Top > 話題別 > 日本代表 > U-23選手権2016 決勝 U-23韓国vsU-23日本 大逆転でアジア王者に
« U-23選手権2016 準決勝 U-23日本vsU-23イラク リオ五輪出場決定 | メイン | 2015年 観戦記録まとめ »

U-23選手権2016 決勝 U-23韓国vsU-23日本 大逆転でアジア王者に

2016年1月31日

AFC U-23選手権

AFCU-23選手権2016の準決勝 U-23韓国代表vsU-23日本代表の試合をNHK BS1の生放送でテレビ観戦しました。

リオ五輪出場を決めた日本代表。決勝は、ライバル韓国です。この試合に勝って、この年代で初のアジア王者に立てるかどうか。

スポンサードリンク

試合経過

日本の先発は、GKに櫛引、CBに植田と岩波、右SBに室屋、左SBに山中、ダブルボランチに遠藤と大島、右SHに矢島、左SHに中島、2トップに久保と阿道というメンバーでした。

南野がチームへ合流し離脱、鈴木武蔵も怪我で使えないということで、阿道にまた出番が回ってきました。

前半6分、まずは韓国がシュートからのこぼれ球を押し込むが、これはオフサイドで助かる。前半11分、日本のCK。ねばるが、最後ははね返される。

前半19分、韓国が左サイドからクロスをあげると、こぼれたボールをシュート。岩波にあたってゴールに吸い込まれる。韓国が先制する。

前半20分、中島のシュートは、バーの上。
前半26分、韓国のFKは、クリアする。前半27分、室屋が右サイドからクロスもGKがキャッチする。

前半28分、山中のクロスに阿道が狙うが枠には飛ばせず。前半30分、日本のFK。岩波が折り返すが合わず。ボールを拾って、クロスをあげると岩波が頭で合わせるが枠を外れる。

前半34分、韓国が遠目からシュートも、これはブロックする。前半36分、韓国のシュートはバーの上。

前半38分、室屋のクロスは通らず。前半44分、日本のCKは、ファウルとなってしまう。

前半を終わって、1-0で韓国がリードして折り返す。

ハーフタイムに、阿道に変えて原川を投入する。久保のワントップとなり、遠藤がアンカー。原川と大島がインサイドハーフとなる。

後半2分、韓国が右サイドからの折り返しを中央で反転シュート。これが決まって2-0と突き放される。

後半3分、日本のFK。えんどうが頭で合わせるがGKがキャッチする。後半5分、韓国のクロスは、わずかに合わず。

後半7分、日本はボールを繋いで、中島がシュートもバーの上をこえる。後半8分、矢島からのクロスは、はねかえされる。

後半13分、韓国のシュート、櫛引がおさえる。

後半15分、大島に変えて浅野を投入する。再び2トップとなり、久保と浅野の2トップ。遠藤と原川のボランチとなる。

後半17分、韓国のシュートは左に外れる。後半19分、韓国が左サイドから攻め込む。櫛引が不正だボールをヘディングで打たれるがバーの上をこえる。

後半21分、原川の折り返しを浅野が狙うが、GKがキャッチする。

後半22分、矢島からのスルーパスを、浅野が抜けだしてシュート。これが決まって1点差とする。さらに左サイドから、山中のクロスに矢島が頭で合わせてゴール。日本が同点に追いつく。

後半25分、韓国のシュート。櫛引がファインセーブでCKに。このCKは、ショートCKからつなぐがミスとなる。

後半27分、中島のシュートは左に外れる。後半28分、韓国のCKは、はねかえす。さらに、ボールをひろわれてクロスも、はねかえす。カウンターから中島からのパスを久保がシュートも相手にあたってCKに。日本のCKは、ファウルとなる。

後半30分、矢島に代えて豊島を投入する。

後半31分、日本のFKは、GKがパンチングではじきかえす。後半36分、韓国のクリアボールを中島がワンタッチで前に出すと、浅野が反転してぬけ出す。GKとの1対1を冷静に決めて、日本が逆転する。

後半40分、韓国が右サイドからのFK。これは、ニアではねかえす。

日本が、この後もしっかりと守りきり、2-3で勝利した。U-23アジア選手権を優勝で飾った。

選評

正直、後半の途中までは韓国に歯が立たないなという印象でした。前半の早々に失点し、後半頭にも失点。しかも、両方共完全に崩されてしまっていました。

その他にも危ない場面が多くあり、あと何点入れられるんだろうかという感じでした。ただ、要所要所では日本らしいボールを回しての攻撃もありました。後は、最後の精度のが良ければチャンスにというところでした。

後半、浅野が投入されてから、韓国の選手も少し運動量が落ちてきたことで、生きてきました。ここまで、ゴールのなかった浅野が反撃の狼煙を上げるゴール。ここで、すぐに切り替えて、1分後には矢島のゴールが生まれました。韓国のほうが少し対応に遅れてしまった感があります。

その後は、勝ち越しを狙う韓国と一進一退となりましたが。最後は、浅野がゴールを決めて逆転しました。単純に裏抜けではなく、相手を背負ったところからの反転で見事に抜け出しました。昨シーズン、広島で活躍しただけの事はあります。

それにしても、素晴らしい逆転劇でした。手倉森監督も、2-0になってからの浅野投入は早かったですね。もう、攻めるしかなかったですからね。

オリンピック予選では、年代別となったバルセロナ五輪以降韓国には勝ったことがなかったと思います。しかも、3得点での勝利ですからすごいですね。このチームは、ホントに粘り強い。決してスペクタルなチームではありませんが、自分たちが強いチームではないことを心得ているからの強さという感じがします。

ただ、決勝の韓国戦では守備がかなり崩されてしまいました。オリンピック本大会では、こういったクラスの相手とやっていかなければいかず、本番までには修正が必要なことは明らかです。

守備の部分で、もう一段階上げていければ、本大会でもさらなる成長が期待できそうです。

選手評価

櫛引 6.0
植田 5.5  
岩波 5.5
室屋 6.0 
山中 6.5
遠藤 6.5
大島
原川 6.5  
矢島 7.0
豊川 -
中島 6.0
久保 5.5
阿道 5.0
浅野 7.5

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。