Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2012年 J2 第25節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsヴァンフォーレ甲府 こじ開ける力が足りない【J特】
« U-23日本vsU-23メキシコ 最高の自信を得て本大会へ | メイン | ロンドン五輪 なでしこジャパンvsカナダ女子 好スタート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年 J2 第25節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsヴァンフォーレ甲府 こじ開ける力が足りない【J特】



ビッグジャージ

フクアリまで、ジェフユナイテッド市原・千葉vsヴァンフォーレ甲府の試合を観戦して来ました。

試合前

ちょっと、日中から出歩いて疲れてたので、あまりウロウロせず席でまったりと試合開始を待つ事にしました。

この試合、甲府のマスコットのヴァンくん、フォーレちゃんも来てました。この犬キャラショットはかなり見慣れてきました。

ヴァンくん、フォーレくんは、ハーフタイム(from Aquaタイム)でも、お仕事してましたよ。

ヴァンくん、フォーレちゃんも来たよ

スポンサードリンク

フェアプレーフラッグでも、ヴァンくん、フォーレちゃん登場。なみちゃんも加わって、なかなか豪華です。

フェアプレーフラッグ

試合経過

という事で、あっというまに試合の時間です。

ジェフの先発は、GKに岡本、CBに智と竹内、右SBに慶、左SBに武田、ボランチに勇人と健太郎、右SHに米倉、左SHに深井、トップ下に兵働、トップに藤田という布陣でした。

オリンピックチームの遠征に帯同している大岩のところには、慶を使ってきました。横浜FC戦で先発だった大塚はベンチ外。さらに、この試合からリカルド・ロボがベンチ入りし、代わってオーロイがベンチ外となってます。

ジェフユナイテッド市原・千葉 2012年 J2第25節 vsヴァンフォーレ甲府. 先発フォーメーション
15.兵藤 18.藤田
9.深井 11.米倉
16.佐藤健 7.佐藤勇
23.武田 13.山口慶
5.山口智 3.竹内
1.岡本

試合前の握手をする選手たち

試合は、序盤からジェフがペースを握る展開となる。

立ち上がりからチャンスを作るが、あと一歩ゴールには繋がらず。

CKのチャンスも相手に防がれる。米倉が右サイドからゴールを狙うが、バーに当たってしまう。

深井が左サイドを突破してあげたクロスに米倉が合わせるが、わずかに枠を外れる。

チャンスは作っているが、ゴールをこじ開けられない。

19分、ヴァンフォーレにボールを奪われ、最後はダヴィに決められて先制点を許してしまう。

ここまで勢いのあったジェフだが、先制点を許した後は、なかなか思うように攻撃ができなくなってしまう。

なんとか、ヴァンフォーレのプレッシャーをかいくぐってチャンスに繋げたかったが、前半のうちに同点に追いつく事は出来ず。

ヴァンフォーレに1点をリードされて、前半を終える。

後半、1点を追うジェフが攻勢に出るものの、なかなか状況を高い出来ず。

ヴァンフォーレがうまく守備ブロックを作ってジェフの攻撃を潰している。

状況が好転せず、ジェフは藤田に代えてリカルド・ロボを投入する。

米倉、兵働、ロボがからんで必死の反撃をみせるが、1点が遠い。

ジェフのCKのチャンス

後半24分、深井に代えて佑昌を投入する。

後半29分には、右サイドの山口慶からのクロスにロボがヘディングで合わせるがゴールならず。

後半34分には、慶に代えて荒田を投入。佑昌をサイドバックに回してより攻撃的な布陣へ。

だが、このあとは、低い位置からのロングボールを入れる展開が多くなり。逆に攻めあぐねる展開になる。

この日はオーロイもおらず、なかなか前線でも競り勝てず。少ないチャンスも相手の守備がハマって、得点が遠い。

結局、前後半あわせてシュート15本の猛攻も実らず。悔しい敗戦となった。

ジェフユナイテッド市原・千葉 2012年 J2第25節 vsヴァンフォーレ甲府. 試合終了時フォーメーション
14.荒田 35.ロボ
15.兵藤 11.米倉
16.佐藤健 7.佐藤勇
23.武田 19.田中
5.山口智 3.竹内
1.岡本

試合後の整列

戦評

6月のホームでの敗戦を受けて、ヴァンフォーレがアウェイフクアリでなんとしても勝ちに出て来た。本来得意なはずのボール回しを封印して、しっかりとブロックをつくってジェフの攻撃を跳ね返し続けた。

丁度、ジェフが対京都戦でやったように、いつもとは違うサッカーで挑んできた。それでも、先制点を奪われるまでは、ジェフが圧倒する展開で、そこでゴールが奪えればヴァンフォーレのプランは崩れるはずだったのだが・・・。

ダヴィの1発で相手のプランがより明確になり、逆にジェフは苦しくなった。少し、攻撃が単調になってしまったかな!?

追いかける展開で、相手の守備陣をこじ開けるだけの力がまだ足りない。後半ロスタイムにゴールを奪って同点や逆転なんて、いつ以来か見ていない気がする。

この日ジェフデビューとなった、ロボもまだまだフィットしていない印象だった。オーロイをベンチ外にして放り込みサッカーをやった意味もわからず。

佑昌をSBにしたなら、もっとサイドを崩してという展開に持ち込みたかったのだが。

ただ、相手も見事にホームでの借りを返した形になり。アウェイのゴール裏も多くのヴァンフォーレサポーターが訪れた。そのおかげで、フクアリは今期最高の人出となった。相手も見事。

これで、ヴァンフォーレが2位で、ジェフは3位後退になった。ま、それでも前節の大分のように6位まで落ちなくてよかっただろう。

浦和から高橋峻希が加入して、右SBは層が厚くなったが、それをどかまで生かせるか!?

首位を奪い返した次の試合で勝てない。毎節毎に首位が入れ替わる展開。とにかく今は負けても連敗しない事。できるだけ、首位戦線に喰らいつくいて行く事。最後の最後で、2位以内に滑りこむ事だと思う。

決して、勝負強いとはいえない今のジェフではプレーオフを勝ち抜いてJ1へという流れは、考えない方がいい。2位以内を狙うほうが堅実だろう。

後半戦は、ジェフのホームゲームが多いことは救いだ。ヴァンフォーレ相手にホームで負けたが、それでもアウェイでの試合よりはホームの試合が多い方がいい。

次節のアウェイ岡山戦をしのいで、8月戦線に繋げたい。

選手評価
GK 岡本 6.0
DF 竹内 6.0
DF 山口智 6.5
DF 武田 5.5
DF 山口慶 5.5
MF 勇人 6.0
MF 健太郎 6.0
MF 兵働 6.0
FW 深井 5.5
FW 藤田 5.5
FW 米倉 6.0
FW ロボ 5.5
FW 田中 5.5
FW 荒田 5.0

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2020-01-11~2020-01-17

最近のエントリー

  1. 第98回 高校選手権 決勝 青森山田vs静岡学園 痛恨の逆転負けで連覇を逃す
  2. 第98回 高校選手権 準決勝 青森山田vs帝京長岡 青森山田が接戦を制して決勝進出
  3. 第98回 高校選手権 3回戦 青森山田vs富山第一 4発快勝でベスト8進出
  4. 第98回 高校選手権 2回戦 青森山田vs米子北 後半爆発で圧勝スタート
  5. E-1サッカー選手権 日本vs香港 小川のハットトリックで5発大勝
  6. E-1サッカー選手権 中国vs日本 2発快勝スタート
  7. 2019年 J1 第33節 ベガルタ仙台vs大分トリニータ 2発完勝で残留を決める
  8. 2019年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC 勇人ラストマッチは苦い敗戦
  9. 日本vsベネズエラ 悪夢の4失点で惨敗
  10. U-22日本代表vsU-22コロンビア代表 試合巧者のコロンビアに完敗
  11. 2019年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 最終盤での失点で惜敗
  12. 2019年 J2 第40節 ジェフ千葉vs東京ヴェルディ 攻め合う展開もスコアレスドローに終わる
  13. 2019年 J2 第39節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 船山の1G1Aで快勝
  14. 2019年 J2 第38節 レノファ山口FCvsジェフ千葉 アランのゴールで逆転も再逆転負け
  15. 2019年 J2 第37節 ジェフ千葉vs柏レイソル 順位通りの差で完敗
  16. カタールW杯 アジア2次予選 タジキスタンvs日本 南野の2発で突き放し勝利
  17. 2019年 J2 第36節 V・ファーレン長崎vsジェフ千葉 堀米ブーストで快勝
  18. カタールW杯 アジア2次予選 日本vsモンゴル 実力差をみせつけ完勝
  19. 2019年 J2 第35節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 1度は追いつくも大量失点で完敗
  20. 2019年 J2 第34節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 決定力に欠きスコアレスドロー

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6