Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2013年 J2 第21節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 躍動若き力
« イングランド女子vsなでしこジャパン リベンジならずも収穫あり | メイン | ドイツ女子vsなでしこジャパン 高く大きなドイツの壁 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年 J2 第21節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 躍動若き力



絶対J1!

J2第21節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs東京ヴェルディの試合を観戦しにフクダ電子アリーナまで行って来ました。

この日は、日差しも出ていたが雲も出ていて、暑すぎず比較的すごしやすい陽気で、サッカー観戦日和でした。

ゴール裏は黄色一色

C1000マッチデーだったこの試合は、C1000カラーでありジェフカラーのフラッグが先着10000人に配られるなど黄色一色でした。
特にイベント等には参加しなかったが、試合前には本田翼ちゃんからのメッセージもあり盛り上がりました。

この日は「12000人プロジェクト」もやっていて、目標の12000人に到達するかというのもあるが、10000人超えなるかというところでした。

スポンサードリンク

試合経過

試合前の握手をする両チームの選手たち

さて試合です。ジェフの先発はGKに岡本、CBに智とキム、右SBに米倉、左SBに峻希、ボランチに健太郎と大介、右SHに佑昌、左SHに谷澤、2トップに大塚とナムという布陣でした。
ケンペス、兵藤は怪我の為にベンチにも入らず。勇人もベンチスタート。竹内に代わってキムがCBでは初先発となった。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J2第21節 vs東京ヴェルディ 先発フォーメーション
23.ナム
14.大塚
6.田中
8.伊藤
16.佐藤健
39.谷澤
11.米倉
20.キム
5.山口
33.高橋
1.岡本

序盤、いきなりヴェルディに攻めこまれたジェフだったが、なんとか凌ぎきる。

すると、前半5分、ナムがボールカットから一気にゴール前にドリブルで突破。相手DFの間を通してのシュートが突き刺さり、あっさりと先制点を奪う。

ナムのゴールの直後

その後、ジェフはボールを回しながらチャンスを伺う展開に。なかなかシュートまで持ち込めなかったが、前節同様ボールがよく回るようになってきた。

米倉のボールカットから一気にサイドを佑昌と2人で突破するも、最後のクロスが味方に合わず。

ヴェルディのカウンターから、ピンチもあったがなんとかこらえきる。

前半29分のFK。大介のボールにキムがヘディングで合わせるが枠の外。

このままリードして終えるかに思えたが、前半43分ゴール前で混戦となりクリアしきれず。安田に押し込まれて同点に追いつかれる。
前半はこのまま1-1で終了する。

後半早々、谷澤のミドルシュートはGKの正面。

ヴェルディのサイドからの攻撃に峻希がうまくボールを奪えている。

ジェフはセットプレーからのチャンスが続いたもののゴールは奪えないまま。

大介から佑昌へ。佑昌が粘って米倉へパス。米倉のクロスは相手にクリアされる。

後半21分、直前に足をつっていたナムに代えて勇人を投入。大介が右SHに入って、佑昌が前線へ。

その後もジェフの攻撃が続くがなかなかゴールが奪えず時間が過ぎる。

後半34分、谷澤がドリブルで仕掛けて佑昌へ。佑昌のシュートはGKに弾かれるが大塚が大外から詰めてシュート。これが決まって2-1と勝ち越しに成功する。

大塚のゴールの直後

その後ヴェルディの反撃もあったが抑えきる。
終盤には、峻希に代えて大岩、谷澤に代えて慶を投入。

アディショナルタイムにビッグチャンスがあったが追加点は奪えず。試合はこのまま2-1とジェフが勝利した。|

ジェフユナイテッド市原・千葉
2013年 J2第21節 vs東京ヴェルディ 試合終了時フォーメーション
6.田中
14.大塚
8.伊藤
7.佐藤勇
16.佐藤健
13.山口慶
11.米倉
20.キム
5.山口
15.大岩
1.岡本

戦評

試合後場内を一周する選手たち

怪我人の関係もあって、さらにメンバーが変更になった今節。前節にいい動きをみせていた大介と大塚が活躍してくれた。さらに、ナムがJ初ゴールをあげるなど収穫の多い一戦となった。

兵藤らベテラン勢の消耗を考えると、若い選手が台頭してくるのは悪くない。個々数シーズン、なかなか若手がシーズン途中から出てくるという事がなかっただけに、今年は期待してみたい。

前目のメンバーが若返っている事もあり、運動量も終盤まで衰えず。ナムや峻希辺りはよく走っていて、途中交代もやむを得ないだろう。

CBにキムがいる事によって高さの面では安心できるものがある。キムもまだ若いので、まだムラもあるだろうから竹内の出番もまだまだあるだろし、CBのところで誰が入っても変わらないプレーがみせられるのは大きい。智辺りも怪我や出場停止で出られない事があるだろうから。

最近の得点パターンだった米倉のクロス以外のところで得点が奪えたのも今後の収穫になりそうだ。特に大介が攻守にいい働きを見せている。

このヴェルディ戦で前半戦も終了。次節は水曜開催のアウェイカターレ富山戦。さらに日曜日に大一番のホームガンバ大阪戦と続く連戦となる。この連戦をチームとしてもうまく乗り切りたい。相手がガンバとは言え、ここで勝って上位との勝ち点差を詰めておきたいところだ。

なお、「12000人プロジェクト」は目標の12000人には届かなかったものの10000人超えは達成しました。12000人までもう少しでしたね。

選手評価
GK 岡本 6.5
DF キム 6.5
DF 山口智 6.0
DF 米倉 6.5
DF 峻希 6.5
DF 大岩 -
MF 勇人 6.0
MF 大介 6.5
MF 谷澤 6.0
MF 山口慶 -
FW 田中 6.0
FW 大塚 6.5
FW ナム 6.5

ジェフが勝利したという事で試合後にゴール裏で動画を撮っておきました。

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-04-18~2018-04-24

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  2. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  3. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  4. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  5. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  6. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  7. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  8. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  9. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  10. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  11. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  12. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  13. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  14. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  15. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗
  16. 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目
  17. 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
  18. 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利
  19. 2018年シーズン J2順位予想
  20. アルガルベカップ2018 なでしこジャパンvsオランダ女子 ユーロ王者に大惨敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6