Top > 話題別 > 日本代表 > セルビア代表vs日本代表 ゆるい空気を払拭できず完敗
« 2013年 J2 第36節 ジェフ千葉vsヴィッセル神戸 逆襲の逆転勝利 | メイン | 第93回 天皇杯 3回戦 ジェフ千葉vsFC東京 静寂からのハイテンションなゲーム »
このエントリーをはてなブックマークに追加

セルビア代表vs日本代表 ゆるい空気を払拭できず完敗



日本代表vsセルビア代表

日本代表の欧州遠征 セルビア代表vs日本代表の試合を日テレの生中継でテレビ観戦しました。

この試合は、セルビア代表のキャプテン・スタンコビッチの代表引退試合という事もあり、少しゆるい空気が漂う試合となった。

試合経過

日本代表の先発は、GKに川島、CBに今野と吉田、右SBに内田、左SBに長友、ボランチに遠藤と長谷部、右SHに岡崎、左SHに香川、トップ下に本田、トップに柿谷という布陣だった。

現時点でのベストメンバーという布陣で臨む事となった。

日本代表
vsセルビア代表 先発フォーメーション
11.柿谷
4.本田
9.岡崎
17.長谷部
7.遠藤
10.香川
2.内田
22.吉田
15.今野
5.長友
1.川島
スポンサードリンク

今ひとつ、ゆるい空気の中で始まった試合だったが、日本もパスはつなぐ事ができていて悪い流れではなかった。

途中、スタンコビッチが交代でピッチを去る際にもセレモニーがあり少し緊張感のない雰囲気になったが、セルビアの方も少しスイッチを入れなおした感じとなり、試合としてはここからが本番という形だった。

セルビアのFKや、カウンターからチャンスを作られるものの相手のシュートの精度にも助けられて失点は許さない。

日本は中々シュートまで持ち込む事が出来ず。ややセルビアに押される展開だったが、前半29分には香川がワンツーから抜けだしてシュート。ようやく、日本代表の初シュートとなった。

だが、この後も中々ペースを握る事が出来ず。前半39分に柿谷が裏に抜け出しかかるが、GKが先にキャッチする。

44分の日本のFKは、本田が低い弾道で狙うがセルビアのGKに止められてしまう。

前半は0-0で終了。

後半、少しづつ試合が動き始める。

長友が左サイドからクロスを上げて本田が飛び込むがゴールならず。
さらに、後半9分には狭いところで柿谷がシュートを放つがGKの正面をついてしまいゴールならず。

後半12分、右サイドから上がっていた内田がインサイドに入ってパス。これに遠藤が反応してミドルシュートもゴールは奪えない。

逆に、後半14分にはセルビアが日本の左サイドからしかけて、シュートまで持ち込まれる。これが決まって、あっさりとセルビアが先制する。

その後も、セルビアにペースを握られる展開が続く。

後半21分、長谷部に代えて細貝を投入する。さらに、後半23分には柿谷に代えて清武を投入。岡崎がトップに入る。

後半25分の日本のCK。本田のショートコーナーから香川→本田→香川とつないでボールを入れるが岡崎のシュートは枠を外れる。

日本が攻め立てるものの、セルビアはかなり引き気味となりブロックをつくって待ち構えて中々チャンスに繋がらない。

後半30分、浮き球のボールから岡崎が飛び込むが、GKが先にさわって岡崎と接触。岡崎のファウルとなる。

さらに、後半32分には内田が右サイドで一人かわして速いボールを入れるが中央で反応しきれず、クリアされる。

後半41分には香川に代えて乾、さらに後半43分に岡崎に代えてハーフナーを投入する。

日本がなんとか同点に追いつつこうと攻勢にでるがゴールは奪えず。

逆に、ATのCK。ショートコーナーから細貝が入れようとしたボールがミスパスになりセルビアのカウンターとなる。このままゴール前まで持ち込まれてゴールを許し、2-0となる。

試合はこのままセルビアが2-0で勝利を飾った。

 

日本代表
vsセルビア代表 試合終了時フォーメーション
18.ハーフナー
4.本田
8.清武
13.細貝
7.遠藤
14.乾
2.内田
22.吉田
15.今野
5.長友
1.川島

戦評

試合前のゆるい空気のまま中々日本のペースに持ち込む事が出来ないまま敗れてしまった。

前半、ペースがあがらないままだったが、後半になって両チームとも国際試合らしい雰囲気になってきたが、ゴールを奪ったのはセルビアだった。

ちょっとづつ寄せが甘くなったところを突破されて簡単にシュートを許してしまった。少し、もったいない失点だった。

その後、徐々にセルビアが守りを固めてきて、中々日本がチャンスを作る事ができなくなってしまった。

交代も、長谷部を最初に下げて、攻撃的な交代策は清武を入れたくらい。

清武自体は悪くなかったが、全体的にペースが上がらない中では大きな働きをする事が出来なかった。

後半途中から、香川が中々ボールに絡めなくなり、岡崎がトップに入った事もありサイドからの流れでシュートという形ができなくなった。
それでも岡崎らしい動き出しからチャンスを作ってはいたが、1トップでは中々持ち味が出しきれなかった。

少し疲れの見える選手もいたし、全体的にコンディションにばらつきがある感じもした。J2で戦っている今野、遠藤。試合に出れていない吉田や香川と、今後に向けて状態が気になる部分が多かった。

あまりいいところなく敗れたセルビア戦。次の試合はベラルーシとの対戦となる。このままベストメンバーで臨むのか、サブのメンバーを少し入れ替えてくるのか!?
アウェイの地とはいえ、それほど力の差のない相手だけにしっかりと勝利をして、11月の遠征で戦う超強豪国のオランダ戦に備えたい。

選手評価
GK 川島 5.5
DF 吉田 5.5
DF 今野 5.0
DF 内田 6.0
DF 長友 5.5
MF 遠藤 5.5
MF 長谷部 5.5
MF 細貝 5.5
MF 本田 6.0
MF 清武 6.0
FW 香川 5.0
FW 柿谷 5.5
FW 乾 -
FW ハーフナー-

関連エントリー
  • 2017年12月17日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs韓国 惨敗で優勝を逃す
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs韓国代表の試合をフジテレビの中継で生中継で観戦しました。試合は、日本がPKで早々に先制するものの、韓国に前半だけで3失点。後半にも1点を失い、1-4で敗れました。
  • 2017年12月13日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs中国代表の試合をフジテレビの中継で録画して観戦しました。試合は、日本がボール支配率で圧倒していたもののゴールがなかなか奪えず。それでも終盤に小林のゴールで先制すると、昌子のロングシュートで突き放し、PKの1失点に抑えて2-1で勝利しました。
  • 2017年12月10日 E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
    E-1サッカー選手権2017 日本代表vs北朝鮮代表の試合をフジテレビの生中継で観戦しました。試合は、日本がボール支配率では上回っていたものの、再三北朝鮮に攻め込まれる苦しい展開。しかし後半ATに井手口のゴールで先制し1-0で勝利しました。
  • 2017年11月15日 ベルギーvs日本 後半の一発で惜敗
    ベルギー代表vs日本代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。試合は、前半を0-0で折り返すが、後半27分にルカクにゴールを決められて1-0で敗戦となりました。
  • 2017年11月11日 日本vsブラジル 悔やまれる前半で完敗
    日本代表vsブラジル代表の試合をテレビ朝日の中継でテレビ観戦しました。前半のPKで先制されると、さらに2失点。後半に入ると、セットプレーから1点を返したものの1-3で完敗となりました。
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6