Top > 話題別 > 日本代表 > U-23選手権2016 準々決勝 U-23日本vsU-23イラン リオまであと1勝
« U-23選手権2016 U-23サウジアラビアvsU-23日本 3戦全勝 | メイン | 2016キックオフフェスタ その1 »

U-23選手権2016 準々決勝 U-23日本vsU-23イラン リオまであと1勝

2016年1月23日

AFC U-23選手権

AFCU-23選手権2016の準々決勝 U-23日本代表vsU-23イランの試合をNHK BS1の生放送でテレビ観戦しました。

グループリーグを3戦全勝で勝ち上がった日本は、イランとの対戦となりました。この年代は準々決勝が鬼門。なかなか、ここを勝ち上がる事が出来ていません。リオ五輪まであと2勝となり、何が何でも勝ち上がりたい一戦です。

スポンサードリンク

試合経過

日本の先発は、GKに櫛引、CBに植田と岩波、右SBに室屋、左SBに亀川、ダブルボランチに遠藤と原川、右SHに矢島、左SHに中島、2トップに久保と阿道というメンバーでした。

サウジアラビア戦からまたも大量にメンバーを入れ替えてきました。鈴木武蔵が怪我という事で、阿道が2試合連続で先発に入っています。

U-23日本vsU-23イラン 先発メンバー

前半2分、矢島がクロスをおくるがはねかえされる。

イランがカウンター。シュートまで持ち込まれるが櫛引が防ぐ。イランのCKとなるが、ヘディングシュートは上に外れる。

前半6分、日本のFK。相手DFに当たって、再度CKに。このCKは、こぼれたボールを久保がシュートも防がれて、またもCKに。CKからニアに合わせるも、はねかえされる。

前半10分、日本が右サイドからのFK。ゴール前に送るが、GKがさわって、自らキャッチする。前半11分のイランの攻撃は、なんとか防ぎ切る。

前半12分、日本のCKは、GKがはじきかえす。前半20分、中島のスルーパスから、亀川がクロスをあげるも、はねかえされる。

なかなかシュートがなかった日本だったが、前半26分、阿道の落としから久保がボールをひろって右サイドからシュートも、わずかに左に外れる。

前半30分、イランがスローインからクロスをあげるが、櫛引がキャッチする。

前半33分、日本のFK。植田が頭に当てるが、だれも触れずラインを割る。

前半37分、イランのシュートは左に外れる。前半46分、イランのFK。はねかえしたボールをシュートされるが上に外れる。

前半は0-0で折り返す。

後半開始早々、日本のFK。これは、はねかえされる。

後半5分、イランが、左サイドからクロスも、櫛引がキャッチする。後半7分、イランのシュートは櫛引がキャッチする。
さらに、後半12分、イランのクロスからシュートは、クロスバーに当たってはねかえる。これをクリアしてCKに。イランのCKは、ニアではねかえす。これを、ひろわれてクロスも阿道がクリアする。

後半13分、イランのシュートは枠を外れる。後半は、イランがペースを握る展開となる。

後半14分、日本のFKは、はねかえされる。後半20分、日本のCK。阿道が頭に当てるが枠には飛ばせず。後半23分、日本のFKは、はねかえsれる。

後半27分、室屋のクロスは逆サイドへ。中島が受けてシュートもブロックされる。このボールを再度シュートもブロックされてCKに。このCKは、遠藤が頭で合わせるが枠を外れる。後半30分、日本のFK。中で合わせられず、クリアされる。

後半33分、イランのCKは、はねかえす。さらに、クロスをあげられるが、櫛引がキャッチする。後半35分、イランのFKは、はねかえす。

後半37分、日本は久保に代えて浅野を投入する。

後半41分、浅野からボールを受けた矢島が右サイドを抜け出しておりかえすが、クリアされてCKに。このCKは、GKがキャッチする。

後半43分、日本は、矢島に代えて豊川を投入する。

後半46分、室屋のクロスは、中で合わせられず。

後半もスコアは動かず、90分終わって0-0で、延長戦に突入する。

延長前半4分、亀川が左サイドを突破するが、阿道は合わせられず、逆サイドにボールは抜ける。

延長前半6分、室屋が切り返しから左足でクロスをおくると、豊川が飛び込んで頭で押し込む。日本が先制する。

延長前半7分、イランのシュートはバーの上をこえる。さらに、延長前半のATには、イランのシュートを櫛引が足に当てて止める。さらに、イランのCKも、櫛引がおさえる。

延長後半4分、中島が左サイドから目の覚めるようなミドルシュートを決めて、2-0とする。さらに、延長後半5分、中島がカットインからミドルシュートを決めて3-0と突き放す。

延長後半6分、中島のクロスに浅野が頭で合わせるが右に外れる。延長後半7分、浅野のシュートは防がれる。

延長後半7分、遠藤に代えて大島を投入する。

延長後半11分、イランのシュートは、またもバーに当たり助かる。

延長後半16分、浅野のシュートは枠を外れる。

試合は、このまま日本が逃げ切り3-0で勝利し、準決勝進出を果たした。

U-23日本vsU-23イラン 試合終了時メンバー

選評

90分で決着がつかず、どうなるかと思いましたが、延長戦で3得点をあげて見事に勝利しました。

イランに危ない場面をかなり作られてしまいましたが、クロスバーに当たったり、櫛引のファインセーブもありシャットアウトしました。

浅野、豊川の投入で、前線の動きが活発になりました。正直疲れの見えていた阿道は代えるのかと思いましたが、120分フル出場となりました。阿道の体の強さは、守備にも攻撃にも使えるというふうに考えたのでしょうね。

先制したのは、室屋のクロスから豊川が飛び込んできました。完全にフリーでした。室屋が初めて左足でクロスをあげたのが効きました。

さらに、中島が連続得点。90分終わった時点では、ドリブル突破もフィジカルで止められていて、あまりいい出来とは言い難かったんですが、延長戦に入ってからあの強いボールを蹴れる体力は圧巻でした。

120分トータルで考えると日本の方が上だったという事でしょう。手倉森監督のプラン通りの展開にもなりました。選手起用も辺り、手倉森監督の評価も上がりましたかね。

これで、鬼門の準々決勝を突破。リオ五輪まで、残り1勝となりました。準決勝は、UAEvsイラクの勝者となります。ここで勝って、まずはリオ行きを決めておきたいところです。

選手評価

櫛引 6.5
植田 6.0
岩波 5.5
室屋 6.5
亀川 5.5
遠藤 6.0
原川 6.0
矢島 5.5
豊川 6.5
中島 7.0
久保 5.5
阿道 5.5
浅野 6.5

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。