Top > 話題別 > 日本代表 > U-22アジア選手権 日本vsイラン テグジャパン初陣はドロースタート
« 第92回 高校選手権 決勝 富山第一vs星稜 国立最蹴章は大逆転で富山第一が初優勝 | メイン | 2013年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

U-22アジア選手権 日本vsイラン テグジャパン初陣はドロースタート



AFC U-22アジアカップ

U-22アジア選手権 日本の初戦はU-22イラン代表です。BS朝日の中継を録画してテレビ観戦しました。

リオ五輪にむけて、手倉森監督の初陣でもあります。来年の大会はリオ五輪の予選も兼ねるだけに、大会に慣れるというところと日本の強さを印象づけたいところです。

試合展開

日本の先発は、GKに櫛引、CBに西野と植田、右SBに川口、左SBに山中、ボランチに吉野と原川、右SHに石毛、左SHに中島、2トップに鈴木と浅野という布陣でした。

スポンサードリンク

日本は立ち上がり、なかなかペースをつかめず。少しイランの圧力に負けしまう事が多く苦しい展開でした。イランは積極的にミドルも狙ってきます。

そんな中、前半6分には、左サイドからドリブルで突破をゆるし、最後はバルザイにシュートを決められて先制点を許していまいます。

ただ、ここから日本も反撃、ペナルティエリアの左で原川がボールをもってしかけうるとそのままシュート。これがうまくコースをついて右サイドネットに突き刺さります。日本がすぐさま追いつきます。

ただ、なかなか日本ペースとはならず。イランの攻撃に受け身に回る時間も多くなります。

22分の中島のシュートは惜しくも枠を外れます。逆にイランの攻撃からシュートを打たれるもののクロスバーに当たり事なきを得ます。

すると、前半29分浅野がドリブルでするすると持ち上がるとそのままシュートまで持ち込みます。これが決まって、日本が逆転に成功します。

日本がこれで勢いにのりはじめます。FKのチャンスもあり、鈴木がドリブル突破をしかけるなど、チャンスになるものの追加点は奪えず。

前半終了間際のイランのFKは枠を外れて、前半は2-1と日本がリードしておえます。

後半の立ち上がり、前半同様に動きの悪い日本。後半3分に西野がPKを与えてしまいます。これを決められてイランが同点に追いつきます。

さらに後半10分には、相手を背負いながら振り向きざまのシュートを決められてイランに逆転を許します。

反撃したい日本でしたが、逆にイランが攻勢を強める展開になります。どんどんシュートを狙ってくるイランに、押し込められる時間が長くなります。

後半14分、石毛に代えて矢島、川口に代えて松原を投入します。

この後、日本はセットプレーでチャンスを作るもののゴールならず。だが、後半20分浅野からのボールを受けた中島が左サイドからシュート。これがシュート回転がかかったように右サイドネットにすいこまれゴール。日本が再び追いつき3-3とします。

この後、イランの逆襲にあうもののゴールは許さず。日本もセットプレーのチャンスがあったもののゴールは生まれず。

スコアはこのまま動かず、3-3のドロー発信となりました。

戦評

前後半とも立ち上がりの出来が悪かったですね。なかなかボールがつなげずイランのフィジカルの強さに負けてしまう場面が多かったです。

1失点目も簡単にゴール前にボールを運ばれたところからの失点でした。この他にも失点にはつながらなかったものの危ないシュートを打たれる場面が多かったです。

ただ、攻撃陣は3得点でした。チャンス自体はそれほど多くはなかったですが、精度の高いシュートが決まりました。

チームが立ち上がったばかりという事でなかなかゴール前での形が出来ませんでした。2トップの浅野と鈴木もコンビというよりは、個人技で持ち込む場面が多かったです。

左SHの中島は3得点目のシュートも含め、セットプレーでもキッカーをつとめて良いボールを供給しました。運動量も多く、楽しみな選手になりそうです。
左サイドでコンビを組んだ、ジェフにレンタルできた山中ですが、なかなか見せ場を作れませんでした。サイドからクロスを送る場面が中々作れませんでした。

ベガルタ仙台のときは堅守というイメージだった手倉森監督なだけに、3失点デビューは物足りないできではあります。ただ、3得点取っておいついたのは、次につながってくれればと思いますね。

初戦のイランにドロー発信という事で、次のクウェート戦が大事になりそうです。オーストラリアが勝ってるので、勝ち点3をあげないと苦しくなりそうです。

関連エントリー
  • 2014年01月22日 U-22アジア選手権 準々決勝 イラクvs日本 完敗でベスト8止まり
    U-22アジア選手権の準々決勝 U-22イラク代表vsU-21日本代表の試合をBS朝日の中継を録画してテレビ観戦しました。試合は終始イラクペースで進み、試合終了間際に日本が失点しそのまま敗れ去った。
  • 2014年01月19日 U-22アジア選手権 日本はグループリーグ突破
    U-22アジア選手権はグループリーグの戦日程が終了。日本は、第2戦で引き分けてしまったものの、オーストラリアに大勝して決勝トーナメント進出を決めました。日本は準決勝でイラクと対戦します。
  • 2016年08月09日 リオ五輪 日本vsコロンビア 2点差を追いつくも勝利ならず
    日本五輪代表vsコロンビア五輪代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。試合は、後半にコロンビアに先制されると、オウンゴールでも失点。しかし、浅野、中島のゴールで追いついて引き分けに終わりました。
  • 2016年08月06日 リオ五輪 日本vsナイジェリア 大量5失点で敗戦も4得点で望みをつなぐ
    日本五輪代表vsナイジェリア五輪代表の試合をNHKの中継を録画してテレビ観戦しました。試合は、序盤に2-2と点の取り合いとなるが、その後に3失点。浅野、鈴木武蔵のゴールで2点を返したが、4-5で敗戦となった。
  • 2016年07月31日 ブラジル五輪vs日本五輪 完敗の中での収穫
    日本五輪代表vsブラジル五輪代表の試合をNHK BS1の中継を録画してテレビ観戦しました。試合は、前半に2点を先行される展開となり、後半の反撃も得点奪えず。0-2で敗戦となりました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6