Top > 話題別 > 日本代表 > リオ五輪 日本vsコロンビア 2点差を追いつくも勝利ならず
« 2016年 J2 第27節 ジェフ千葉vs愛媛FC 無失点試合も勝利ならず | メイン | 2016年 J1 2ndステージ 第8節 ベガルタ仙台vs柏レイソル 打ち合いを制す »
このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪 日本vsコロンビア 2点差を追いつくも勝利ならず



リオオリンピック サッカー

リオデジャネイロオリンピック、日本の初戦 日本五輪代表vsコロンビア代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。

初戦を落とした事で、どうしても勝ちたい1戦となりました。

スポンサードリンク

試合経過

日本の先発は、GKに櫛引、CBに植田と塩谷、右SBに室屋、左SBに藤春、ボランチに遠藤と井手口、右SHに矢島、左SHに中島、2トップに興梠と浅野というメンバーでした。

4-4-2の布陣に変更してきました。浅野、矢島、井手口が初先発です。

vsコロンビア 先発メンバー

前半2分、コロンビアが右からボールを入れてくるが、これは逆サイドに抜けてしまう。さらに、前半3分、コロンビアがシュートを放つが、左に外れる。

前半5分、日本のFK。跳ね返されたボールをひろって、中島が左からクロスを入れるが、これはブロックされる。続く、日本のCKは、GKがキャッチする。

日本がペースを握る展開となる。前半11分、室屋が右サイドからボールを入れる。興梠が胸で落として、矢島がシュートもGKが防ぐ。弾いたボールを浅野がつめるが、これはオフサイドとなる。

さらに、前半15分、室屋が右サイドで粘って、裏にボールを通す。矢島が折り返すが、ブロックされてCKとなる。このCKは、ショートCKからオフサイドとなる。

前半18分、コロンビアのシュートは、中村が防ぐ。前半26分、コロンビアのFK。ボールは直接ラインを割る。

前半29分、日本が左サイドからのFK。遠藤を狙うが跳ね返される。コロンビアのカウンターとなるが、これは塩谷が体を入れて防ぐ。逆に、日本のカウンターとなるが、浅野が倒されてFKとなる。
日本のFKは、藤春が入れたボールに興梠が頭で合わせるが、GKが押さえる。

前半32分、コロンビアのFKからボールを奪ってカウンターとなるが、これは止められる。

前半33分、日本のCK。大外から興梠が折り返すが、跳ね返される。このボールをひろって、興梠が左サイドからクロスを入れる。藤春がヘディングで合わせるが右に外れてしまう。

前半36分には、遠藤から左へボールを送って、藤春がぬけ出す。藤春が倒されるがノーファウルの判定となる。前半38分、日本がペナルティエリア左からのFK。浅野がヘディングで狙うが、上に浮いてしまう。

前半41分、コロンビアのFK。直接狙ってくるが、壁に当たってコースが変わりCKとなる。このコロンビアのCKは、跳ね返す。さらに、前半42分、コロンビアが右からクロスをいれるが、これも跳ね返す。前半43分のコロンビアのFK。ボールは壁に当たって、このボールを拾われて、入れてくるがブロックする。

前半48分、日本のFK。矢島が直接狙うがGKがキャッチする。

前半は、このまま0-0で折返す。

後半1分、浅野が相手ゴール前でボールを奪って、シュートもバーに当ててしまう。後半2分、日本のCK。こぼれたボールを植田がひろうが、逆にファウルを取られる。

後半3分、井出口からのパスを受けた浅野がシュートもGKが弾く。井出口が止めるが、これはブロックされる。はねかえったボールをひろった矢島がシュートも枠を外してしまう。

後半8分、コロンビアのFKは、はねかえす。後半9分、藤春が中島とのワンツーから抜けだしたところを倒されるが、ファウルは取ってもらえず。

後半11分、コロンビアのシュートは、塩谷に当たり、中村が押さえる。後半15分、コロンビアがワンツーからミドルシュート。植田に当たってコースが変わりゴールに吸い込まれる。コロンビアが先制する。

後半17分、矢島に代えて南野、井出口に代えて大島を投入する。

後半18分、南野から縦パスが出るが、GKが押さえる。

後半20分、コロンビアが左サイドからのボールを入れる。藤春がクリア出来ず、右足に当たったボールがゴールへ向かう。植田がかきだすがゴールラインを割って、オウンゴールとなる。0-2とコロンビアが突き放す。

後半22分、大島から南野と渡って、最後は浅野のシュートが決まり、1-2とする。

後半23分、コロンビアのミドルシュートは上に外れる。

後半24分、中島がシュートも枠には飛ばず。後半26分、南野のシュートは、相手に当たってCK。日本のCKとなり、植田が競るが、浮いたボールはGKがキャッチする。

後半29分、興梠からのパスを受けた中島がミドルシュート。これがバーにあたりながらもゴールに吸い込まれる。日本が同点に追いつく。

後半30分、浅野が抜けだして流しこむが、DFがこれをおさえてゴールならず。

後半35分、藤春に代えて亀川を投入する。室屋が左に回って、亀川が右SBに入る。

後半37分、室屋から、大島に渡ってミドルシュートも上に外れる。後半40分、日本のFKは、跳ね返される。さらに、後半43分、日本のFKも跳ね返される。

後半44分、南野が右から速いボールを入れるが、反応できず。後半46分、大島から右サイドにボールを送る。亀川が折り返すが、GKがキャッチする。

後半47分、南野からのロングボールから、浅野が追いついてシュートもGKに止められる。

試合は、このまま2-2で終了する。

vsコロンビア 試合終了時メンバー

選評

試合全体としては、日本がペースを握っている時間が長かっただけに、勝ちきりたい試合でした。前半は、日本がペースを握っていましたが、ゴールが奪えず。

後半に入っても日本のペースで試合が進んだものの、エアポケットのように、簡単に中央突破を許して、先制点を許してしまいました。さらに、藤春がボールへのアプローチをミスしてしまってのオウンゴール。これが痛かったですね。

ただ、この直後の浅野のゴールで反撃の狼煙を上げます。コロンビアの運動量が落ちた事もあり、その後も日本のペースになりました。中島のミドルシュートで追いついた後も、再三チャンスを作っていただけに逆転まで持ち込みたかったですね。

勝ち点1止まりで終わりましたが、スウェーデンがナイジェリアに敗れた為に、最終戦までチャンスが残りました。コロンビアが引き分け以下で、スウェーデンに勝利すれば決勝トーナメントへいけます。コロンビアが敗れた場合には、引き分けでも決勝トーナメントに行ける可能性があります。

攻撃陣は好調なだけに、しっかりと試合に勝ち切って、決勝トーナメント進出を決めて

選手評価

中村 6.5 
塩谷 6.0
植田 6.0
藤春 5.5
室屋 6.0
亀川 6.0 
遠藤 6.0 
井出口 6.0
大島 6.5
中島 6.5
矢島 5.5 
南野 6.0
浅野 7.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-06-15~2018-06-21

最近のエントリー

  1. 2018年W杯 グループリーグ一巡目終わっての順位表
  2. 2018年W杯 コロンビアvs日本 大迫の決勝弾で南米勢に歴史的1勝
  3. 2018年 J2 第19節 ジェフ千葉vs愛媛FC 前半戦ホームラストゲームを勝利で飾る
  4. ロシアW杯開幕 ロシアvsサウジアラビア/エジプトvsウルグアイ
  5. 日本vsパラグアイ 乾の活躍でW杯前最終戦を白星で
  6. 2018年 J2 第18節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 セットプレーからの2失点で完敗
  7. スイスvs日本 得点奪えず完敗
  8. 2018年なでしこリーグ 第9節 ジェフレディースvs長野レディース 2点差を追いつかれ引き分け
  9. 2018年 J2 第17節 ジェフ千葉vsレノファ山口FC 指宿2発も痛恨のAT被弾でドロー
  10. 日本vsガーナ 国内最終戦は希望なき敗戦
  11. 2018年 J2 第16節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 3発逆転で完勝
  12. 2018年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 土壇場のゴールで引き分けに持ち込む
  13. 2018年 J2 第14節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 後半の流れを食い止められず逆転負け
  14. 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利
  15. 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
  16. 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点
  17. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  18. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  19. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  20. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6