Top > 話題別 > 日本代表 > ロシアW杯 アジア最終予選 日本vsサウジアラビア 首位サウジに競り勝ち2位浮上
« 2016年 J2 第41節 ジェフ千葉vs北海道コンサドーレ札幌 町田のゴールで先制も逆転負け | メイン | 2016年 J2 第42節 カマタマーレ讃岐vsジェフ千葉 »

ロシアW杯 アジア最終予選 日本vsサウジアラビア 首位サウジに競り勝ち2位浮上

2016年11月15日

日本vsサウジアラビア

ロシアW杯 アジア最終予選 日本代表vsサウジアラビア代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

W杯アジア最終予選も折り返しの5戦目となりました。3位の日本はサウジアラビアに勝利して勝ち点で並びたいところです。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに西川、CBに吉田と森重、右SBに酒井宏、左SBに長友、ボランチに長谷部と山口、右SHに久保、左SHに原口、トップ下に清武、1トップに大迫という布陣でした。本田がベンチスタートとなり、久保が先発。長友が久しぶりの先発となりました。

vsサウジアラビア 先発メンバー

前半1分、大迫のパスから清武が仕掛けてシュートに持ち込むがGKがおさえる。前半3分、日本のFKに、吉田が頭で合わせるが上に外れる。その後、日本がボールを保持する展開が続くがシュートまではもちこめない。

前半18分、サウジアラビアがドリブルでしかけてシュートも西川がキャッチする。

前半20分、原口のドリブル突破から大迫にあずけると、そのまま反転してシュートもGKがキャッチする。さらに、前半21分には、右サイドからのクロスも大迫には合わず。逆サイドに抜けたボールを長友が拾ってクロスもクリアされる。

前半23分、日本のCK。ニアにいれるが、これは跳ね返される。これをひろった清武がクロスをいれるがクリアされる。

前半27分、サウジアラビアは、右サイドからクロスをいれるも中とは合わず逆サイドに抜けて助かる。

前半29分、日本が右サイド深くからのFK。これは、サウジアラビアがはねかえす。

前半33分、サウジアラビアのFK。直接狙うが、壁に当たってCKとなる。サウジアラビアのCKは、はねかえす。

前半38分、裏にボールが出て大迫がシュートも上に外れる。前半40分、タテパスが清武に入って右の久保に展開。久保からのボールはクリアされる。前半42分、原口がドリブルで仕掛けてミドルシュートも上に外れる。

前半43分、右から久保がクロスを入れるがはねかえされる。これを拾った清武がシュートを狙うが相手のハンドとなりPKをゲットする。このPKを清武が落ち着いて決めて日本が先制する。

前半は、このまま1-0で折り返す。

ハーフタイムに、久保に代えて本田を投入する。

後半1分、サウジアラビアのFK。これは、本田がクリアする。

後半2分、ロングボールに本田が抜け出すがオフサイドとなる。後半3分、日本が左サイドからのFK。清武が入れたボールに本田がシュートもブロックされる。

後半7分、原口から裏にボールをいれるがGKがキャッチする。後半8分には、左サイドからのボールを本田がシュートをねらう。こぼれたボールを清武がシュートもブロックされる。

後半10分、本田からのスルーパスに、大迫が抜け出しておリア消すが、クリアされてCKに。日本のCKとなるが、サウジアラビアがはねかえす。

後半14分、サウジアラビアが右サイドを突破してクロスもシュートは打たせず。

後半16分、大迫が左サイドから突破してボールを入れようとするが相手に当たってCKとなる。日本のCKは、GKがパンチングで逃げるが山口がひろう。一旦ボールを預けてリターンを受けた山口が右サイドから速いクロスを送るがGKがキャッチする。後半18分、ボールを奪った原口がドリブルで突破してシュートもGKがキャッチする。

後半19分、清武に代えて香川を投入する。

後半21分、日本のCK。ニアに入れるが大迫は枠に飛ばせず。

後半27分、原口がボール奪取から左サイドを突破しておりかえす。本田が狙うがブロックされてCKとなる。日本のCKは、大迫が落として吉田が狙うがブロックされる。

後半30分、日本のCK。競合いとなって、こぼれ球を森重がオーバーヘッドで狙うがGKがキャッチする。

後半32分、長いボールから本田が右サイドをで受けて中にボールを入れるが香川は打ち切れず。さらに、後半33分、本田がシュートもGKがふせぐ。

後半35分、本田からのスルーパスを受けた長友が左サイドを突破。中にいれたボールを香川がさわって、原口がシュート。これが決まって日本が2-0と突き放す。

後半40分、原口からのパスを受けた本田がシュートもバーに当たって外れる。

後半43分、サウジアラビアのFKは、はねかえす。後半45分、サウジアラビアが右サイドから突破してシュート。西川がはねかえすが、このボールをシュート。長友がクリアするがゴールラインをわっていたとして、サウジアラビアが1点を返す。

後半48分、大迫に代えて岡崎を投入する。

後半50分、サウジアラビアが右サイドからのクロスにヘディングシュートを打たれるが西川が横っ飛びでキャッチする。

試合は、日本がこのまま逃げ切り2-1で勝利した。

vsサウジアラビア 試合終了のメンバー

戦評

2-0のまま逃げ切れれば得失点差でサウジアラビアを上回る事が出来ましたが、勝ち点3は最低限のノルマをクリアしました。

試合全体を通じて、日本がペースを握る時間が長くなりました。シュート数でも日本が圧倒する結果となっています。それだけに、もう少し得点がほしかった展開でもありました。

先発起用された、久保はよくがんばっていましたが、ヤングボーイズで試合に出続けているだけに調子はよさそうです。そして、大迫はボールが収まってシュートも打って、非常にいい出来でした。ただ、シュートはオマーン戦のときのような落ち着きがなかったですかね。

チームでは試合に出れていない清武ですが調子はよさそうでした。前半は、清武がフリーになる事も多く。先制点も清武からでした。香川の調子が上がらない中で、清武の活躍は非常に助かりました。

そしてこの試合でも攻守に奮闘した原口が2点目。結果的にこれが決勝点となりました。追加点が欲しい展開での2点目でチームとしても助かりました。ここまで、少しシュートに急ぎ過ぎていたかなという感じでしたが得点場面は落ち着いてコースを突けました。

サウジアラビアに勝利した事で勝ち点で並びました。さらに、試合後には2位のオーストラリアがタイ相手にまさかの引き分けどまり。日本が2位に浮上する事となりました。ただ、オーストラリアとも勝ち点差1で非常に拮抗した展開となってきました。

2016年の試合はこれで終わりと来年行われる5試合もまだまだ気が抜けない展開が続きそうです。

選手評価
GK 西川 6.5
DF 吉田 6.0
DF 森重 6.0
DF 長友 6.5
DF 酒井宏 6.0
MF 長谷部 6.0
MF 山口 6.5 
MF 原口 7.0
MF 清武 6.5
MF 香川 5.5
FW 久保 6.0 
MF 本田 5.5
FW 大迫 6.5 
FW 岡崎 -

[公式記録]

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。