Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2015年 J2 第26節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 ミス連発で自滅
« EAFF東アジアカップ2015 日本代表メンバー発表 元ジェフの水本、米倉、倉田もメンバー入り | メイン | 2015年 J2 第27節 ジェフ千葉vs徳島ヴォルティス 地道な勝利 »

2015年 J2 第26節 ジェフ千葉vsロアッソ熊本 ミス連発で自滅

2015年7月27日

一意専心

2015年 J2 第26節 ジェフユナイテッド市原・千葉vsロアッソ熊本の試合観戦でフクダ電子アリーナまで行ってきました。

日中は、うだるような暑さでした。ちばチャンマッチデーでバカ盛りは大盛況でした。それにしても暑かったですが、試合開始時には風が出てきて暑さがひと段落していました。

スポンサードリンク

前節、アウェイで水戸戦も勝ちきれず。またもや4戦未勝利となってしまいました。この状況をなんとか抜けたいところです。

試合展開

円陣ダッシュ

ジェフの先発は、GKに高木、CBにキムと冨澤、右SBに金井、左SBに太亮、ボランチに勇人と健太郎、右SHにネイツ、左SHに谷澤、トップ下に町田、トップに安という布陣でした。

太亮がようやく怪我から復帰しました。パウリーニョに代えて健太郎。谷澤、安が先発に戻っています。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第26節 vsロアッソ熊本 先発フォーメーション
18.安
14.町田
11.ネイツ
16.佐藤健
7.佐藤勇
8.谷澤
13.金井
20.キム
15.冨澤
17.中村
21.高木

開始早々、熊本は右サイドからボールを入れると、跳ね返ったボールをボレーシュートも、高木が防ぐ。
さらに前半3分、熊本のCKは、なんとか防ぎ切り、カウンターに持ち込もうとするが止められる。

前半5分、ジェフのCKは、はねかえされる。前半10分には、直接FKのチャンスも太亮のシュートは上に外れてしまう。

中々、主導権の握れないジェフに対して、熊本もつなぎでのミスが多くどちらもペースが握れない展開となる。

前半16分、スローインから安がカットインしてシュートもGKが抑える。

両チームともチャンスらしいチャンスが作れず、こう着した状態でゲームがすすんでいく。

前半25分、谷澤からスイッチして左サイドを突破した太亮が低いボールを入れる。安にはわずかに届かず。ファーのネイツに入る前にDFがクリアする。
このCKは、ジェフ側のファウルとなる。

前半28分、熊本のFK。直接狙うがバーの上をこえる。

前半30分、熊本は自陣からのクリアボール。これが裏に抜けて、高木が飛び出すがかわされてしまい、冨澤も間に合わず。ゴールに蹴りこまれて熊本に先制を許す。

前半32分、熊本のFKは、なんとかしのぎきる。ここから、ジェフのカウンターとなるが、最後は谷澤がつぶされる。

ジェフは、前半35分、高い位置でネイツがボールを奪ってスルーパス。町田が抜け出すがシュートは打たずに、ネイツにパス。ネイツがあわててシュートもバーの上をこえる。

さらに、前半37分には、谷澤のスルーパスに、町田が抜け出してシュートもGKに止められてしまう。

さらに、ジェフはCKのチャンスが続くが、ゴールにはつながらず。

ジェフのCKのチャンス

前半は、このまま0-1で熊本がリードして折り返す。

1点を追うジェフが積極的に前にでる展開となる。後半6分のFKは、相手に当たってはねかえされる。

後半7分、健太郎から右サイドに出したボールをネイツが粘ってひろい、右サイドを突破。折り返すが、GKが直接キャッチする。

後半8分、安に代えて阿道を投入する。

後半9分、ジェフのCKは、はねかえされる。

後半12分、熊本はGKからのフィードから抜け出し、高木が対応するがシュートを打たれて、そのままゴールに吸い込まれる。熊本が0-2とする。

さらに、熊本は後半15分にFKのチャンス。ジェフがクリアしきれず、繋がれて粘られるが、最後はなんとかクリアする。

ジェフは後半18分、右サイドに大きくサイドチェンジ。ネイツが切れ込んで阿道にパス。阿道が右サイドにボールを送ると、金井が右サイドからのクロス。ネイツがヘディングで合わせるが、これは防がれる。こぼれたボールを阿道がシュート。これが決まって、1-2と1点差とする。

阿道のゴール直後

さらに、ジェフは右サイドから展開して、阿道がシュートも防がれる。後半19分、自陣からボールをつないで、ネイツが遠目からシュートもバーの上をこえる。

後半21分、金井のクロスに阿道が頭で合わせるがバーの上をこえる。さらに、後半22分、ジェフのFKも、はねかえされてしまう。

後半26分、健太郎からのパスを受けた太亮が左サイドを突破してクロス。ゴール前を抜けたところを金井がシュートも防がれる。

後半28分、ネイツが倒されてボールを奪われると、そのまま見事なミドルシュートをたたきこまれる。1-3と熊本のリードが広がる。

後半30分、町田に代えて井出を投入する。

後半34分、ジェフのCK。はねかえったボールを、勇人がミドルシュートもバーの上をこえる。
後半36分には、左サイドでボールをつないで、谷澤からのクロスにネイツが頭で落とすも阿道には合わず。

後半39分、ネイツに代えて佑昌を投入する。

後半44分、勇人からワンタッチで金井に出して、金井が切れ込んでパス。谷澤が合わせるが、わずかに枠を外れる。
そして、後半45分、太亮からのクロスを阿道が頭で落として、金井がボレーで合わせる。これが決まって、ジェフが1点差とする。

しかし、ATの攻撃は決定機を作れず。このまま2-3で敗戦となった。

ジェフユナイテッド市原・千葉
2015年 J2第26節 vsロアッソ熊本 試合終了時フォーメーション
19.オナイウ
26.井出
6.田中
16.佐藤健
7.佐藤勇
8.谷澤
13.金井
20.キム
15.冨澤
17.中村
21.高木

 

戦評

試合終了後の整列

2点を返したところはよかったですが、2失点はポジショニングのミスから生まれたもので残念な試合となりました。

いずれも、高木が飛び出したところから、シュートを決められてしまいました。高木の出るタイミングもまずかったのですが、冨澤との意思疎通も出来ていなかったように思います。ゴールにカバーにはいる選手もおらず、ゴールががら空きの状況をつくってしまったのも、どうかなと思いますね。

熊本は3点目は、ゴラッソでした。あれは、ちょっとタイミング的に難しかったかもしれません。直前のプレーがネイツへのファウルにも見えなくはないですが、あれは取らなくてもやむをえませんね。

阿道のゴール、金井のゴールには執念を感じましたが、3失点してしまうと、勝負としては苦しくならざるを得ません。

5月に讃岐戦の後に5戦白星なしが続きましたが、またもや5戦白星なしとなってしまいました。5月の讃岐戦までで8勝をあげていますが、それ以降は2勝しかしていない事になります。

ただ、磐田が連覇しした事で、2位との勝ち点差は9のままです。順位も7位のままとなり、上位争いは混戦模様になってきました。ここから、調子を上げていくにしろ、劇的に変わるとも思えない状況なので、こういった状況はジェフにとってはラッキーでしょう。

月も変わって、8月になる事なので、ここから切り替えて順位をあげていくしかないでしょう。

選手評価
GK 高木 3.0
DF 冨澤 5.0
DF キム 6.0
DF 金井 6.5 
DF 太亮 6.5
MF 勇人 6.0
MF 健太郎 6.0
MF ネイツ 5.5 
MF 谷澤 6.0
MF 町田 5.0
MF 井出 -
MF 田中 -
FW 安 5.0
FW オナイウ 6.5 

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。