Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 耐え抜いて為田弾で連勝
« 2018年 J2 第25節 ジェフ千葉vsヴァンフォーレ甲府 工藤躍動 逆転勝ちで連敗ストップ | メイン | 2018年 J2 第27節 ジェフ千葉vs松本山雅FC 現時点での力の差が出て完敗 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフ千葉 耐え抜いて為田弾で連勝



PASION

2018年 J2 第26節 アルビレックス新潟vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNでテレビ観戦しました。

3連敗からようやく連敗ストップとなったアウェイゲーム。ここで連勝すれば流れに乗れるかもしれない大事な一戦です。

スポンサードリンク

試合経過

vsアルビレックス新潟 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKにロドリゲス、CBに近藤と鳥海、右SBに真希、左SBに乾、アンカーに熊谷、ISHに茶島と工藤、右SHに船山、左SBに為田、トップに指宿という布陣です。連戦でもありメンバーを入れ替えてきました。

ジェフは前半3分、船山が右サイドから抜け出して突破しシュートもGKに防がれる。さらに前半8分、乾から左に展開して為田が突破しておりかえす。相手のクリアボールが中に入って、船山の前に溢れる。これを冷静に蹴り込んでゴール。ジェフが先制点を奪う。

しかし、その直後の前半9分、新潟は裏にボールを出すと田中が右サイドを突破して折り返すと、矢野が決めてゴール。すぐさま同点に追いつく。

膠着した試合になるが、前半17分新潟のFK。ヘディングシュートはロドリゲスがセーブする。さらに前半24分、新潟は田中が右サイドを突破してクロス。矢野が頭で合わせるが上に外れる。

ジェフは、前半26分。近藤からのフィードを受けた船山がが右サイドを突破するが折返しはブロックされる。

前半33分、新潟は高木が裏に抜け出してシュートもロドリゲスがブロックする。さらに、こぼれたボールを田中がシュートもロドリゲスが防ぐ。その後も新潟の攻勢が続くが、ここはなんとか凌ぎ切る。

前半は、このまま1-1で折り返す。

後半は新潟が押し込む展開となる。後半5分には右サイドを突破した戸嶋からのクロスに矢野が合わせるが右に外れる。さらに、後半8分にも右からのクロスに矢野が合わせるがポストに当たってしまう。

ジェフは後半9分、為田が左サイドを突破して折り返すが指宿はシュート打てず。

ジェフは後半11分、指宿に代えてラリベイが入る。さらに、後半13分、工藤に代えて矢田を投入する。

ジェフは後半16分、右サイドで船山が受けて真希にスイッチ。右サイドを突破してクロスをあげる。ラリベイが競ったボールのこぼれを受けた矢田が反転してシュートも枠を外れる。

新潟は後半18分、小川のミドルシュートはロドリゲスが止める。後半19分にも新潟が右から攻め込んで高木がシュートもロドリゲスの正面となる。後半29分、新潟のCKからファーで原が合わせるが枠を外れる。

後半35分、負傷した熊谷に代えて勇人を投入する。

ジェフは後半36分、船山が右サイドを突破して折り返したボールにラリベイが飛び込むが跳ね返される。後半38分、新潟のミスパスをひろった為田がそのまま突破してシュート。ニアを抜いてゴールが決まり、ジェフが勝ち越す。

新潟が攻めてジェフが跳ね返す展開が続く。後半43分、為田がボールカットから左サイドを突破してスルーパス。ラリベイが抜け出してシュートもGKに防がれる。

後半48分、新潟のCK。ヘディングシュートは、カバーに入っていた茶島が胸に当てて防ぐ。さらに、新潟のCKが続くが、これはクリアする。

試合はこのままジェフが逃げ切り、1-2で勝利した。

vsアルビレックス新潟 試合終了時メンバー

戦評

どちらかというと攻め込まれる時間が長かったゲームでした。序盤は船山が抜け出すチャンスもあり、先制点も奪えたのですが、あっさりと同点に追いつかれてしまいました。その後も、新潟に再三決定機を作られてしまいます。ロドリゲスのビッグセーブ連発。新潟のシュートがことごとく外れてくれたおかげもあり、失点しないまま時間が過ぎました。

決勝ゴールは、完全に新潟のミスパスから。為田がそのまま突破してシュート。ニアサイドをぶち抜いてのゴールで勝ち越しました。角度がない中で、あそこを狙うのは凄い。為田は2試合連続での決勝ゴールとなりました。これは大きいですね。

水曜日にもゲームがあったうえに、この日の新潟は酷暑という事もあり、ジェフの方はかなり動きが悪かったように思います。甲府戦で大活躍だった工藤も、なかなかボールにさわれずリズムが作れませんでした。ミスパスもあって、走って戻る事が多かったこともありかなり疲弊したゲームになりました。最後、DFラインの選手たちはほとんど足がつってました。さらに、熊谷も負傷で交代してしまって、よく最後は守りきったなという感じです。試合が終わって、倒れ込む選手が多い中で為田は涼しい顔していましたね。

今シーズン平日にゲームがあるのは甲府戦が最後となるので、ここまで疲弊した状態のゲームはないでしょうが、ハイプレスを継続するのはやはり大変だなというのがわかるゲームでした。次節は首位の松本が相手です。ジェフの弱点はわかっているでしょう。ジェフがプレスで圧倒するか、松本の狙いがハマるか。3連勝すれば、ようやく勢いにのっていける気がするのですが。

選手評価
GK ロドリゲス 7.0
DF 近藤 6.0
DF 鳥海 6.0
DF 乾 5.5
DF 真希 5.5
MF 熊谷 5.5
MF 勇人 
MF 茶島 5.5
MF 工藤 5.5
MF 矢田 6.0 
MF 為田 7.0
FW 指宿 5.5
FW 船山 6.5
FW ラリベイ 6.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. ジェフユナイテッド2019
  2. 2019年シーズン J1順位予想
  3. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン後半
  4. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半
  5. ちばぎんカップ2019 柏レイソルvsジェフ千葉 白熱の一戦はPK勝利
  6. ジェフ千葉「2019キックオフフェスタ」楽しんできました
  7. TG ジェフ千葉vs城南FC
  8. アジアカップ2019 決勝 日本vsカタール 意地の1点も完敗で優勝を逃す
  9. アジアカップ2019 準決勝 イランvs日本 激闘制してアジア最強を破る
  10. アジアカップ2019 準々決勝 日本vsベトナム 辛勝ながらも無難に準決勝進出
  11. アジアカップ2019 ラウンド16 日本vsサウジアラビア 冨安の一撃で準々決勝進出
  12. アジアカップ2019 日本vsウズベキスタン 逆転勝利でグループリーグ首位突破
  13. 第97回 高校選手権 決勝 青森山田vs流通経済大柏 逆転勝利で2度目の優勝
  14. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  15. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  16. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  17. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  18. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  19. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  20. 2018年 観戦記録まとめ

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6