Top > 話題別 > 日本代表 > ロシアW杯 アジア2次予選 カンボジアvs日本 人工芝に苦しみ辛勝締め
« 2015年 J2 第41節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 POが遠のく敗戦 | メイン | 2015年 J2ラスト1 »

ロシアW杯 アジア2次予選 カンボジアvs日本 人工芝に苦しみ辛勝締め

2015年11月18日

日本代表

ロシアW杯 アジア2次予選 カンボジア代表vs日本代表の試合を日本テレビの中継でテレビ観戦しました。

この試合が2015年の最終戦となります。マレーシア戦に続いてのアウェイ戦ですが、きっちりと勝って終わりたい試合です。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに西川、CBに吉田と槙野、右SBに長友、左SBに藤春、ボランチに山口と遠藤、右SHに原口、左SHに宇佐美、トップ下に香川、トップに岡崎という布陣でした。

日本代表
ロシアW杯 アジア2次予選 vsカンボジア代表 先発フォーメーション
9.岡崎
10.香川
8.原口
16.山口
3.遠藤
11.宇佐美
5.長友
22.吉田
20.槙野
21.藤春
12.西川

前半1分、山口が裏へボールを出すが、原口はシュートにつながらず。

人工芝のピッチの影響もあり、なかなかパスがつながらずリズムにのれない日本。

前半7分、右サイドからの長友のクロスはクリアされる。このCKは、槙野が頭に当てるがGKがキャッチする。

前半10分、岡崎がボールを取ってシュートもブロックされる。こぼれ球を原口が拾ってシュート。はねかえったボールが腕に当たりハンドを取られる。

前半11分、宇佐美のクロスに岡崎が飛び込むが、先にGKが抑える。

前半16分、山口からの縦パスを受けた香川がシュートも左に外れる。
前半17分、自陣からのロングパスを宇佐美が受けるがトラップが流れてGKがキャッチする。

前半18分、宇佐美のクロスを原口が落として岡崎がシュートもブロックされる。前半20分、原口のクロスは岡崎に合わせきれず。

前半22分、カンボジアにボールをカットされて、カウンターから独走を許すもシュートは枠を外れて助かる。

前半23分、日本のFK。宇佐美が蹴るが跳ね返される。前半27分、遠藤が遠目からシュートもブロックされる。

前半30分、カンボジアのFK。直接ゴール方向に飛ぶが吉田がクリアする。前半31分、カンボジアが再びFK。これは、西川がなんなくキャッチする。

前半33分、遠藤から右サイドへボールを送ると、長友が折り返して、宇佐美が角度のないところからシュートも枠を外れる。

前半39分、香川のクロスに岡崎が狙うが、GKがキャッチする。

前半40分、カンボジアのFKは、西川がキャッチする。さらに、前半42分、カンボジアが自陣からのFKからシュートに持ち込むが枠を外れる。

前半43分、原口が右サイドからシュートも相手に当たって枠を外れる。このCKは、香川がシュートCKからクロスもGKがパンチングで逃げる。

前半46分、香川のクロスに藤春がダイレクトで合わせるがポストに当たってしまう。

前半は、このまま得点奪えず。0-0で折り返す。

ハーフタイムに、遠藤に代えて柏木を投入する。

後半開始早々、柏木のボールに、岡崎が落としたところを、香川が倒されてPKを得る。
このPKを岡崎が蹴るが、GKに止められてしまう。

後半5分、カンボジアのCKは、クリアする。

後半6分、日本のFK。柏木のキックに岡崎が合わせるが、相手に当たってそのままゴールに吸い込まれる。日本がオウンゴールで先制する。

後半10分、日本のCKは、はね返される。後半14分、原口のクロスに長友が頭で合わせるが防がれる。

後半17分、宇佐美に代えて本田を投入する。本田が右に入って、原口が左に回る。

後半17分、柏木から本田にボールが通るがゴールならず。

後半21分、香川が右サイドからクロスもクリアされる。

後半22分には、長友のクロスを原口が受けてシュートもブロックされる。再度、右サイドにボールが流れて、長友のクロスに岡崎が合わせるがGKがキャッチする。

後半23分、山口のシュートはブロックされる。
後半26分、カンボジアのCKは、はねかえす。

後半27分、山口が右サイドに展開すると、長友からのクロスに本田が合わせるがゴールならず。

後半35分、日本のCK。本田に合わせるが、ボールはこぼれてGKに渡る。

後半36分、柏木のミドルシュートは防がれるがCKに。ショートCKからつなぐが、再度CKに。日本のCKは、ファウルを取られる。

後半38分、吉田のミドルシュートは相手に当たってCKに。このCKは、本田がシュートも相手に当たってゴールならず。

後半40分、本田のクロスが逆サイドに抜けて、香川がシュートもブロックされる。さらに、右サイドからのクロスに、原口が狙うが合わず。本田がシュートもGKに防がれる。

後半41分、岡崎に代えて南野を投入する。

後半43分、左サイドからのクロス。本田が合わせたこぼれを、南野がシュートもブロックされてCKに。

後半44分、藤春が左サイドからクロス。これを本田が頭で合わせてゴール。ようやく追加点を奪う。

試合は、このまま日本が逃げ切り。0-2と勝利した。

日本代表
ロシアW杯 アジア2次予選 vsカンボジア代表 試合終了時フォーメーション
4.本田
10.香川
18.南野
16.山口
7.柏木
8.原口
5.長友
22.吉田
20.槙野
21.藤春
12.西川

戦評

格下相手ながらも相当苦しみました。人工芝という事もあるが、かなりボールが扱いにくいピッチらしく、ボールがはずみすぎたり、伸びたりと苦労しているように見えました。ボール自体もベトナム製らしく、普段とは違うのでしょう。

それに加えて、カンボジアは5バックで引き気味な上に、運動量多く日本の選手たちにくらいついてきた事もあり、思うように攻撃を組み立てられませんでした。

前半は、ボールを出す選手がおらず、前の選手だけでチャンスを作ろうという感じでうまくいきませんでした。宇佐美も原口もドリブルが生きるような状況ではなく目だった活躍が出来ませんでした。

後半、柏木が入った事でリズムが生まれました。開始早々のPKを岡崎が止められてどうなる事かとおもいましたが、その後は柏木のFKから得点が生まれて落ち着きました。

相手の疲れもあって、前半よりはチャンスが作れるようになったものの、なかなか追加点が奪えないまま時間が過ぎていってしまいました。
最終的には、本田のゴールで追加点をあげたものの、もう少し得点をあげたかったところだと思います。

思わぬ苦戦をしたものの、無失点で勝利してグループ1位を守りました。

次は、W杯2次予選が、来年の3月にありますが、それまでは試合がありません。残り2試合をきっちりと勝って、最終予選に駒を進めたいところです。

選手評価
GK 西川 6.0
DF 吉田 6.0
DF 槙野 5.5
DF 長友 6.5
DF 藤春 5.5 
MF 山口 5.5
MF 遠藤 5.5 
MF 柏木 6.5
MF 香川 5.5
FW 本田 6.5
FW 宇佐美 5.0
FW 原口 5.5
FW 岡崎 6.0
FW 南野 -

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。