Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー
« 2018年 J1 第2節 FC東京vsベガルタ仙台 鬼門の味スタで勝利 | メイン | 2018年 J2 第3節 ジェフ千葉vsFC岐阜 打ち合いに敗れ2敗目 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年 J2 第2節 ジェフ千葉vs水戸ホーリーホック 圧倒するもスコアレスドロー



PASION

2018年 J2 第2節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs水戸ホーリーホックの試合を観戦にフクダ電子アリーナまで行ってきました。風は強かったものの、気温は上がって随分と暖かく感じました。ホーム開幕戦としては、絶好の観戦日和となりました。

ジェフは前節、増嶋退場もあり10人での時間が長くなり、1度は追いついたものの最後はCKから失点して敗れました。J1昇格を目指すなら連敗は絶対に避けなければなりません。ホーム無敗は継続中なので、ここで勝ち点を取りたいですね。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vs水戸ホーリーホック 先発メンバー

ジェフの先発メンバーは、GKにロドリゲス、CBにエベルトと鳥海、右SBに真希、左SBに高木、アンカーに熊谷、ISHに茶島と矢田、右SHに町田、左SHに為田、トップにラリベイという布陣でした。近藤が足に違和感があってベンチ外。増嶋も出場停止で、今季初出場のエベルトと前節途中出場の鳥海のコンビニなりました。その他は前節と変わらず。ベンチには、清武、杉山が入って溝渕、船山が外れています。

試合開始からジェフが攻勢に出ます。まずは前半3分、右サイドから町田がいれたボールをラリベイがひろって為田へパスも先にGKが抑えます。

水戸は、前半4分にCKも、これは跳ね返します。

ジェフは前半6分、為田がカットインからのシュート。これは相手に当たって枠を外れます。続く、ジェフのCK。高木がニアで落としてラリベイがヘディングもGKが防ぎます。こぼれ球を狙うもの、ブロックされます。

さらにジェフは前半9分に、茶島がミドルシュートも僅かに右に切れていきます。前半13分には、熊谷がペナルティエリアを縦に突破。折り返しに為田が合わせるものの相手に当ててしまいゴールならず。

水戸は、前半22分、前半30分とCKも、しっかりと跳ね返します。ジェフは、前半31分、為田のミドルシュートも上に外れます。さらに、町田からのボールをラリベイが落として茶島が突破。スルーパスから為田のシュートはブロックされます。前半33分には、高木のボール奪取から、最後は高木が受けてクロスもGKがキャッチします。前半36分には、矢田が右サイドへ展開。右からの町田のボールははねかえされるが、これをひろって茶島がボールを入れるがGKがおさます。

水戸はバイアーノがボールをキープしながらスルーパス。裏に抜け出されるが、ロドリゲスがうまくボールを抑えてしのぎます。

前半はゴール生まれず、0-0で折り返します。ジェフは、エスナイデル監督がペットボトルを投げつけて退席処分となってしまいました。

後半7分、ジェフのCKは、GKがキャッチします。その後、水戸にチャンスをつくられるが、これは守りきります。

ジェフは、後半15分、左からの矢田のクロスに町田がヘディングで合わせるも枠を外れます。

後半16分、為田に代えて清武を投入します。

後半16分、水戸の攻撃も最後はオフサイドに。さらに、後半18分に水戸のCK。一度ははねかえすものの、バイアーノのシュートはロドリゲスが懸命にはじきだします。後半19分、水戸のFK。こぼれたボールはロドリゲスが抑えます。

後半23分、ジェフのCK。ニアでラリベイがヘディングで合わせるもブロックされます。

後半25分、真希に代えて指宿を投入します。熊谷がCBに下がって3バックに。右に清武、左に高木、矢田と茶島がボランチ。町田がトップ下、ラリベイと指宿の2トップとなります。

後半30分、ジェフのCKはクリアされます。後半31分には、右からのクロスに清武が頭で押し込むもファウルとなりノーゴールの判定。

水戸は後半34分、右サイドからバイアーノが突破。左に展開してスルーパスからシュートを決められるが、オフサイドとなり助かります。後半38分、水戸のミドルシュートは上に外れます。

後半39分、茶島に代えて小島を投入します。

水戸は、後半43分にもミドルシュートも、上に外れます。

後半46分、町田のシュートは防がれます。後半46分のジェフのCK。鳥海が頭で合わせるも枠を外れます。

試合は、このままゴールが生まれず。スコアレスドローに終わりました。

vs水戸ホーリーホック 試合終了時メンバー

戦評

試合終了後の握手をする選手たち

試合内容としてはジェフが圧倒する展開となりましたが、最後のところで決めきれず。水戸相手にスコアレスドローに終わりました。

特に前半は、ポゼッションでも圧倒していましたし、チャンスも多く作れました。CKからのラリベイ。さらには、熊谷の突破から為田。決定的チャンスを多く作りました。この前半にゴールが奪えればかなり楽な展開だったとは思います。後半もポゼッションでは上手まわったものの、水戸にもチャンスを作られる事が多くなりました。水戸の決定力不足にも助けられましたが、無失点に抑えきっています。しかしながらも後半もゴールが奪えませんでした。清武が頭で押し込んだ場面が最大のチャンスでしたが…。

ヴェルディ戦では10人での戦いという事で、特に後半はなかなか主導権がにぎれませんでしたが、この試合は11人でしっかりとジェフらしいサッカーは出来ていたと思います。相手のプレスをはがして、逆にジェフのプレスはよくハマっていました。ボールも人も動いてチャンスを多く作れたところまでは良かったと思います。最後のワンプレーが若干雑になってしまったかなというところと、水戸の松井が当たっていた事も不運でした。

ヴェルディ戦では10分で交代となった町田が奮起。数多くのチャンスに絡みましたが、ゴールは奪えず。茶島の推進力、矢田の機動力と中盤での構成は悪くはないと思います。でも、ここに船山がいたらまた一つ違うのかなという気もしました。為田も中に切れ込むシーンは多かったものサイドを突破してクロスという場面は少なかったと思います。

2試合終わって勝ち点1は残念ですが、開幕戦で3-0で山形に圧勝していた水戸相手にほとんどの時間帯で押し込む展開が出来たので、内容的には悪くありませんでしたから、後は点を取るだけだと思います。3月はホームゲームが多いだけに、ここでなるべく勝ち点を稼いでいきたいところです。

次節はエスナイデル監督はベンチ入り出来ませんが、そこまで大きな影響はないかなと思います。相手は岐阜。昨年ホームで2敗のうちの1敗。ホームでの戦いでは一番悪いゲームだったかもしれません。今年はリベンジという事もあるし、ホームでの無敗は続けていきたいところで、今シーズン初勝利を奪いたい相手です。

選手評価
GK ロドリゲス 6.5
DF エベルト 6.0
DF 鳥海 6.0
DF 高木 6.0
DF 真希 5.5
MF 熊谷 6.5
MF 町田 6.0
MF 矢田 6.0
MF 茶島 6.0
MF 為田 5.5
MF 清武 5.5 
MF 小島  -
FW ラリベイ 5.5
FW 指宿 5.0

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年シーズン J1順位予想
  2. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン後半
  3. 2018年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半
  4. ちばぎんカップ2019 柏レイソルvsジェフ千葉 白熱の一戦はPK勝利
  5. ジェフ千葉「2019キックオフフェスタ」楽しんできました
  6. TG ジェフ千葉vs城南FC
  7. アジアカップ2019 決勝 日本vsカタール 意地の1点も完敗で優勝を逃す
  8. アジアカップ2019 準決勝 イランvs日本 激闘制してアジア最強を破る
  9. アジアカップ2019 準々決勝 日本vsベトナム 辛勝ながらも無難に準決勝進出
  10. アジアカップ2019 ラウンド16 日本vsサウジアラビア 冨安の一撃で準々決勝進出
  11. アジアカップ2019 日本vsウズベキスタン 逆転勝利でグループリーグ首位突破
  12. 第97回 高校選手権 決勝 青森山田vs流通経済大柏 逆転勝利で2度目の優勝
  13. アジアカップ2019 オマーンvs日本 微妙な判定も勝利しグループリーグ突破
  14. 第97回 高校選手権 準決勝 尚志vs青森山田 大激戦を制して青森山田が決勝へ
  15. アジアカップ2019 日本vsトルクメニスタン 大迫2発堂安決勝点も辛勝スタート
  16. 第97回 高校選手権 準々決勝 青森山田vs矢板中央 堅守突破逆転でベスト4進出
  17. 第97回 高校選手権 3回戦 青森山田vs大津 鬼門突破、完勝でベスト8へ
  18. 第97回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2年連続圧勝スタート
  19. 2018年 観戦記録まとめ
  20. 第40回皇后杯 ジェフレディースvsINAC神戸 延長後半で力尽きる

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6