Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2015年 総括 ジェフ千葉 FW編
« 2015年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編 | メイン | 2015年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年 総括 ジェフ千葉 FW編



ジェフユナイテッド市原・千葉

2015年シーズンの振り返りのジェフ千葉編。今回は、FW(SH、トップ)編をやってみたいと思います。

SH編

シーズン当初は、左SHに谷澤、右SHにネイツという布陣となりました。

スポンサードリンク

谷澤に関しては、左SBの太亮とのコンビが有効でありましたが、ネイツに関してはまだまだコンビネーションで崩してという感じもありませんでした。ネイツは、トップ下もトップも出来るので、さぐりさぐりという感じでした。

4月からは、井出がネイツとポジションを入れ替えて右SHに入るようになりました。ネイツをトップに近い位置でプレーさせた方がという事もあったのでしょう。谷澤が怪我で離脱した際には佑昌が左SHに入ったりしました。佑昌は右SHで出る事もありましたね。

ここまで、なかなか出番がなかった水野が6月から先発で起用されるようになりました。谷澤が負傷欠場していた事もあって、井出が左で起用されるようになりました。

また、町田がトップ下で起用されるようになってからは、ネイツがSHで起用される事もありました。8月以降は2トップとなった事で、右に井出またはネイツ、左に谷澤または井出という感じでした。松田がSHで起用される事もありました。

8月以降は、ネイツがSHで起用される事が多くなりました。10月からは、松田を左SHで起用し、右に水野や佑昌が入る事が多くなりました。

谷澤も負傷なので欠場が多くなり、なかなかシーズン通して安定しませんでした。井出、松田、佑昌と特徴のある選手はいましたが、太亮とのコンビネーションでは谷澤が一番合っていたかなとも思いますが、DF面を含めると不安要素もありました。

右SHは、水野の起用が増えてはいましたが、こちらも怪我があったりと中々定着しませんでした。両SHは、シーズン通してかなり入れ替わりが激しくなってしまいました。

トップ編

シーズン当初は、森本が不動の1トップとして君臨しました。関塚監督も森本の得点に期待していたのでしょうが、なかなか得点数は伸びず。

その後、森本が怪我で欠場する事が続いて、ネイツが1トップで入るようになってきました。純粋なCFタイプではありませんが日本では背も高いですし、競り勝てるというところでは、まずまずだったと思います。また、途中出場で阿道が出場する事も多くなりました。阿道は、セレッソ戦でのゴールが印象に残りましたね。阿道は、ネイツや森本不在時には先発でも起用されました。

5月中旬から森本が復帰。ネイツとのコンビに戻ります。7月に入ると途中加入の安が先発で起用されましたが、結果には結びつかず。結局、安はあまり活躍できずに終わった感があります。

8月以降は、2トップとなります。森本とネイツが基本布陣でしたが、森本の欠場もあり、新加入の松田が入る事が多くなりました。阿道やネイツが2トップとしてパートナーを務める事になりました。加入直後は、ゴールを量産していた松田ですが、その後はなかなか得点に絡めなくなってきました。

9月に入ると森本が復帰して、松田との2トップになります。松田のトップ起用がなかなか機能しなくなった事で、その後は森本とネイツの組み合わせが多くなりました。ただ、森本はなかなかゴールが生まれませんでした。40節のヴェルディ戦でのゴールは素晴らしかったのですが、次節はノーゴール。最終節は負傷欠場でシーズンを終えました。

ネイツが代表に消臭されていた関係で、町田が2トップ気味で起用されましたが、あまり機能したとは言えませんでしたね。森本の欠場で、最終節は松田とネイツの2トップとなりましたがノーゴールで終わりました。

ネイツがJリーグ初年度としては上出来の2桁ゴールだったものの、森本は2桁には遠く及ばず。森本が2桁得点取ってくれないと、チームとしても厳しくなりますね

次は、2015年シーズンの戦いを振り返ってみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-05-20~2018-05-26

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 土壇場のゴールで引き分けに持ち込む
  2. 2018年 J2 第14節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 後半の流れを食い止められず逆転負け
  3. 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利
  4. 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
  5. 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点
  6. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  7. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  8. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  9. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  10. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  11. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  12. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  13. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  14. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  15. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  16. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  17. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  18. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  19. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  20. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6