Top > 話題別 > 日本代表 > 仁川アジア大会 U-21日本vsU-21クウェート 快勝スタート
« 2014年 J2 第31節 ジェフ千葉vsギラヴァンツ北九州 阿道のゴールで一矢報いるも痛い敗戦 | メイン | 仁川アジア大会 なでしこジャパンvs中国女子 苦難の引き分けスタート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

仁川アジア大会 U-21日本vsU-21クウェート 快勝スタート



U21日本vsU21クウェート

仁川アジア大会 サッカー男子 日本代表vsクウェート代表の試合を、TBSの中継を録画してテレビ観戦しました。

大会のレギュレーションではU-23+オーバーエイジ枠が認められていますが、日本はリオ五輪を目指すU-21で大会に臨んでいます。

最大のライバルであるイラク戦の前に、勝ち点をつかんでおきたい一戦です。

スポンサードリンク

試合経過

日本の先発は、GKに牲川、DFに岩波、西野、植田、ボランチに原川と大島、右WBに室屋、左WBに山中、右WGに野津田、左WGに中島、トップに鈴木という布陣となった。

序盤から日本が攻勢をとる流れとなった。

セットプレーからのチャンスをつかむものの、ゴールが生まれない。

クウェートは遠目からのシュートはあるものの中々日本陣内に攻め込めない。

前半10分、左サイドから中島から折り返しに野津田が合わせるが大きくバーの上を越えてしまう。

日本がポゼッションでは上回るものの、なかなか決定機がつくれないまま時間がすぎていく。

前半19分、中島がミドルシュートを放つものの、GKがファインセーブでゴールならず。
このCKからのチャンスは、シュートまで持ち込めず。

この後、日本は再三CKのチャンスをもらうが、ボールの精度も悪くゴールを割る事が出来ない。

前半35分、クウェートが遠目から思い切ったミドルシュートを放つもののGKの正面となりキャッチする。

前半38分、鈴木に当てたボールから、中島、野津田とつながるが、ここはクウェートが体を寄せてシュートを打たせない。

さらに、セットプレーのチャンスが続く日本だったが、いずれもゴールならず。

それでも、前半43分、原川のフィードに大島が抜けだして絶妙のトラップからゴールに流し込むシュート。これが決まって日本がようやく先制点をあげる。

この後、クウェートの反撃にあうものの、このまま1-0で前半を折り返す。

後半も日本がペースを掴む展開となる。

後半4分、日本のCKは、西野がヘディングシュートも相手に当って再びCKに。
このCKは、逆サイドの植田が頭で折り返して、鈴木がこれを頭で押し込みゴール。日本が2-0とする。

この後も、日本がチャンスを多くつくる展開となる。

後半20分、室屋が右サイドから入り込んできてシュートもバーの上を越えてしまう。

さらに、後半21分にはゴール前で中島が切り返しからのシュートもGKに防がれます。

この後、クウェートのCKのチャンスが続くものの凌ぎます。
しかし、CKを防いだ後のスローインからクロスを入れられ、牲川がキャッチしきれず。こぼれ球をシュートされるものの、一度は防ぎます。しかし、このボールを詰められてゴールを許してしまいます。

後半30分、日本のCK。ショートコーナーからの展開で原川が左サイドを突破して折り返すと岩波がシュート。これが決まって3-1と突き放します。

後半32分、山中のクロスに野津田がダイレクトで合わせるものの大きくバーの上を越えてしまいます。

野津田に代えて矢島を投入します。

日本は、後半38分、室屋が右サイドから折り返して、鈴木が中央で合わせてゴールを奪います。4-1と試合を決定づけます。

この後、荒谷、喜田を投入し、日本がこのまま逃げ切りに成功します。

大事な初戦を4-1で快勝しました。

戦評

さすがに、前半は硬さがみられたかなという感じがしました。

今回の代表は、やや前線の迫力に欠けるところがあると言われていましたが、終わってみれば4得点の大勝となりました。

やはり、大島の先制点が大きかったように思います。ゴール自体も見事なトラップから冷静に決めたものでした。

これで、全体的に硬さがとれたようにも思います。

さらに、今回の代表のエース格である鈴木武蔵がゴールを奪った事も大きかったです。1点目で肩の荷がおりたのか、動きもよくなりました。
2ゴールを奪って、調子を上げてきました。

手倉森監督なども言っていたように、2点をリードしてからの失点は反省材料でしょう。GKのキャッチミスから始まっただけにもったいない失点でした。

次はグループリーグ最大のライバルであるイラクとの対戦です。向こうは、U23+オーバーエイジを使ってきていて、力関係から言えば上でしょうが、ここで勝ち点1でも取れるかどうかは大きいと思います。

まずは、初戦で勝ち点3と得点がたくさん取れたというところは大きな収穫でしょう。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6