Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第3節 ジェフ千葉vs名古屋グランパス 2発完勝
« アルガルベカップ2017 なでしこジャパンvsオランダ女子 土壇場の失点で痛恨の敗戦 | メイン | 2017年 J2 第4節 松本山雅FCvsジェフ千葉 3失点完敗 »

2017年 J2 第3節 ジェフ千葉vs名古屋グランパス 2発完勝

2017年3月12日

Pasion 力戦奮闘

2017年J2第3節 ジェフユナイテッド市原・千葉の試合vs名古屋グランパスの試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

天気が良くて観戦日和といったところでしたが、まだまだ日陰は寒い。名古屋サポーターも大勢来てくれました。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vs名古屋グランパス 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに多々良、西野、ジュヨン、アンカーにアランダ、ISHに町田と熊谷、右WBに北爪、左WBにサリーナス、2トップに船山とラリベイという布陣でした。近藤が欠場で、多々良が中央に、ジュヨンが初先発です。壱晟も、ベンチ外となり先発は熊谷アンドリューとなりました。

試合は、開始早々に船山がシュートを狙うも右に外れます。ジェフは、前半2分にも、北爪が中央に流れて受けたボールのこぼれをサリーナスが狙うものの枠には飛ばず。前半5分には、こぼれ球に、高い位置に出ていた西野がシュートも左に外れます。さらにジェフの攻撃。前半6分、アランダからのパスに船山が落として、町田がシュートもわずかに左に外れます。

前半8分のジェフのCK。跳ね返されたボールを拾って右に展開。クロスから多々良が折り返すが、クリアされる。このボールを名古屋がひろってカウンターとなる。永井がドリブルで攻め込んで寿人へ。寿人のシュートは右に外れて助かる。

ジェフは、前半15分、サリーナスからのクロスが逆サイドに流れて、これをひろった町田がクロス。ラリベイには合わず左サイドに流れてしまう。前半19分には、町田からのクロスにラリベイが頭で合わせるが、楢崎のファインセーブに阻まれる。ジェフのCKとなり、中央の町田へのパス。町田がダイレクトで狙うが枠には飛ばせず。

前半21分、町田が遠目からシュートも、これは枠を外れる。

名古屋は、前半22分にCK。これは優也がパンチングではねかえす。前半23分にも、名古屋がカウンターからチャンス。押谷がシュートも右に外れる。

今度はジェフがCKのチャンス。西野のヘッドは相手に当たって、再度のCKとなる。続くCKは、跳ね返されたボールを拾った町田がシュートを狙うが、ハンドを取られる。

ジェフは前半28分、熊谷のパスに町田が飛び込むが僅かに届かず。前半31分には、サリーナスがラリベイとのワンツーからシュートも枠を外れる。

名古屋は、前半34分、永井がドリブルで持ち込んでのミドルシュートも上に外れる。ジェフは、前半36分、アランダのスルーパスに反応したサリーナスが倒されるがノーファウルの判定となる。

ジェフがペースを握る展開が続くがなかなかシュートまでは持ち込めず。それでも前半44分、ジェフが左サイドからのFK。船山が出したボールにサリーナスがクロスを入れる。これに西野がドンピシャで合わせてゴールを奪う。ジェフが先制に成功する。

西野のゴール

名古屋は、前半46分にCK。跳ね返したボールを拾われてクロスを入れられるとヘディングで合わされるが優也がキャッチする。

前半は、1-0で折り返す。

後半早々の3分、ジェフのCKは、跳ね返される。後半4分には、町田が右からボールを入れて船山が反応するが枠には飛ばせず。

名古屋は、後半6分のFK。これは名古屋の選手が触ってラインを割る。後半10分の名古屋のFKは、ジェフがはねかえす。

ジェフは、後半11分に熊谷がミドルシュートも楢崎が押さえる。後半12分、ジェフは熊谷に代えて羽生を投入する。

後半16分、名古屋のFK。これは、はねかえしてジェフの攻撃となる。左に展開してロングボールから船山がシュートも左に外れる。

後半21分、船山に代えて清武を投入する。

後半22分、名古屋の攻撃。裏に抜け出されるが、これはなんとかジェフDFが対応。ここからカウンターとな右からいれたボールをサリーナスがワンタッチで戻す。清武はさわれなかったが、これをひろった羽生からのクロスを受けたラリベイがシュートもブロックされる。さらに、後半23分の清武のシュートは上に外れてしまう。

後半31分、サリーナスに代えて大久保を投入する。大久保が左のCBに入って、西野が左サイドに回る。

後半32分、名古屋のFK。シュートを狙うが右に外れる。ジェフは、後半33分、北爪が右から折り返すと町田がシュートもブロックされる。後半38分、名古屋は宮原がシュートも上に外れる。

ジェフは、後半40分、右サイドから粘って折り返し、ラリベイがしかけて倒されるがノーファウルとなる。ここから名古屋のカウンターとなる。名古屋が右サイドから折り返すが、これはクリアする。

名古屋は、後半42分にFK。これは、ジェフボールとなるがカウンターには持ち込めず。後半45分には、名古屋がボールを奪ってワシントンがクロス。フェリペ・ガルシアがヘディングで合わせるが上に外れる。

ジェフは後半47分にFKのチャンス。清武が直接狙うが上に外れる。後半48分、名古屋はロングスローをいれてくるが、クリアボールを拾ったのはジェフ。清武が対応されるが、こぼれたボールをひろった町田がそのまま突破。最後は、清武へのパスをきっちりと決めてゴールを奪う。

試合は、このままジェフが2-0で逃げ切り勝利した。

vs名古屋グランパス 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の整列

風間監督のサッカーに、ジェフのハイライン・ハイプレスがハマれば面白いなと思っていたのですが、まさにそのとおりの試合となりました。名古屋は、ジェフのサッカーを見越して裏へのボールを意識はしていたようですが、単発的に終わっています。風間監督のサッカーといえば、パスで繋いでくるサッカーです。今、構築中のサッカーに、裏へ狙うボールを要求されれば混乱も生じると思います。

対するジェフは、山形戦で見せたサッカーをそのまま見せてくれました。選手たちも、山形戦で出来た事が一つの成功体験としてあるのでしょう。迷いがなくなってきました。この試合、近藤が欠場しましたが、多々良、西野、ジュヨンの3人でも問題なくラインを統率する事が出来たのは大きな収穫です。

前半、決定的なピンチを招いたのは、寿人のシュートシーンでしょう。名古屋としては、ああいった形が何度も作れると思ったのかもしれませんが、結局あの場面だけでした。あの場面では、ボールがアランダの上を越えてしまって入れ替わる形となってしまいましたが、そういったシーンを作らせなかった事が良かったと思います。

山形戦同様に、いいサッカーをしてたので点をとって前半を終えたいところでした。西野のゴールは、チームに大きな勇気を与えたと思います。少なくとも、後半はアドバンテージを得て試合を出来たので、随分と気持ち的にも楽になったと思います。まだまだ、チャンスの数の割にはゴール数は少ないとは思いますが、今のサッカーをやるなら先取点を取らないと苦しくなりますから。

ダメ押しは、清武でした。町田がよく前線まで持ち上がってくれました。途中出場の清武が、追いついてラストパスを受けてのゴールでした。ラリベイも追ってましたが遅れてましたし。清武が移籍後初ゴール。まずは最初の1点が取れて、本人も安堵だと思います。

名古屋に勝利したとは言え、未完成の風間サッカーはある意味、ハイプレスサッカーはハメやすいところなんですよね。そういう意味では次の、松本戦、湘南戦は同じようには行かないでしょう。3月の山形、名古屋、松本、湘南の4連戦は、エスナイデル監督のサッカーの習熟度を見るには絶好の相手だと思います。ここでどれだけ課題がでるか、今シーズンこのサッカーでやっていけるのかが見えてくると思います。

選手評価
GK 優也 6.0
DF 西野 6.5
DF 多々良 6.0
DF イ 6.0
DF 大久保 6.0 
MF アランダ 6.0
MF 町田 7.0
MF 熊谷 5.5
MF 北爪 6.5
MF サリーナス 6.0
FW 船山 6.0
FW 清武 6.5 
FW ラリベイ 6.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。