Top > 話題別 > 日本代表 > ロシアW杯 アジア最終予選 イラクvs日本 灼熱地獄はドロー決着
« 2017年なでしこリーグカップ 第3節 ジェフレディースvs長野パルセイロレディース フクアリダブルヘッダー2発逆転勝利 | メイン | 2017年 J2 第19節 水戸ホーリーホックvsジェフ千葉 ミドルシュート2発で完敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアW杯 アジア最終予選 イラクvs日本 灼熱地獄はドロー決着



ロシアW杯アジア最終予選

ロシアW杯 アジア最終予選 イラク代表vs日本代表の試合をNHK BS1の中継でテレビ観戦しました。

シリア戦では引き分け。乾の活躍などポジティブな面もあった一方で香川が負傷離脱。久保が不調と不安も残りました。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と昌子、右SBに酒井宏、左SBに長友、ボランチに遠藤と井手口、トップ下に原口、右SHに本田、左SHに久保、1トップに大迫という布陣でした。ボランチには遠藤と井手口を起用。本田がキャプテンとして先発出場です。

vsイラク代表 先発メンバー

日本は、前半5分、右からのクロスに大迫がシュートも枠には飛ばせず。さらに、前半8分、大迫がボールを保持。こぼれたボールを原口がシュートも、防がれてCKとなる。
このCKは、本田からのボールに大迫が頭で合わせてゴール。日本が早々に先制します。

しかし、これ以降は前線からのプレッシャーはかけず、低い位置からのチャンスをうかがう日本に対してイラクに押し込まれる展開となります。

前半18分には、イラクが左からのクロス。ヘディングでのこぼれを、ヘディングシュートも上に外れます。さらに、前半20分、イラクがボールをつないで、最後はヘディングシュートも左に外れます。

日本は、なかなかチャンスが作れず。イラクも前半終了間際にシュートを放つも、川島が難なく抑えます。

前半は、1-0で折り返します。

後半に入ってもイラクペースとなります。後半8分、イラクが左からボールをいれるがはねかえす。さらに、ボールを入れてくるが、そのままラインを割ります。

日本は、後半12分、長友が左サイドを突破。折り返したボールを受けた原口だが足元に入りすぎてシュートは打てず。

日本は、後半17分、井手口が転倒したさいに頭を打って今野と交代になります。

後半20分、本田のスルーパスから酒井が折り返し。大迫のシュートは防がれる。日本のCKとなり、ショートCKからつないで原口がミドルシュートも上に外れる。

後半25分、原口に代えて倉田を投入します。

後半27分、イラクが強引な突破。一旦は日本がボールを収め川島がおさえるかと思われたところを、蹴り込まれてゴールを許し同点に追いつかれてしまいます。

日本は、後半32分、足を傷めた酒井宏樹に代えて酒井高徳を投入します。

暑さからなかなか両チームともにチャンスがつくれなくなります。後半40分、日本のCKは、はねかえされます。

後半46分には、本田がシュートも上に外れます。後半49分、日本のFK。ヘディングでつなぐがはねかえされます。後半50分、スローインからのボールを本田がシュートもGKの正面となります。

試合は、このまま動かず。1-1の引き分けに終わりました。

vsイラク代表 試合終了時メンバー

戦評

非常に暑い中での試合という事で、早々に先制してからは引き気味に試合を進める事になりました。しかし、これで逆にイラクに攻め込まれる時間が増えて、消耗してしまった感があります。

できれば、もっとマイボールの時間を増やしたかったですね。ただ、ピッチコンディションが悪く、ボールを繋ぐにはリスクがある事もありました。

前半は、わずかにシュート2本。大迫のゴール以降はシュートなしで折り返しました。
後半に入っても展開は変わらず。井手口が負傷交代となり、急遽今野を投入しました。

イラクに攻められてはいたものの、そこまでの怖さはなく、追加点がきまれば勝負は決まるという状況でしたが、逆に同点に追いつかれてしまいました。

吉田が少しボールを大事にしすぎてしまいましたかね。簡単に、クリアしてCKから始めた方が失点に繋がらなかったかもしれません。

原口が疲労もあって倉田と交代。久保も足をつっていたものの、酒井が怪我での負傷交代。攻めでの迫力が出せないまま終えてしまいました。乾もいたし、浅野も残っていたので、交代カードで最後の反撃といきたかったはずですが、それも叶わず。

ただ、この勝ち点1で単独首位に経ちました。これで、3位以内が確定。最悪でもプレーオフには回れる事になりました。
次節のオーストラリア戦に勝てばW杯出場が決まる事になります。最後の試合がアウェイのサウジアラビア戦という事を考えると、次節で決めて起きたいところです。

選手評価
GK 川島 6.0
DF 吉田 5.5
DF 昌子 6.0
DF 長友 5.5
DF 酒井宏 5.5
DF 酒井高 - 
MF 遠藤 6.0
MF 井手口 6.0
MF 今野 6.0
MF 原口 5.5
FW 久保 5.0 
MF 本田 6.0
FW 大迫 6.5 
FW 岡崎 6.0
FW 宇佐美 5.0

[公式記録]

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-17~2018-04-23

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6