Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2016年 J2 第34節 ザスパクサツ群馬vsジェフ千葉 痛い1敗
« 2016年なでしこリーグ 第15節 ジェフレディースvsINAC神戸 完敗 | メイン | ロシアW杯 アジア最終予選 日本vsイラク AT弾でホーム初勝利 »

2016年 J2 第34節 ザスパクサツ群馬vsジェフ千葉 痛い1敗

2016年10月 3日

REVOLUTION NEXT 25

2016年J2第34節 ザスパクサツ群馬vsジェフユナイテッド市原・千葉の観戦で正田醤油スタジアム群馬まで行ってきました。

日中は気温も上がって、汗ばむ陽気となりました。個人的には、これが今シーズン最後のアウェイ遠征となります。

スポンサードリンク

前節は、終了間際に追いついての引き分け。6位京都の勝ち点差は7と縮まったものの、1試合も落とせない状況は続きます。

試合前の記念撮影

試合経過

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤と若狭、右WBに丹羽、左WBに比嘉、ダブルボランチに富澤と長澤、右SHに菅嶋、左SHに町田、2トップに船山と眞紀人という布陣でした。

右SHには菅嶋が入りました。エウトンはベンチにも入らず、眞紀人が先発となりました。

vsザスパクサツ群馬 先発メンバー

ジェフは、中々ペースを掴みきれず。そんな中、前半4分、群馬のCK。これは、ヘディングでクリアします。このボールをひろった町田からのカウンター。町田が左サイドを突破するも止められます。

前半9分、左サイドからの比嘉のクロス。中央でこぼれたボールをひろった長澤がミドルシュートも枠を外れる。

前半12分、群馬のCK。ヘディングで合わせられるが左に外れる。

その後は膠着した状態となる。前半21分、自陣からのロングボールから船山が抜け出す。左サイドから切れ込んで、菅嶋へ渡るがシュートは打てず。

前半26分、ジェフのFK。競り合いとなるがシュートには持ち込めず。前半28分、富澤のボールを菅嶋が頭で折り返し船山が狙うが先にGKが押さえる。

前半32分、ロングボールから船山が飛び出す。飛び出してきたGKをかわして左サイドを突破。船山からのクロスに吉田が頭で合わせるがDFが頭でクリアする。

前半39分、群馬がロングボールからシュートも優也が防いでCKに。群馬のCKは、跳ね返す。

前半42分、丹羽が遠目からシュートもGKがキャッチする。

前半43分、群馬のCKは、跳ね返す。

前半は、得点なく0-0で折り返す。

後半3分、長澤が持ち上がって町田から船山へ。戻ったボールをひろった長澤から左サイドに展開。比嘉からのクロスは、跳ね返される。

後半5分、菅嶋がボールを奪って、右サイドから切れ込んでおりかえす。長澤がシュートも弱くなって、はねかえされる。

後半12分、左サイドから比嘉のクロスに、船山が狙うが枠には飛ばせず。

後半14分、群馬のCKは、はねかえす。

後半19分、ジェフは吉田に代えて阿道を投入する。

後半22分、瀬川のシュートは優也が止める。さらに、後半23分、ジェフは町田から船山へ。船山が落としたボールを富澤が狙うが、ボールを奪われてカウンターに。右からのボールに瀬川がシュート。これが決まって、群馬が先制する。

後半25分、菅嶋に代えて北爪を投入する。さらに、富澤に代えてアランダを投入する。

後半32分、ジェフのFK。近藤が頭で合わせてジェフが同点に追いつく。

近藤のゴール

後半36分、ジェフは丹羽からのロングボールに阿道が頭で流して北爪が飛び込むがシュートは枠を外れれる。

後半37分、群馬のFKは、はねかえすが、阿道にはボールが収まらずに群馬が奪い返す。中央を突破されて、最後は中村のシュートが決まる。群馬が2-1とする。

後半39分、ゴール前で船山がからの横パスを受けた北爪がシュートもGKに防がれる。

後半44分、比嘉からのクロスを阿道がヘディング。クリアボールを比嘉が中にボールが入れる。長澤が反応するが、そのままゴールに吸い込まれる。しかし、長澤がオフサイドとなりノーゴールに。

後半47分、群馬のCKは、はねかえす。後半49分、ジェフはアランダから長澤、阿道と経由して町田がシュート。シュートの跳ね返りを比嘉がダイレクトで中に入れるが浮いてしまいGKがキャッチする。

試合は、このまま終了し、2-1で群馬が勝利する。

vsザスパクサツ群馬 試合終了時メンバー

選評

試合終了後の握手をする選手たち

なんとも、痛い敗戦となりました。試合の流れとしては群馬のペースだったかもしれませんが、ジェフの流れの時間帯も有りました。

1失点目はカウンターからで、致し方ない部分もありましたが、2失点目は止めないといけなかったですね。阿道にボールが入ったところで前がかりになったのはありますが、DFは足りていたので、どこかで止めなければならないシーンでした。

ジェフにもチャンスはありましたが、決定機の数はそれほど多くなかったかもしれません。もっと、ゴール前でのプレーを多く作りたかったところでした。町田も10点目以降ゴールが奪えてませんし、船山もゴールが取れない。エウトンは不在というところで、これだと厳しいですね。

これで今季11敗目。10敗のままでいけば、なんとかプレーオフに滑りこめるかなとも思っていましたが、一気に厳しくなりました。京都が引き分けたので、勝ち点8差で済みましたが、残りの試合数は8です。

次節の京都戦では、勝ち点3が絶対となります。勝てば勝ち点差5。引き分け勝ち点差8のまま、負ければ勝ち点差11で、プレーオフ進出は絶望的となります。

選手評価
GK 優也 6.0
DF 若狭 5.5
DF 近藤 6.0
DF 丹羽 5.5
DF 比嘉 5.5 
MF 長澤 6.0
MF 富澤 5.5
MF アランダ 5.5 
MF 北爪 5.5
MF 船山 6.0 
FW 町田 5.5
FW 吉田 5.0 
FW 阿道 5.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。