Top > 話題別 > 日本代表 > U-22アジア選手権 日本vsイラン テグジャパン初陣はドロースタート
« 第92回 高校選手権 決勝 富山第一vs星稜 国立最蹴章は大逆転で富山第一が初優勝 | メイン | 2013年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編 »

U-22アジア選手権 日本vsイラン テグジャパン初陣はドロースタート

2014年1月14日

AFC U-22アジアカップ

U-22アジア選手権 日本の初戦はU-22イラン代表です。BS朝日の中継を録画してテレビ観戦しました。

リオ五輪にむけて、手倉森監督の初陣でもあります。来年の大会はリオ五輪の予選も兼ねるだけに、大会に慣れるというところと日本の強さを印象づけたいところです。

試合展開

日本の先発は、GKに櫛引、CBに西野と植田、右SBに川口、左SBに山中、ボランチに吉野と原川、右SHに石毛、左SHに中島、2トップに鈴木と浅野という布陣でした。

スポンサードリンク

日本は立ち上がり、なかなかペースをつかめず。少しイランの圧力に負けしまう事が多く苦しい展開でした。イランは積極的にミドルも狙ってきます。

そんな中、前半6分には、左サイドからドリブルで突破をゆるし、最後はバルザイにシュートを決められて先制点を許していまいます。

ただ、ここから日本も反撃、ペナルティエリアの左で原川がボールをもってしかけうるとそのままシュート。これがうまくコースをついて右サイドネットに突き刺さります。日本がすぐさま追いつきます。

ただ、なかなか日本ペースとはならず。イランの攻撃に受け身に回る時間も多くなります。

22分の中島のシュートは惜しくも枠を外れます。逆にイランの攻撃からシュートを打たれるもののクロスバーに当たり事なきを得ます。

すると、前半29分浅野がドリブルでするすると持ち上がるとそのままシュートまで持ち込みます。これが決まって、日本が逆転に成功します。

日本がこれで勢いにのりはじめます。FKのチャンスもあり、鈴木がドリブル突破をしかけるなど、チャンスになるものの追加点は奪えず。

前半終了間際のイランのFKは枠を外れて、前半は2-1と日本がリードしておえます。

後半の立ち上がり、前半同様に動きの悪い日本。後半3分に西野がPKを与えてしまいます。これを決められてイランが同点に追いつきます。

さらに後半10分には、相手を背負いながら振り向きざまのシュートを決められてイランに逆転を許します。

反撃したい日本でしたが、逆にイランが攻勢を強める展開になります。どんどんシュートを狙ってくるイランに、押し込められる時間が長くなります。

後半14分、石毛に代えて矢島、川口に代えて松原を投入します。

この後、日本はセットプレーでチャンスを作るもののゴールならず。だが、後半20分浅野からのボールを受けた中島が左サイドからシュート。これがシュート回転がかかったように右サイドネットにすいこまれゴール。日本が再び追いつき3-3とします。

この後、イランの逆襲にあうもののゴールは許さず。日本もセットプレーのチャンスがあったもののゴールは生まれず。

スコアはこのまま動かず、3-3のドロー発信となりました。

戦評

前後半とも立ち上がりの出来が悪かったですね。なかなかボールがつなげずイランのフィジカルの強さに負けてしまう場面が多かったです。

1失点目も簡単にゴール前にボールを運ばれたところからの失点でした。この他にも失点にはつながらなかったものの危ないシュートを打たれる場面が多かったです。

ただ、攻撃陣は3得点でした。チャンス自体はそれほど多くはなかったですが、精度の高いシュートが決まりました。

チームが立ち上がったばかりという事でなかなかゴール前での形が出来ませんでした。2トップの浅野と鈴木もコンビというよりは、個人技で持ち込む場面が多かったです。

左SHの中島は3得点目のシュートも含め、セットプレーでもキッカーをつとめて良いボールを供給しました。運動量も多く、楽しみな選手になりそうです。
左サイドでコンビを組んだ、ジェフにレンタルできた山中ですが、なかなか見せ場を作れませんでした。サイドからクロスを送る場面が中々作れませんでした。

ベガルタ仙台のときは堅守というイメージだった手倉森監督なだけに、3失点デビューは物足りないできではあります。ただ、3得点取っておいついたのは、次につながってくれればと思いますね。

初戦のイランにドロー発信という事で、次のクウェート戦が大事になりそうです。オーストラリアが勝ってるので、勝ち点3をあげないと苦しくなりそうです。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。