Top > 話題別 > 日本代表 > ベルギーvs日本 後半の一発で惜敗
« 2017年 J2 第41節 名古屋グランパスvsジェフ千葉 ハイプレスで圧倒し完全アウェイで快勝 | メイン | 2017年 J2ラスト1 »

ベルギーvs日本 後半の一発で惜敗

2017年11月15日

日本代表

欧州遠征 ベルギー代表vs日本代表の試合をテレビ朝日の中継を録画してテレビ観戦しました。

欧州遠征の第2戦。ブラジル相手に完敗した次の試合という事で、どこまで修正図れているか、欧州の強豪相手にどこまでやれるのかというところでした。

スポンサードリンク

試合展開

日本の先発は、GKに川島、CBに吉田と槙野、右SBに酒井宏、左SBに長友、アンカーに山口蛍、ISHに長澤と井手口、右SHに浅野、左SHに原口、1トップに大迫という布陣でした。長澤が日本代表初出場となりました。浅野が先発で起用されています。

vsベルギー代表 先発メンバー

前半2分、長澤からの浅野へのパスで抜け出して折り返すが、これはクリアされる。日本のCKとなるが、競り合ったボールはラインを割る。日本は、前半4分にもCKもクリアされる。

ベルギーは、前半7分、ドリブルで突破からのシュートは川島の正面となる。さらに前半13分、日本のミスパスからベルギーのカウンターとなる。アザールのパスにルカクが飛び込むがここは川島がさわってDFがクリアする。ベルギーのCKとなるが、これは逆サイドに流れる。

ベルギーは前半18分、左からのクロスにルカクが頭で合わせるが枠には飛ばず。

日本は前半20分にFKも、これは跳ね返さえる。

ベルギーは前半21分、右サイドからのクロスにシュートを打たれるが川島が弾き出す。対する日本は、前半26分、右サイドから酒井のクロスに大迫がヘディングで合わせるが枠を外れる。

前半29分、ベルギーのFK。競り合って浮いたボールは川島がキャッチする。前半31分、槙野のクリアボールに浅野が抜け出してダイレクトシュートもGKがキャッチする。前半33分、ベルギーはビツェルがミドルシュートもブロックする。さらに、前半35分、左からのクロスにルカクが狙うが川島が抑える。

日本は、前半36分、長友のクロスに浅野が反応するがさわるだけとなる。前半40分、日本のFK。吉田が頭で合わせるが枠には飛ばず。

前半は、このまま0-0で折り返す。

後半早々の1分、ベルギーが右からのクロス。頭でクリアしたボールをミドルシュートも上に外れる。

日本は、後半9分、大迫が左からのミドルシュートも上に外れる。この後、膠着状態となるが、後半16分にベルギーのCK。ショートCKからのクロスは川島がキャッチする。

後半17分、長澤に代えて森岡を投入する。

後半21分、ルカクのシュートはDFに当たって外れる。続くベルギーのCKは、なんとか跳ね返す。

後半23分、浅野に代えて久保を投入する。

日本は、後半25分に森岡がシュートもGKがおさえる。逆にベルギーは、後半27分ドリブルで切り裂かれてクロスをあげられるとルカクに頭で合わせられてゴールを許す。ベルギーが先制する。

後半29分、大迫に代えて杉本を投入する。

後半31分、杉本が抜け出してシュートもGKに防がれる。

後半33分、原口に代えて乾が投入される。すると、その乾がカットインからのシュートも、GKに防がれる。このCKからのはねかえりを長友が森岡に送るが合わず。

後半36分、ベルギーの折り返しからのシュートはブロックする。

後半40分、酒井宏樹がやや足を痛めて酒井高徳とう交代する。

後半42分、ベルギーのシュートは左に外れる。

試合は、なかなかチャンスが作れず。このまま1-0でベルギーが勝利した。

vsベルギー代表 試合終了時メンバー

戦評

前半、ベルギーの攻撃を押さえ込んで0-0で折り返したものの、日本もチャンスらしいチャンスはなくあまり良かったとは言えず。後半になって、ベルギーの攻撃が鋭さが増したものの、これをしのいで日本もチャンスを作ったものの、ルカクの一発に沈みました。

失点の場面は、ドリブルでペナルティエリア外が運ばれてしまってクロスを上げられました。ついていってたのが久保と森岡でペナの外で潰せなかったのが痛かったですね。吉田が待っていましたがスピードに乗られていた事もあり、あっさりと抜かれてしまいました。あの場所だとファウルも出来ないの難しかったと思います。楽にクロスをあげられると、ルカクについていたのは長友でミスマッチでした。あの場面は、完全に崩されてしまいました。

日本はプレッシャーをかけてボールを奪って攻撃に結びつけたかったのですが、マイボールになってからの判断が遅かったりミスパスになったりで、なかなか効果的な攻撃になりませんでした。こうはんは、ベルギー陣内での攻撃も増えましたがシュートは尽くGKに防がれてしまいました。1本決めていれば違った試合になったのでしょうが。

日本はブラジル戦に比べれば守備では良くなっていたものの、攻撃面では物足りなさが残りました。大迫のところで、もう少し収めたかったとろろです。なかなか前で収まらないと攻撃にスピード感がでてきません。ベルギーも、この前の試合でメキシコとやっていた事もあり、日本のアジリティにもよくついていっていたと思います。スピードの部分で揺さぶれなかったのは日本としては痛かったと思います。

この試合が、初キャップとなった長澤。非常に落ち着いていて初キャップとは思えない感じでした。ただ、初代表という事もあり、まだ持ち味は出せずじまいだったかなと思います。なかなか、いいパスが回って来ませんでした。大迫とは元チームメイトだし欧州組とは何人かとは面識はあるでしょうから、すんなりと馴染めたのもわかる気がします。長澤はいい印象は残せたと思いますが、まだまだこれからでしょうね。

日本は、12月のE-1FINALがありますが、国際Aマッチデーではないんで国内組主体となるでしょうから、本格的に集まって試合をするのは来年になります。W杯決定後の試合でまだいい印象がないだけに残された時間でどれだけ精度を上げていけるかという

選手評価
GK 川島 5.5
DF 吉田 5.5
DF 槙野 6.0
DF 長友 5.5
DF 酒井宏 5.5
DF 酒井高 - 
MF 山口 6.0
MF 井出口 5.5
MF 長澤 6.0 
FW 久保 5.0
FW 原口 5.5 
FW 浅野 5.5  
FW 乾 6.0
FW 大迫 5.5
FW 杉本 6.0

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。