Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編
« 第96回 高校選手権 3回戦 青森山田vs長崎総科大付属 猛攻実らず鬼門の3回戦に泣く | メイン | 2017年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編



ジェフユナイテッド市原・千葉

今更ですが、2017年シーズンの振り返り ジェフ千葉編をやりたいと思います。まずは、ポジション別の振り返りか。

GK編

GKは、開幕時からずっと佐藤優也がレギュラーでした。エスナイデル監督のハイラインに広大な守備範囲をまかされて、ある意味おもしろいGKとなってしまった感があります。

スポンサードリンク

サブには、山本海人が収まっていましたが、ほぼ出場機会なく。あのハイライン戦術に対応出来たのは結局優也だけだった事になります。その優也も、ところどころでミスがらみの失点もあり、途中加入のルイス・オヘーダにポジションを奪われる事になりました。ただ、チームとしての調子も悪かった事もあり、オヘーダがGKをやるようになってからずっと勝てずにいてしまいました。

結局、最後は再び優也がポジションを奪い返すかたちとなりました。終盤戦は、当初ほどのハイラインでなくなった事もあり優也の負担も大分減った感もあります。7連勝中には福岡戦でのPKストップのビッグセーブもあり調子にのっていました。

ただ、最後の最後プレーオフでは、優也のミスから2失点目。これが響いてプレーオフは敗退となりました。よりによってこんなところでという感じでしたが、今シーズンずっとハイライン・ハイプレスをささえた功労者でもありますからね。

一方で、岡本と大野は出場機会なくシーズンを終えました。チームの生え抜きである岡本はベンチにも入れない状況でした。エスナイデル監督の戦術との相性で優也に分があったという事になりますが、まだまだGKとしては出来る年齢ですからね。移籍を決断したのもわかる気がします。

CB編

開幕時は3バックでスタートしました近藤に新加入の西野、右CBには多々良が入っていました。ただ、ハイラインのコントロールには苦しんでいました。当然ながら裏を狙われる事も多く、西野は足が襲い事もあり裏を狙われる事が多かった気がします。それに、序盤戦では足をつって途中交代というのもありました。右CBには若狭が入る事もありましたが、安定しませんでした。

途中加入のキム・ボムヨン加入後は、左CBに入る事になりました。第9節以降は4バックに変更。当初は、近藤と若狭のコンビでしたが、途中からは近藤とボムヨンのコンビに変わりました。近藤の安定感と、ボムヨンの左足のフィードとの組わせの方を選んだ事になります。怪我や出場停止を除いては2人のコンビが基本となりました。

ボムヨンは4バックのCBは未知数で、本来ならばサイドの選手。軽率なプレーでピンチを招いたりした事もありましたが、エスナイデル監督は根気強く使い続けました。結果的には、CBとしても成長したとは思います。近藤とのコンビも盤石でした。終盤戦では足を痛めながらの出場が続いた近藤を助けてよく走り回っていたと思います。

今シーズン期待された岡野は、途中、何度か出場機会がありながらも先発としては定着できず。やはり、若さが裏目にでてしまったところもあります。2018年シーズンも強力なCBの中でどれだけ出場機会があるかわかりませんが、岡野がもっと成長してくれるとかなり層が厚くなるのですが。

WB、SB編

当初は3バックで、左にサリーナス、右に北爪が基本布陣でした。ただ、この2人はあまり活躍出来なかった気がします。その後、4バックに以降後は右に北爪、左にキム・ボムヨンが入る事になりました。さらに、右サイドで起点をつくるために山本真希が右SBで起用されました。

山本真希は本職でないながらも、エスナイデルが期待したであろうクロスの精度で貢献したものの怪我がちな事もあり十分な活躍が出来たとはいえないシーズンでもありました。山本真希が負傷ではなれている間は、北爪ではなく溝渕が起用されるようになりました。最後の連勝中も、山本真希がいない右SBを溝渕がよくうめてくれたと思います。溝渕の良さでもある無尽蔵なスタミナで上下動をくりかえし、CBのカバーリングをしたかと思えば右サイドの高い位置をとるなど貢献しました。ただ、クロスの精度はもう少し欲しかったですね。

左は、ボムヨンがCBに入ってからは乾がメインで起用されるようになりました。長身でありながらも絶妙なドリブルだったり、クロスの精度もまずまず。プレスをかけられたときは、サイドで乾のところに逃げれるので大分楽になりました。ただ、シーズン終盤の大怪我で最後は比嘉が左SBにおさまりました。乾のいない穴をうめてくれましたが、乾の穴を完全に埋める事も出来なかった事で、このポジションは補強ポイントとされたのでしょうね。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. 2019年 J3 第20節 ブラウブリッツ秋田vsカターレ富山 AT被弾で引き分けに終わる
  2. 2019年 J2 第27節 ジェフ千葉vs愛媛FC 2点リードも守りきれず痛恨の逆転負け
  3. 2019年 J2 第26節 鹿児島ユナイテッドFCvsジェフ千葉 後半失速で逆転負け
  4. 2019年 J2 第25節 FC琉球vsジェフ千葉 クレーベ2発で快勝
  5. 2019年 J2 第24節 ジェフ千葉vs横浜FC 為田のゴールで先制もセットプレーからの3失点に沈む
  6. 2019年 J2 第23節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 3発快勝
  7. 2019年 J2 第22節 FC岐阜vsジェフ千葉 土壇場で追いつき後半戦引き分けスタート
  8. 2019年 J2 第21節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 防戦一方で辛くも勝ち点1を得る
  9. コパ・アメリカ2019 エクアドルvs日本 引き分けでグループリーグ突破を逃す
  10. 2019年 J2 第20節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 終盤の失点で連敗
  11. 2019年 女子W杯 ラウンド16 なでしこジャパンvsオランダ女子 若きなでしこ終了間際のPKに散る
  12. 2019年 J2 第19節 柏レイソルvsジェフ千葉 何も出来ずに衝撃的なダービー完敗
  13. コパ・アメリカ2019 ウルグアイvs日本 三好の2得点も引き分けに終わる
  14. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsイングランド女子 イングランドの牙城崩せず
  15. コパ・アメリカ2019 日本vsチリ 大敗スタート
  16. 2019年 J2 第18節 ジェフ千葉vs鹿児島ユナイテッドFC クレーベ船山弾でユナイテッドダービーを制す
  17. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsスコットランド女子 岩渕、菅澤弾で今大会初勝利
  18. 2019年 女子W杯 なでしこジャパンvsアルゼンチン女子 痛恨のスコアレスドロー
  19. 日本vsエルサルバドル 永井2ゴールで快勝
  20. 2019年 J2 第17節 栃木SCvsジェフ千葉 見せ場少なくスコアレスドロー

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6