Top > 話題別 > Jリーグ > ACL2014 決勝トーナメント1回戦 2ndREG Jリーグ勢全滅
« ブラジルW杯 日本代表 予備登録メンバー発表 | メイン | 女子アジアカップ2014 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 2点差を追いつきドロースタート »

ACL2014 決勝トーナメント1回戦 2ndREG Jリーグ勢全滅

2014年5月14日

ACL2014

2014年シーズンのACL(アジアチャンピオンズリーグ)は、決勝トーナメント1回戦 2ndREGを終了。
Jリーグ勢は、1st REG大敗していたセレッソ大阪だけではなく、サンフレッチェ広島、川崎フロンターレも化粧トーナメント1回戦で、敗退となってしまいました。

スポンサードリンク

セレッソ大阪はアウェイで、広州恒大と対戦。試合には0-1で勝利したものの、初戦での大敗が響いて敗退となりました。

初戦で一番優位な状況だった、サンフレッチェ広島ですが、WSWに後半2失点を喫してしまい敗戦となりました。

この結果、アウェイゴールの差で、サンフレッチェ広島がまさかの逆転敗退となりました。

残った、川崎フロンターレですが、序盤に失点し3得点以上が求められる難しい状況に。前半のうちに同点に追いついたものの、後半終了間際に勝ち越すのが精一杯でした。

こちらも、アウェイゴールの差で敗退となってしまいました。

AFC チャンピオンズリーグ ROUND16 2ndREG
広州恒大 0 - 1 セレッソ大阪
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 2 - 0 サンフレッチェ広島
FCソウル 1 - 2 川崎フロンターレ

広島が敗退したのは、意外でした。初戦での2点のリードを生かせませんでした。

先に得点すれば、圧倒的に優位に立てていたのですが、逆に失点してしまい追い詰められてしまいました。

最も優位な状況で2nd REGを迎えられていただけにもったいなかったですね。

川崎は、序盤の失点がひびきました。川崎の得点力なら2得点は十分にありえた状況だったので、これで3点以上必要になってしまったので。

久しぶりに3チームが決勝トーナメントに進出したACLですが、まさかの初戦敗退でJリーグ勢は早くも敗退となってしまいました。

さすがに、これは考えさせられますね。単純に実力差があるとは思えませんが、どうにもACLは勝てません。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。