Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第25節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 工藤躍動 逆転勝ちで連敗ストップ
« 2018年 J2 第24節 カマタマーレ讃岐vsジェフ千葉 止まらない失点で3連敗 | メイン | 2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 耐え抜いて為田弾で連勝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第25節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 工藤躍動 逆転勝ちで連敗ストップ



PASION

2018年 J2 第25節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsヴァンフォーレ甲府の試合を観戦にフクダ電子アリーナまで行ってきました。日中は暑かったものの、試合の時間は風もあって過ごしやすい気候となりました。

リーグ戦3連敗でむかえたこの試合。さすがに勝たないといけない状況です。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vsヴァンフォーレ甲府 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKロドリゲス、CBに近藤とエベルト、右SBに溝渕、左SBに乾、アンカーに熊谷、ISHに茶島と工藤、右SHに船山、左SHに清武、1トップにラリベイという布陣です。工藤が移籍後初先発となりました。溝渕、清武も久しぶりに先発です。

ジェフは、前半2分、右サイドから溝渕のクロスに乾が頭で折り返す。船山が相手と競り合うがボールはGKがキャッチする。

甲府は前半3分、スローインからワンタッチで裏にボールを出すと堀米が抜け出してシュートも左に外れる。甲府は、前半7にFK。これをはねかえして、カウンターから乾のクロスに清武が頭で折り返すがシュートに持ち込めず。前半9分、工藤からのパスに清武が抜け出しかけるがクリアされる。

試合は一進一退の攻防となるが、前半14分、甲府のFK。金園がエベルトに競り勝ってヘディングで合わせると、ゴール左隅に決まって甲府が先制する。

前半18分、工藤がボールを奪われてシュートに持ち込まれるが右に外れて助かる。前半21分、清武がボールを奪われかけるがこぼれたボールを拾った乾がドリブルで仕掛けて折り返す。ラリベイが受けて戻したボールを茶島がシュート。ニアサイドを抜けてゴールに吸い込まれる。ジェフが同点に追いつく。

茶島の得点後

甲府は前半22分にCK。これは、ジェフがクリアする。甲府は、このスローインからの攻撃でシュートに持ち込むがロドリゲスがキャッチする。

前半29分、清武がミドルシュートもGKの正面となる。甲府は、前半30分、左から突破してシュートもポストに当たる。跳ね返ったボールを拾われてシュートも熊谷がブロックする。前半40分、ラリベイが抜け出してスルーパスも、これをカットされてカウンターに。最後はブロックして守り切る。

前半45分。茶島から工藤にボールを入れると、ラリベイとのワンツーから抜け出して船山へ。船山が触ったボールが僅かに右に外れる。

前半は、このまま1-1で折り返す。

後半早々、甲府は自陣からのFKからヘディングですらしたボールに金園が抜け出してシュートもわずかに左に外れる。さらに、後半4分、甲府は左サイドから折り返したボールをミドルシュート。ロドリゲスがさわれなかったものの、カバーにはいった溝渕がブロックして防ぐ。

甲府は後半11分にCK。小出のヘディングは右に外れる。

後半13分、茶島に代えて矢田を投入する。

ジェフは後半13分にFK。エベルトが前に送るがこれは防がれてCKとなる。つづくCKは、ショートCKからパスを繋ぐが攻めきれず。

試合は、ジェフがペースを握る中で中々チャンスを作れず。後半23分、清武に代えて為田を投入する。

後半35分、左サイドでボールを受けた為田がカットインしてのシュートも防がれる。後半36分、縦パスは相手にカットされるが、こぼれたボールをひろった工藤から右に展開。矢田がボールを受けて右足でクロスをおくると逆サイドで走り込んだ為田がヘディングで会わせる。これがGKの上を抜けてそのまま吸い込まれる。ジェフが逆転に成功する。

為田の得点直後

ジェフは後半39分、溝渕に代えて増嶋を投入する。

甲府が攻め込む時間が多くなるが、ジェフが懸命に守り切る。5分あったATも、相手にチャンスを与えず。試合は、2-1でジェフが勝利した。

vsヴァンフォーレ甲府 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の整列

もうホントに、割り切ってハイラインハイプレスをやり抜くという事が徹底されたゲームでした。ハイプレスで奪いきれなかったり、ミスパスになった場合は攻守の切り替えを早くしてプレスバックで相手を自由にさせない。試合終了後の疲労困憊具合からして、相当の運動量が要求されますが、この試合はやりきりました。

そして、この試合で先発起用された工藤が非常に良かった。エスナイデル体制で何度もチャレンジして、うまくいかなかったアンカーシステムでしたが、工藤が入ってリズムを作った事でこうも機能するとは。流動的にポジションを入れ替えて茶島も相乗効果でいい動きをしていました。これまでと違い、中盤の3人のポジションが近かった事で、攻守に助け合う事が出来たのが良かったと思います。

前半、甲府に先制点を許しましたが、エベルトが競り負けてしまった事が全てでしょう。ボールが飛んだコースも良かったのでGKはノーチャンス。ただ、ここから落ち込まずに切り替えられた事が良かったです。

ジェフの同点ゴールは、乾のドリブル突破から。ラリベイがしっかりとポストで受けて茶島が狙いすましたシュート。VTRで見直してもどこを通ったかわからないようなシュートでした。よく、あの狭いところを通しました。

ジェフの逆転弾は、工藤から。右の矢田に展開してのクロスに、為田が頭で合わせるという珍しいゴール。これがまた甲府の1点目と同じような軌道でゴールに吸い込まれました。シュート数では甲府の方が上でしたが、このゲームではジェフが決定力で上回りました。

もう1度、やり方を整理して、一試合やりきった末の勝利でした。ただ、消耗度は相当なものにも見えました。シュート数も多くなかったので、まだまだこれからかなというところもあります。試合間隔が短いので、メンバーも入れ替えながらという事になると思います。次節、アウェイの新潟戦で、このサッカーが継続出来るかどうかでしょうね。同じようにやりきって勝利できれば、この試合がいいキッカケになったという事になりますが、

選手評価
GK ロドリゲス 6.0
DF エベルト 6.0
DF 近藤 6.0 
DF 乾 6.0
DF 溝渕 6.5
DF 増嶋 - 

MF 茶島 6.5
MF 熊谷 6.0
MF 工藤 6.5
MF 為田 6.5 
FW 船山 6.0
FW 清武 6.0 
FW ラリベイ 6.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-02~2018-12-08

最近のエントリー

  1. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  2. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  3. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  4. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  5. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  6. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  7. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  8. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  9. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  10. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  11. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  12. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  13. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  14. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  15. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  16. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  17. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  18. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  19. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  20. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6