Top > 話題別 > Jリーグ > ACL2014 グループリーグ前半 今年もJリーグ勢は苦戦気味
« 2014年 ジェフ千葉vs栃木SC 番外編 | メイン | 2014年 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 番外編 »

ACL2014 グループリーグ前半 今年もJリーグ勢は苦戦気味

2014年3月20日

ACL2014

2014年シーズンのACL(アジアチャンピオンズリーグ)は、第3節を終了。
今年もJリーグ勢は苦戦を強いられているようです。

サンフレッチェ広島とセレッソ大阪が、1勝1分1敗、川崎フロンターレが1勝2敗、横浜Fマリノスが1分2敗となっています。

スポンサードリンク

第3節を終わっての順位表は以下のようになっている。

ACL2014 順位表

グループE
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 山東魯能 3 1 2 0 6 4 +2 5
2 浦項スティーラーズ 3 1 2 1 5 4 +1 5
3 セレッソ大阪 3 1 1 1 6 4 +2 4
4 ブリーラム 3 0 1 2 2 7 -5 1
グループF
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 北京国安 3 1 2 0 4 3 +1 5
2 サンフレッチェ広島 3 1 1 1 4 4 0 4
3 FCソウル 3 1 0 2 4 3 +1 4
4 セントラルコースト 3 1 0 2 3 5 -2 3
グループG
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 広州恒大 3 2 1 0 8 4 +4 7
2 全北現代モーターズ 3 1 1 1 6 5 +1 4
3 メルボルン・ビクトリーズ 3 1 1 1 5 6 -1 4
4 横浜Fマリノス 3 0 0 3 1 5 -4 1
グループH
順位 チーム 試合数 得点 失点 得失点差 勝ち点
1 蔚山現代 3 2 1 0 6 2 +4 7
2 Wシドニー 3 2 0 1 3 3 0 6
3 川崎フロンターレ 3 1 0 2 1 3 -2 3
4 貴州人和 3 0 1 2 1 3 -2 1

やや出遅れ気味のJリーグ勢ではあるが、幸いな事にまだどこの組も1,2位との勝ち点差がそれほど開いていない。

セレッソは、1,2位と勝ち点差1という3強1弱の混戦模様なだけに、ここからが正念場となりそうです。

サンフレッチェ広島も、現在2位につけていますが、ここも混戦模様です。広島は、FCソウルとの直接対決で勝利している事で2位を確保しています。

広島としては過去2回の出場ともいい成績を残せなかっただけに、少なくとも決勝トーナメントには進みたいはずです。

横浜はシーズン序盤の不調が、響いて出遅れています。リーグ戦では負けなしですが、ACLはシーズン開幕前に始まっていて、出遅れています。
ここから、どれだけ巻き返せるかでしょうね。

川崎は、1勝はあげているものの、連敗で3位となっています。ただ、後半戦の3試合で2位以内に入れる可能性はありそうです。

Jリーグ勢で無敗のチームはなく、やはり今年もACLは厳しいなという印象があります。この中なから、何チームが決勝トーナメントに進出出来るでしょうか!?

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。