Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第20節 松本山雅FCvsジェフ千葉 2点リードから悪夢の逆転負け
« 2018年W杯 グループリーグ一巡目終わっての順位表 | メイン | 2018年W杯 日本vsセネガル 2度のビハインドを追いついてドロー決着 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第20節 松本山雅FCvsジェフ千葉 2点リードから悪夢の逆転負け



PASION

2018年 J2 第20節 松本山雅FCvsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

前半戦のホーム最終戦である愛媛戦で勝利し、前半戦ラストのアウェイ2連戦に向けてはずみがついた試合になりました。前半戦ラストをいい形で終えたいところです。

スポンサードリンク

試合経過

vs松本山雅FC 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKにロドリゲス、CBに近藤、増嶋、右SBに茶島、左SBに高木、ダブルボランチに熊谷と矢田、右SHに船山、左SHに為田、2トップにラリベイと指宿という布陣でした。茶島が先発に復帰しています。

まずはジェフが前半2分、茶島がカットインからのシュートも上に外れる。ジェフは、前半4分にCK。近藤が頭に当てるがそのままラインを割る。

ジェフが押し気味にゲームを進めるなか、前半10分、船山が倒されてFKを得る。このFKは、永井のクリアがそのままゴールに吸い込まれる。オウンゴールでジェフが先制する。

さらにジェフは前半14分、船山の折返しが流れて矢田へ。矢田のミドルシュートはブロックされる。前半18分のジェフのCK。ニアを狙ってこぼれたボールを増嶋が狙うがヒットせず。

松本はCKのチャンスはあったものの、シュートまでいけず。

ジェフは前半25分、熊谷のクロスにラリベイが合わせるがGKがおさえる。前半26分、高木が左サイドを突破して折り返したボールのこぼれをひろった船山がシュート。ゴール右隅に決まり0-2と突き放す。

前半32分には、ラリベイがはたいて為田が中にボールを送るがGKが抑える。

松本は前半33分にFK。これはロドリゲスがパンチングで弾き返す。このボールをひろわれてクロスをいれられるがCKに逃げる。

ジェフは前半39分、指宿とラリベイでボールを奪って、指宿がシュートもGKのファインセーブでゴールならず。

松本は前半43分にFK。ボールは誰もさわれず、直接ゴールに吸い込まれる。松本が1点を返して1-2とする。さらに、前半44分、松本が右からのクロスにヘディングで合わせるが、わずかに上に外れる。

前半は、このまま1-2で折り返す。

後半早々の5分、ジェフはカウンターから指宿がボールを運んで折り返すがGKが防ぐ。ジェフのCKは、得点にはつながらず。さらに、後半8分、矢田のミドルシュートは、上に外れる。後半11分、船山が左からのクロスにラリベイが合わせるが左に外れる。

後半13分、指宿がボールを奪われて、左サイドの前田大然にボールが渡る。カットインからのシュートが決まり松本が同点に追いつく。

さらに、後半15分、ロドリゲスが近藤からのパスを受けてつなごうとするがミスパスになり相手に渡る。前田直輝がシュートを決めて、松本が逆転する。

ジェフは、後半18分、為田に代えて乾を投入する。

松本は後半21分にCK。永井が頭で合わせるが枠を外れる。

後半23分、茶島に代えてゲリアを投入する。

ジェフは、なかなかチャンスを作れず。後半29分には、高木のクロスもGKがキャッチする。

後半30分、船山に代えてサリーナスを投入する。

ジェフは、後半31分、サリーナスのクロスに乾がねらうが跳ね返される。

後半35分、松本のFK。ニアで高崎がすらしたボールをパウリーニョが頭で押し込んでゴール。4-2とされる。

後半39分、ジェフはアーリークロスから高木が受けて反転シュートも上に外れる。

試合はこのまま得点動かず。松本が4-2で勝利した。

vs松本山雅FC 試合終了時メンバー

戦評

前半のうちに2点をリードする、アウェイとしては上々のスタートを切ったにもかかわらず、後半3失点で逆転負け。またしてもゲームコントロール、そして勝負弱さが出てしまった試合となりました。

前半は、特に失点をするまでは完全にジェフペースとなりました。松本のプレスをかいくぐり、何度もチャンスを作れました。ポゼッションでも圧倒して、2得点以外にもチャンスがありました。特に、ラリベイと指宿のところでボールを奪ったビッグチャンスは決めて起きたかったところです。3点差とすれば、大分楽な展開になったはずですから。

失点シーンは相手のボールが良かった事もありますが、ロドリゲスは誰かが当てるという想定だったのでしょうね。難しい場面ですが、抜けてくる事も想定しないといけないですね。

そして、後半も序盤はジェフペースでした。カウンターから指宿が突破した場面も決定機でした。ラリベイが中にいたので高めのボールの方が確実だったと思いますが、GKに当ててしまいました。

同点ゴールの場面は、指宿がボールを奪われたところから始まっていますが、ちょっとボールホルダーにまったくプレッシャーがかかりませんでした。それでも、近藤はゴール前まで戻っていたのですが、前田大然に振り切られてしまいました。

逆転ゴールの場面は、完全にロドリゲスのミスですが、前半より松本の追い込みに迫力があったのは確か。あそこの場面はつなぎにいったのか、クリアしようとしたのか。いずれにしてもミスになってしまいました。同点ゴールからあっという間に逆転まで持ち込まれてしまいました。

ジェフは、後手に回ってしまった事もありますが、交代策が機能せず。為田、船山がいなくなってボールがまったく持てなくなってしまいました。茶島に代えたゲリアも攻撃面での攻守に精彩を欠きました。

昨年もそうですが、ジェフにはスーパーサブタイプの選手がおらず、この日のサブだと追いかける展開だとなかなか打開するには難しいメンバー構成だったと思います。清武、町田がいない状況では致し方ないところもありますが。ならば、3点目を奪って試合を決めておきたかったですね。

これで次の試合に勝っても勝ち点30には届かず。昨シーズンの折返しよりも勝ち点で及ばない事が確定しました。もっとも、序盤戦での低迷があった事を考えれば、そこまで悪くはないのかもしれませんが。ただし、後半戦はかなり巻き返さないと自動昇格は厳しくなるでしょうね。まずは連勝。特に3連勝以上を早い段階で出来るようにしたいですね。

次節、前半戦最後の試合は、アウェイ栃木戦。三ツ沢以来のアウェイ参戦となります。アウェイでは大宮にしか勝っておらず。遠方アウェイでは全敗という状況。そろそろ、アウェイでも勝ち点3がほしい試合です

選手評価
GK ロドリゲス 4.5
DF 近藤 5.0
DF 増嶋 5.5
DF 高木 5.5
DF 茶島 5.5
DF ゲリア 5.0 
MF 熊谷 5.5
MF 矢田 5.5
MF 為田 5.0
DF 乾 5.5
DF サリーナス 5.5 
FW ラリベイ 5.5
FW 指宿 5.0
FW 船山 6.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-11-07~2018-11-13

最近のエントリー

  1. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  2. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  3. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  4. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  5. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  6. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  7. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  8. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  9. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  10. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  11. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  12. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  13. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  14. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  15. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  16. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝
  17. 2018年 J2 第31節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 4発クリーンシートで快勝
  18. 2018年 J2 第30節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 止まらない失点 追いつけず敗戦
  19. 2018年 J1 第22節 ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレ 松崎しげる神来訪で大勝
  20. 2018年 J2 第29節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 1点も奪えず終了間際の1発に沈む

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6