Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第28節 ジェフ千葉vs湘南ベルマーレ 終始圧倒も一発に沈む
« 2017年 J1 第22節 ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島 気迫の攻め奥埜の1点でベガルタ勝利 | メイン | 2017年 J2 第29節 モンテディオ山形vsジェフ千葉 ラリベイ逆転弾も水の泡 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 J2 第28節 ジェフ千葉vs湘南ベルマーレ 終始圧倒も一発に沈む



Pasion 力戦奮闘

2017年J2第28節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs湘南ベルマーレ の試合観戦で、フクダ電子アリーナまで行ってきました。

時折小雨というか霧雨のような雨が降る天候で、気温もこの時期としてはあまり上がりませんでした。連勝で迎えた首位湘南ベルマーレとの対決。アウェイでの敗戦からの成長を見せてほしいところです。

スポンサードリンク

円陣ダッシュ

試合経過

vs湘南ベルマーレ 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤、ボムヨン、右SBに溝渕、左SBに乾、アンカーに熊谷、ISHに町田と矢田、右SHに船山、左SHに清武、1トップにラリベイという布陣でした。先発は変わらず。

ジェフは、前半3分、清武のロングスローからの攻撃はシュートに持ち込めず。前半5分には、清武から右に大きく展開すると、これを受けた船山が抜け出してシュートもポストに当たり枠を外れる。

湘南は、前半7分にCK。ショートCKから戻してシュートも、大きく枠を外れる。

前半12分、ジェフのCK。これは直接ラインを割ってしまう。前半13分には、清武から町田、ラリベイとわたって、町田がダイレクトシュートも防がれる。

さらに、前半16分には、ボムヨンからのサイドチェンジから溝渕が折り返して船山が頭で合わせるがGKに防がれる。これを拾って、サイド右から溝渕が折り返すが船山のシュートは枠を外れる。

前半20分、ジェフのFK。清武が直接狙うが弾き返される。前半23分には、右から町田のクロスに清武がボレーで狙うがバーに当たってしまう。これをひろって清武が戻したボールに矢田がシュートもGKの正面となる。

前半26分、湘南のFK。これは、優也が弾き返す。

ジェフは、前半27分、清武がミドルシュートも枠を外れる。さらに、前半34分、ラリベイが反転してシュートもこれは左に外れる。

前半41分、湘南のFKは、はねかえす。

前半45分、ジェフのFK。はねかえされたボールを、町田がオーバーヘッドで狙うがGKの正面となる。

ジェフが押し込みながらも得点奪えず。前半は、0-0で折り返す。

ジェフは、後半4分、町田のボール奪取からクロスをあげるが、清武には合わずそのままラインを割る。その後、湘南が盛り返してきて、なかなかチャンスは作れなくなるが、湘南にもチャンスは作らせない。

後半13分、清武のミドルシュートは大きく枠を外れる。後半16分、ジェフのFK。跳ね返されたボールをボムヨンがミドルシュートも弾き返される。後半19分のジェフのFK。清武が狙うがGKが触ってCKとなる。続くCKは、逆サイドに抜けてしまう。さらに、後半22分には、左から矢田のクロスに清武が狙うが当てられず。

後半23分、船山に代えて為田を投入する。清武が右SHに回る。

ジェフは、後半24分、清武が右からの折り返し、ラリベイがシュートもGKの正面となる。

後半31分、ラリベイに代えて指宿を投入する。

後半31分、ジェフのCKは、跳ね返される。後半32分にもジェフのCK。ショートCKからのクロスもシュートには繋がらず。後半34分、矢田のシュートはGKに防がれる。続くジェフのCKは、クリアされる。

湘南は、後半37分にCK。途中出場のムルジャにヘディングシュートを決められ、湘南が先制する。

vs湘南ベルマーレ 後半終盤のメンバー

ジェフは、矢田に代えて若狭を投入。近藤をトップに上げる。

後半43分、指宿の落としに、乾がシュートもGKがキャッチする。その後も、乾もあげて再三攻め込むもののゴールは奪えず。試合は、このまま0-1で湘南が勝利した。

vs湘南ベルマーレ 試合終了時のメンバー

戦評

試合終了後の握手をする選手たち

ジェフが湘南を圧倒する展開となりました。シュート数でも19対2となり、ほぼジェフペースで試合を運ぶ事となりました。ただ、あとは得点だけが取れませんでした。湘南は、ワンチャンスで1点を奪い、逃げ切った格好となります。

内容だけなら今シーズン最高といっていい出来だったと思います。ボールへのプレッシャー、攻守の切り替え。プレッシャーの強いはずの湘南をプレスで押し込みました。湘南戦では今まで苦労していたところを逆に相手を苦しめるところまでもっていけたのは上出来です。

前半最初の船山のチャンスが決まっていれば試合展開は一方的なものとなっていたかもしれません。それだけの差を感じさせる試合内容でした。この試合、チャンスはあってもバーやポストに嫌われたり、GKに阻まれたりとどうしても得点が奪えませんでした。枠内シュートも12であり、枠に飛んでいなかったわけでもなかったのですが。

失点シーン。湘南からすれば、ここで決めるしかないという場面だったと思います。あれは、相手がうまかった。ムルジャを完全にフリーにさせてしまいました。ジェフからすれば、あそこを凌げば最低でも0-0で終えられたはずです。

これだけ圧倒しながらも負けてしまったのは、ただただ悔しいですね。ただ、これもサッカーです。点が取った方が勝つわけです。ジェフとしても、湘南の守備が良かったとは言え点が取れなかったのは、まだまだ改善の余地があるという事でしょう。あの湘南もJ1では通用しなかった訳ですから、湘南相手に点が取れないようではJ1では通用しませんから。

エスナイデル監督も言っているとおり、あとはこのパフォーマンスもこれからも続けていけるかというところでしょう。このパフォーマンスが毎試合だせれば、勝ち点3の取れる事が多くなる事は間違いありません。まずは、次節・アウェイの山形戦で同じ事が出来るかどうかでしょうね。同じ事ができれば勝利が見えてきます。逆に、同じパフォーマンスが継続できないのであれば、そこが課題となるでしょう。

湘南との勝ち点差は広がりましたが、福岡が負けて自動昇格圏との差は変わらず。ただ、相変わらずプレーオフ圏内を目指す戦いは大混戦で、まずは6位以内にはいるところから始めないといけません。

選手評価
GK 優也 6.0
DF 近藤 6.0
DF ボムヨン 6.0
DF 若狭  -
DF 乾 6.0
DF 溝渕 6.0
MF 町田 6.5
MF 矢田 6.0
MF  熊谷 6.5 
FW 船山 6.5
FW 清武 6.0 
FW ラリベイ 6.0
FW 指宿 5.5
FW 為田 5.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-05-20~2018-05-26

最近のエントリー

  1. 2018年 J2 第15節 横浜FCvsジェフ千葉 土壇場のゴールで引き分けに持ち込む
  2. 2018年 J2 第14節 ジェフ千葉vsアルビレックス新潟 後半の流れを食い止められず逆転負け
  3. 2018年 J2 第13節 大宮アルディージャvsジェフ千葉 小島のゴールを守りきりアウェイ初勝利
  4. 2018年 J2 第12節 ジェフ千葉vsファジアーノ岡山 ラッキーゴールも試合内容では完勝
  5. 2018年 J2 第11節 ヴァンフォーレ甲府vsジェフ千葉 土壇場の同点劇でアウェイ初勝ち点
  6. 2018年 J2 第10節 アビスパ福岡vsジェフ千葉 攻守に精彩を欠き完敗
  7. 女子アジアカップ2018 決勝 オーストラリア女子vsなでしこジャパン 横山弾で連覇
  8. 女子アジアカップ2018 準決勝 中国女子vsなでしこジャパン 3発快勝で決勝へ
  9. 2018年 J2 第9節 ジェフ千葉vsFC町田ゼルビア 3発逆転も辛くも勝利
  10. 女子アジアカップ2018 オーストラリア女子vsなでしこジャパン W杯出場権獲得
  11. 女子アジアカップ2018 韓国女子vsなでしこジャパン スコアレスドローでW杯出場はお預け
  12. 女子アジアカップ2018 なでしこジャパンvsベトナム女子 4発快勝スタート
  13. 2018年 J2 第8節 ツエーゲン金沢vsジェフ千葉 アウェイで勝てず痛恨の連敗
  14. 2018年 J2 第7節 大分トリニータvsジェフ千葉 大銀ドーム初黒星は惨敗
  15. 日本vsウクライナ 1度は追いつくも厳しい試合内容で敗戦
  16. 2018年 J2 第6節 ジェフ千葉vs京都サンガF.C. 前半の2得点を守りきり完勝
  17. 2018年なでしこリーグ 第2節 ジェフレディースvs新潟レディース ホーム開幕はドロー決着
  18. 日本vsマリ 中島のゴールで辛くも引き分け
  19. 2018年 J2 第5節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 6得点圧勝で復活の狼煙
  20. 2018年 J2 第4節 徳島ヴォルティスvsジェフ千葉 またもや10人での戦いで大敗

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6