Top > 話題別 > Jリーグ > 初参戦 JPFAチャリティマッチ やっぱりサッカーは楽しいものだ
« 第92回 高校サッカー選手権出場校を高円宮杯カテゴリーで分けてみた | メイン | 第93回 天皇杯 準決勝 横浜Fマリノスvsサガン鳥栖 »

初参戦 JPFAチャリティマッチ やっぱりサッカーは楽しいものだ

2013年12月28日

JPFA CHARITY SOCCER 2013

日本プロサッカー選手会が主催するチャリティマッチ2013を観戦しにユアテックスタジアム仙台まで行ってきました。

今回で、3回目の開催となりますが、現地観戦は初めてとなります。

ユアテックスタジアム仙台

スポンサードリンク

試合前

仙台は雪が降って、ユアスタも朝方は雪が積もっていたようですが試合開催に向けて除雪してありました。

仙台市内は、道路はほとんど雪がありませんでしたが、日陰だったり人や車が通らないところには雪が残っている状態でした。

雪も降るユアスタ

この試合では、スタジアムDJも各地から集ってくれました、仙台、山形の東北勢のほか、ジェフのガマさんや、湘南、新潟からも集まってくれて試合前のインタビューなどで、盛り上げてくれました。

やはり、柿谷はすごい人気でしたね。ピッチ練習が始まるときも子供たちが前まで出て行って見てました。

今回の試合に出場できなかった海外組らからメッセージが届いていました。寿人、大津、家長、清武、ハーフナー、細貝、長谷部、カズからのメッセージが読み上げられました。また、香川からはビデオメッセージが届いていました。

試合、雪が急に降りだして吹雪のようになったりしたと思ったら、晴天になったりと天気が目まぐるしく変わってせわしない感じでした。

試合前には東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次がキックインで盛り上げてくれました。

試合

東北ドリームスは、柿谷、南野、柴崎、遠藤といったところが先発メンバーに、JAPANスターズは林、今野らが先発でした。

試合展開としては若い東北が押していましたが、中々ゴールが入りませんでしたね。オールスターの様にゴール裏からチャントが入ったりしないので、ゴール前でのプレーがないとかなり静かな感じでした。

そんな中でもやはり柿谷がボールを持つとスタンドがわきますね。実際、柿谷が絡んでチャンスとなる場面が多かったと思います。

この試合、10番を背負ってキャプテンになった柴崎岳も、いつもいじょうに積極的なプレーでした。特に、シュートを積極的に打っていましたね。東北は、柴崎がいる事で守備面でも安定していたように思います。

JAPANは試合途中までシュートすら打てない状況でした。ボール自体はつながるもののゴール前でのプレーが少なかった印象です。

試合が動いたのは前半28分、右サイドからのボールにうまくワンタッチで合わせてのゴールでした。

柿谷のゴール後

ゴール後のパフォーマンスは、ベンチからの集まりも悪くてよくわかりませんでしたがw

東北ドリームスはさらに38分にまたもや柿谷。こぼれてきたボールに、うまくGKのタイミングを外して逆サイドのポストにあたってのゴールとなりました。

ここで、同じゴールパフォーマンスに挑戦しますが、最後は城監督が飛べてないというオチなんでしょうか?!

ここまで押され気味だったJAPANですが、42分にゴールが生まれます。右サイドからのクロスにフリーだった斉藤がヘッドで合わせてゴール右に流し込みます。

JAPANスターズは、おもてなし

JAPANスターズの方のゴールパフォーマンスは何かと思ったら、お・も・て・な・しにようでした。

だが、前半終了間際、東北は小塚のミドルシュートが突き刺さって3-1と突き放して終了となります。

後半も東北ドリームスが押し気味に試合を進めるものの、JAPANスターズも反撃。

後半10分、佐々木がペナルティエリアで倒されてPKの判定。ここで、まさかのピンチキッカー銀次登場。これが、きれいなキックできまって3-2とします。

銀次がPK

後半から東北には工藤や原口が入ってます。原口は再三左サイドから積極的にしかけてゴールを狙いますが、どうしても入りませんでしたね。

JAPANは戸田や北嶋、服部らを次々と投入。北嶋にゴールを取らせようと積極的にクロスを入れるもの中々合わずじまい。

逆に、後半22分、裏に抜けだした呉がゴールを決めて東北が4-2と突き放します。

東北ドリームスはアフロ胴上げ

東北のパフォーマすはピンクのアフロと胴上げ&クラッカーでした。

東北は後半42分に工藤がヘディングでゴールを決めて5-2とします。ここで、JAPANはなんと中山雅史が背番号中山で登場。ゴンゴールを決めて盛り上げます。

試合は5-3で東北ドリームスの勝利となりました。

試合後、この試合には出場しなかった小笠原からの挨拶がありました。

小笠原の挨拶

そして、試合終了後には選手たちが場内を一周してプレゼントの投げ込みがありました。右回りに一周したので回ってくるまでにかなり時間がかかりました。結構、サインボールを取っている人が周りにちらほらいましたね。

手を振る柿谷

前半はなかなかゴールが入らず、ちょっと盛り上がりに欠けるなぁと思ってましたが、ゴールが決まりだすと盛り上がりますね。

後半は銀次のPKや、中山ゴンゴールもあり沸かせてくれました。試合全体としては、若い東北がイキイキとプレーしてよかったです。ゴールの数でも上回ってましたし。

やっぱりたまにはこういう試合もいいですね。天皇杯に出場する選手は出場できないので寿人なんかも出たかった思いますが、来年以降も続けていってほしいなと思います。

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。