスがシュートも枠を外れる。

松本は後半10分に右サイドからのFK。ファーサイドで高崎に合わされてゴールを奪われ3-0とされる。ジェフは、なかなかペースがつかみきれず。松本は、後半16分に、ボール奪取からのカウンター。高崎が遠目から狙うが左にそれていく。

後半16分、西野に代えて清武を投入する。4バックとなり、北爪、ボムヨンが量サイドバック。清武、船山、ラリベイで3トップとなる。

ジェフは後半18分、ラリベイからのパスを受けた清武が突破。サリーナスに預けて、左サイドからのクロスはGKがキャッチする。後半21分には、ジェフのFK。相手がクリアしてCKとなる。このCKは、ショートCKから壱晟が奪われるが、こぼれをひろった船山がクロスもはねかえされる。

ジェフのCKのチャンス

後半24分、松本がボール奪取からカウンターも、これをしのいでCKとする。松本のCK。ヘディングシュートは優也がふせぐ。こぼれ球を拾われてクロスを入れられるが、これはそのままラインを割る。

後半26分、船山に代えて指宿を投入する。ラリベイと指宿の2トップとなり、清武がトップ下に回る。

その指宿がいきなりのシュート。これが、清武の背中に当たってしまうが、これを拾った清武がシュート。これが決まって3-1とする。

松本は、後半32分にCK。これは、ジェフがはねかえす。さらに、松本は後半33分にFK。ヘディングで折り返したボールは優也がキャッチする。優也のスローからサリーナスがカウンターで抜け出すもクロスは清武の上をこえて逆サイドに抜けてしまう。

松本のプレッシャーから自陣でボールを回すジェフがボールを奪われてシュートも優也が防いで事なきを得る。後半37分には、清武が右から直接ミドルシュートで狙うが僅かに上に外れる。

後半41分、松本のFK。直接ゴールに送るが優也がキャッチする。後半42分、ボムヨンが左からボールを入れるが、わずかにラリベイに合わずGKがキャッチする。

ジェフが再三ボールを放り込むもチャンスには繋がらず。試合は、このまま松本が3-1で勝利した。

vs松本山雅FC 試合終了時メンバー

戦評

4試合目で、今期初黒星となりました。総合的にみれば、習熟度の差が出たかなという結果となりました。松本は、思うようにやれたんではないでしょうか。

前半、ジェフが攻め入る場面もありましたが、松本としてはきっちりと守りきっていました。ジェフもハイプレスですが、松本もプレッシャーのかけ方がうまくて、なかなか前にボールが運べない時間もありました。

前半の失点は、ゴール前でぽっかりと田中隼磨がフリーとなっていました。サリーナスとの駆け引きにかっていい場所に入り込んでいました。松本としては狙い通りの得点だったと思います。しかし、後半のセットプレーからの2失点は、ジェフからすれば試合を難しくしてしまいました。セットプレーから決定力では、松本の方が上でした。

松本がリードした事で、ジェフにボールを持たれながらも要所要所で攻撃をさせない展開。ジェフは、途中から4バックに変更。最後は、指宿を入れてツインタワーとして得点を狙っていきましたが、清武の1得点に留まりました。

次々と攻撃的なカードを切って、得点を上げていこうというエスナイデルの意気込みは感じましたが、練習でどこまでやっていたのかもわからないですし、攻撃としてはあまり機能していなかったように思います。

この試合欠場していた町田の穴も何気に大きかったように思います。町田がいれば中盤でのリンクマンとなり、前線へも飛び出していけるので、松本からすれば守りにくい存在になりえたと思います。その点では、熊谷と壱晟では同じようには行きませんね。

この試合では、ここまで出てこなかったような課題も出てきたと思います。まだまだ、エスナイデル監督のサッカーは発展段階であり、ひとつづつ課題を克服していくしかないと思います。松本には次のホームでしっかり勝てるように習熟度を上げていきたいところです。

次節は、アウェイ連戦で湘南との対戦。3シーズンぶりの対戦ですが、相変わらずJ2では強い。松本に勝って首位攻防といきたかったのですが、そうはなりませんでした。とはいえ、今のジェフが湘南相手にどこまでやれるのかは見ものです。どちらのハイプレスが機能するか、という面を含めて楽しみな一戦でもあります。

選手評価
GK 優也 6.5
DF 近藤 6.0 
DF 西野 6.0
DF 多々良 6.0
DF ボムヨン 6.0 
MF アランダ 6.0
MF 壱晟 5.5
MF 熊谷 5.0
MF 北爪 5.5
MF サリーナス 6.0
FW 船山 6.0
FW 清武 6.5 
FW ラリベイ 6.0
FW 指宿 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。