Top > 話題別 > 日本代表 > 日本vsオマーン 大迫2発で4-0快勝
« 2016年 J2 第40節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 逆転勝利で2連勝 | メイン | 2016年 J2 第41節 ジェフ千葉vs北海道コンサドーレ札幌 町田のゴールで先制も逆転負け »

日本vsオマーン 大迫2発で4-0快勝

2016年11月12日

日本代表vsオマーン代表

日本代表vsオマーン代表の試合をフジテレビの中継を録画してテレビ観戦しました。

ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦を前にした親善試合となります。この試合で、多くの新戦力を試しておきたい試合でした。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに西川、CBに吉田と丸山、右SBに酒井宏、左SBに酒井高、ボランチに山口と永木、右SHに本田、左SHに斎藤、トップ下に清武、1トップに大迫という布陣でした。CBに丸山、ボランチに永木、SHに斎藤、トップに大迫と新しい選手を入れてきました。

vsオマーン 先発メンバー

前半4分、清武が裏を狙って大迫が狙うが、これはGKがキャッチする。その後も、日本がボールを持つ展開が続くがなかなかチャンスがつくれない。

前半16分、左サイドに展開して、高徳から齋藤へ。清武にわたって、本田へパスも相手ボールとなる。前半16分、日本のCK。酒井宏樹のヘディングは上に外れる。

前半19分、右から本田へ。本田から山口に渡って、齋藤へ。齋藤が突破するがシュートは打てず。さらに、中央の山口から右サイドに展開。本田が右サイドからクロス。大迫がヘディングで流し込むが、これはオフサイドとなる。

前半20分、オマーンのカウンターは防いだかに思えたが、ボールを奪われてシュートを打たれるが、右に外れる。

前半25分、左サイドから齋藤が突破。大迫に預けて、本田がシュートも相手に当たる。跳ね返りを再び本田がシュートも相手に当たってCKとなる。このCKはオマーンがクリアして再度のCKに。
続くCKは、オマーンがひろってカウンターとなるが、齋藤がクリアしてオマーンのCKとなる。オマーンのCKは、日本がクリアする。

前半28分、本田からのロングボールに齋藤が抜け出すが届かず。オマーンボールとなるが、これを大迫が奪ってシュートもGKが防いでCKとなる。日本のCKは、本田から清武へのパスがオフサイドとなる。

前半30分、左サイドから齋藤が折り返し画t、山口が編ディングもGKが防いでCKとなる。このCKは、逆サイドに流れる。

前半32分、清武からのクロスに、大迫が頭で合わせてゴールを奪い、日本が先制する。

前半34分、本田が右サイドからクロスも相手に当たる。こぼれを酒井宏樹がシュートもブロックされる。

前半39分、日本のCK。丸山が頭でさわるがクリアされる。つづく日本のCK。跳ね返したボールを清武がひどってクロス。こぼれを齋藤がシュートもブロックされる。

前半41分、右サイドから清武が切れ込みながら本田とワンツー。清武が縦にいれたボールを大迫が受けて、切り返しからのシュートが決まる。日本が2-0とリードを広げる。

前半は、このまま日本が2-0とリードして折り返す。

後半3分、オマーンのFKは、西川が直接キャッチする。

後半4分、清武からのパスに齋藤が抜け出してゴールに流し込むが、オフサイドとなる。

後半7分、日本のFK。清武から低いボールで中央へ。本田がダイレクトシュートも相手に当たってCKとなる。このCKは、オマーンがボールを奪うが、カウンターは大迫が阻止する。

後半9分、オマーンが左サイドからの突破。クリアしきれずにシュートを打たれるが枠を外れる。

後半13分、本田のミドルシュートはGKが防ぐ。後半14分、左サイドを齋藤が突破。折り返しを清武が狙うが、防がれてCKとなる。日本のCKは、跳ね返される。

後半15分、大迫に代えて岡崎、本田に代えて浅野を投入する。

後半17分、浅野が倒されてPKの判定。これを清武が決めて、3-0とする。

後半21分、浅野が粘ってボールをあげると齋藤がヘディングで飛び込むがブロックされる。

後半23分、永木に代えて小林祐希を投入する。

後半25分、右から浅野がボールをいれて、岡崎が合わせるがGKがキャッチする。

後半26分、清武に代えて久保を投入する。その久保がシュートもGKに防がれる。

後半29分、齋藤に代えて原口を投入。後半33分には、吉田に代えて森重を投入する。

後半39分、オマーンのCK。競り合ったボールは日本に渡るが、カウンターには持ち込めず。

後半43分、原口が左サイドから切れ込んでシュート。GKが防ぐが、これを岡崎がヘディングも枠を外れる。後半45分には、原口が抜け出してシュートもGKがキャッチする。

後半47分、オマーンのミドルシュートは右に外れる。

後半49分、左サイドを原口が突破。折り返したボールが抜けたところに、小林祐希がシュート。これが決まって4-0となる。

試合は、このまま4-0で終了し、日本が勝利した。

vsオマーン 試合終了時のメンバー

戦評

途中、試合が停滞する場面もあったものの、大迫が期待通りの活躍で2得点。後半にも2得点を加えて4-0と快勝しました。

オマーンは、最終予選に進めずチームを作り直しているところなので、まだまだという出来。日本がほぼ主導権を握り続ける展開となりました。

大迫はチームでも好調を維持しているだけに、安定していました。久しぶりに、ハンパない大迫を見た感じがします。大迫は、ポストプレーが安定してボールが収まるのがいいですね。サウジ戦でも先発に回る可能性が高くなってきた気がします。

齋藤は前半から、何度も仕掛けますがゴールが奪えませんでした。後半、ゴールを奪った場面は惜しくもオフサイド。齋藤は左から切れ込んでボールを出してから、もう1度ボールを受けて突破する動きが得意なだけに、そこら辺の動きを理解してくれる選手がいてほしかったですね。

後半は、浅野があっさりとPKゲットで追加点。ATには、小林祐希が代表初ゴールでした。ただ、全体的にはなかなかチャンスが作れませんでした。久保や浅野は、なかなか本来の動きが出せなかった感じがします。岡崎にしても、少しやりづらそうでした。

原口が入ってきて、ようやく活性化してきたという感じでした。原口は、調子もよさそうなので、サウジアラビア戦でもやってくれそうです。

今日の感じはトップは大迫かなという気がします。トップ下は清武原口、長谷部が先発復帰でしょう。右SHは本田がそのまま収まるのか、代わりに誰かが努めるのかが見ものです。

選手評価
GK 西川 6.0
DF 吉田 6.0
DF 丸山 5.5 
DF 森重 5.5
DF 酒井高 5.5
DF 酒井宏 5.5
MF 山口 6.0
MF 永木 6.0
MF 小林 6.5
MF 原口 6.5
MF 清武 6.5
MF 本田 5.5
MF 齋藤 6.0
FW 大迫 7.0 
FW 岡崎 5.5
FW 浅野 5.5

[公式記録]

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。