Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2017年 J2 第23節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 ミスからの失点で連勝ストップ
« 2017年 J2 第22節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐 ラリベイハットでシーソゲームを制す | メイン | 2017年 J2 第24節 ジェフ千葉vsツエーゲン金沢 危なげなく快勝 »
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年 J2 第23節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 ミスからの失点で連勝ストップ



Pasion 力戦奮闘

2017年J2第23節 ロアッソ熊本vsジェフユナイテッド市原・千葉の試合をDAZNの中継で観戦しました。

天皇杯は敗れたものの、リーグ戦は3連勝中のジェフ。このアウェイで連勝を伸ばせれば、上が見えてきます。

スポンサードリンク

試合経過

vsロアッソ熊本 先発メンバー

ジェフの先発は、GKに優也、CBに近藤とボムヨン、右WBに真希、左SBに乾、アンカーに熊谷、ISHに町田と壱晟、トップ下に清武、2トップにラリベイと指宿という布陣でした。指宿が先発に復帰。清武がトップ下という位置になりました。怪我から復帰の真希もSBで先発出場です。

まずは前半1分、清武のロングスローから、ラリベイが落としたボールを壱晟がシュートも、これは枠を外れる。

熊本は、前半3分、左サイドからの折り返し。はねかえしたボールをシュートも、優也が防ぎます。

ジェフは、前半5分、乾のクロスからラリベイがヘディングで狙うも、これはファウルを取られます。前半7分、ジェフがCKもチャンスは作れず。

熊本は、前半13分にCK。ショートCKからつないでいくが、自陣まで押し返される。

ジェフは前半14分、右からラリベイがボールを入れて、跳ね返されたボールを清武がシュートもブロックされます。前半16分、ジェフのFK。清武が直接狙うが、GKが防いでCKとなります。ジェフのCK、指宿のヘディングは右に外れます。

熊本は前半23分に、安から左に添加してい折り返すが、これはクリアします。

前半24分、清武の落としをひろったラリベイがシュート。相手に当たってコースが代わりCKとなります。このCKは、はねかえされます。
前半32分には、右からのクロスにラリベイが当てて、指宿が突っ込むが、これはGKがきゃっちします。

熊本は、前半35分にCK。安が頭に当てるが枠には飛ばせず。

ジェフは、前半40分、清武のロングスロー。こぼれたボールを熊谷がシュートも上に外れる。前半42分、ジェフのCK。清武のボールは逆サイドに抜けてしまう。

熊本は、前半44分、ボールカットから攻め込み、最後は安がシュートも右に外れる。前半45分、熊本のCKも、これは跳ね返す。さらに、熊本のミドルシュートは上に外れる。

前半は、拮抗したまま得点生まれず。0-0で折り返します。

後半1分、熊本が右サイドから攻め込みシュートも、優也が抑えます。

後半4分、ジェフのCKは、跳ね返されます。後半7分にも、ジェフのCK。乾のヘディングは右に外れます。更に、後半12分にもジェフがFK。ラリベイが競って、こぼれたボールを壱晟がシュートも相手に当たります。続くCKは、ニアに送ったボールは、跳ね返されます。さらに、後半14分、ジェフのCK。ショートCKから、壱晟がシュートも枠を外れます。

後半15分、ボムヨンの浮き球のパスを、相手にヘディングで打たれてしまうが、これは枠を外れて助かります。

後半17分、指宿に代えてサリーナスを投入。清武がトップに入ります。

後半19分、乾のバックパスが短くなったところを奪われて、優也もかわされてシュートを打たれて失点。熊本が先制点をあげます。

後半21分、ジェフのCK。はねかえされたボールを拾った町田から、右に展開。サリーナスからのボールを受けた壱晟がクロスも、中でファウルとなります。

後半23分、壱晟に代えて羽生を投入します。

後半25分、ジェフのFK。これは、クリアされてCKとなります。ジェフのCK。はねかえされたボールからボムヨンがクロス。混戦となるがくりあされます。後半32分、ジェフのFK。ボムヨンのヘディングはわずかに上に外れます。

後半35分、町田に代えて船山を投入します。右に船山、左に清武、サリーナスがISHへ。

ジェフは、後半36分、船山からのパスを受けた真希がクロスもシュートは打てず。さらに、後半41分、船山の浮き球のパスに、清武がヘッドで流してラリベイが反応するがシュートは打てず。

後半42分、ジェフのFK。サリーナスのボールはそのままラインを割ってしまいます。後半45分、ロングスローからのはねかえり。左に添加して清武がクロスもGKがキャッチします。後半48分には、真希のクロスにラリベイが頭で合わせるが右に外れます。

このまま得点奪えず。試合は1-0で熊本が勝利しました。

vsロアッソ熊本 試合終了時メンバー

戦評

1つのミスが勝敗を分ける結果となってしまいました。若い、乾に取っては高すぎる授業料になった事でしょう。ただ、エスナイデル監督のサッカーからすれば、1点も奪えず敗戦というのがまず納得できないところだとは思います。

連勝中は、打ち合いの様相もあったのですが、この試合では熊本が非常に集中力を保って守備をしていた事もあり、なかなかゴールが奪えない展開。熊本のチャンスもあったものの、危ない場面はそれほどなく拮抗した試合でした。

後半、ボムヨンのパスが相手に直接ヘディングシュートを打たせる事となってしまうというミス。これは、枠を外れてくれました。今度は乾のバックパスが短くなり優也に渡らず。相手に奪われてしまいました。フクアリでの感覚だと、あれくらいでもいいのかもしれませんが、ボールが止まってしまいましたね。もっと、ハッキリとしたプレーが必要だったと思います。

好調だったラリベイ、清武も不発。指宿もいいプレーはあったものの、この試合では良さが見られませんでした。ただ、ラリベイと指宿の2トップでも高いボールで狙うだけではなく、2人のポストプレー、足元に収まる事をうまく利用できていたのは、今後には悪くなかったと思います。ただ、両サイドを広く使ったサッカーにはなりにくいかなというのもありました。

セットプレーからは、何度か頭に合わせる場面もあったのですが、いずれも枠の外。こういった試合でこそ、セットプレーでの得点が大事になってきます。まだまだ、改善の余地はあります。

こういった試合で勝ちきれないのは、まだまだジェフの力が足りないところだと思います。次は、ホームで金沢戦。アウェイで敗れているだけあって、ホームでは勝って再び連勝スタートと

選手評価
GK 優也 5.5
DF 近藤 5.5
DF ボムヨン 5.0
DF 乾 4.5
MF 熊谷 5.5
MF 町田 5.5 
MF 壱晟 5.5
MF 羽生 5.5
MF サリーナス 5.5
FW 船山 5.5 
FW 清武 5.5 
FW 指宿 5.5
FW ラリベイ 5.5

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

PVランキング

2018-12-06~2018-12-12

最近のエントリー

  1. 2018年 J1 第34節 ヴィッセル神戸vsベガルタ仙台 10人で奮闘も完敗
  2. 日本vsキルギス 4発快勝で2018年を締めくくる
  3. 2018年 J2 第42節 ジェフ千葉vs栃木SC スコアレスドローで寂しいシーズン最終戦
  4. 日本vsベネズエラ 酒井が得失点に絡み引き分けで4連勝ならず
  5. なでしこジャパンvsノルウェー女子 若手が躍動し快勝締め
  6. 2018年 J2 第41節 京都サンガF.C.vsジェフ千葉 アウェイ最終戦を完勝締め
  7. 2018年 J2 第40節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 増嶋の1G1Aで完勝
  8. 2018年なでしこリーグ 第18節 ジェフレディースvsマイナビベガルタ仙台レディース 勢いに屈指敗戦
  9. 2018年 J2 第39節 FC岐阜vsジェフ千葉 覇気なく連敗
  10. 2018年 J2 第38節 ジェフ千葉vs大分トリニータ ミスからの失点が続き完敗
  11. 日本vsウルグアイ ワクワクが止まらない日本がウルグアイに勝利
  12. 2018年 J2 第37節 ジェフ千葉vsモンテディオ山形 2点止まりも圧倒して久しぶりのホーム勝利
  13. 日本vsパナマ 課題は残るも3発快勝
  14. 2018年なでしこリーグ 第14節 ジェフレディースvsINAC神戸 決定機も実らず惜しい引き分け
  15. 2018年 J2 第36節 ロアッソ熊本vsジェフ千葉 船山弾から流れを変えて逆転勝利
  16. 2018年 J2 第35節 愛媛FCvsジェフ千葉 またも1点を奪えず連敗
  17. 2018年 J2 第34節 ジェフ千葉vs横浜FC 1点を奪えず敗戦
  18. 2018年 J2 第33節 ジェフ千葉vsアビスパ福岡 船山ハットトリックも土壇場の失点でドロー
  19. 日本vsコスタリカ 躍動した初陣 快勝スタート
  20. 2018年 J2 第32節 ファジアーノ岡山vsジェフ千葉 攻守に安定してアウェイ連勝

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6