Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2016年 総括 ジェフ千葉 SH・トップ編
« 2016年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編 | メイン | 2016年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半 »

2016年 総括 ジェフ千葉 SH・トップ編

2017年2月 6日

ジェフユナイテッド市原・千葉

2016年シーズンの振り返りのジェフ千葉編。今回は、FW(SH、トップ)編をやってみたいと思います。

SH編

開幕当初は、小池が右、井出が左という布陣でスタートしました。しかし、小池はちばぎんカップなどで抜群と突破力をみせたものの、縦を切られると手詰まりとなってしまい、起用されなくなってしまいました。

スポンサードリンク

長澤は当初は途中出場でしたが、その後先発で出る事が多くなりました。一方、井出はその後長澤にポジションを奪われる形となり途中出場が多くなりました。ただ、小池が先発から外れるようになると、再び井出にもチャンスが訪れます。

シーズン当初戦列を離れていた町田が復帰するとSHのポジションに入るようになります。これにより、長澤が先発を外れていましたが、ボランチで起用される事になり、SHに町田と井出というパターンも使えるようになりました。

また、町田が得点を取れるようになった事と、エウトンがようやく馴染んできた事で、船山がSHで起用されるようになりました。元々、SHも出来る選手だった事もありSH船山というパターンも増えてきました。サイドで起点を作れる事で井出や町田とは違った持ち味をみせてくれました。

長谷部監督代行になってからは菅嶋の起用も増えました。豊富な運動量で攻撃にからんでいましたが、得点は奪えませんでした。船山がトップに戻り、町田がSHとして起用されるようにもなりました。この辺は、試合の中でもポジションを入れ替えたりとかなり柔軟にはなってきたと思います。

 

トップ編

開幕当初は、船山とエウトンの2トップとなりました。また、吉田が開幕戦でゴールを決めるなど期待を持たせてくれました。ただ、吉田は思ったよりも得点が伸びなかったのが残念ですね。エウトンがなかなかJのサッカーに馴染みきれていなかった事もあり、吉田が2トップで先発するようになります。

船山は期待された得点力が思ったよりも発揮できず。ただ、船山が入ったときの方が攻撃での幅が広がるためなかなか外せないという状況でもありました。その後、エウトンと町田が2トップを組む事が増えます。

町田は今シーズン得点源として開花。チームの得点王となりました。エウトンも2桁得点をあげ、まずまずの働きではありました。ただ、町田とエウトンを合わせても20点少々というところで、チームとしての得点力としては物足りないところはありました。

エウトンの出場停止時には、阿道が先発できようされました。阿道は、途中出場が多かったですが、自己最高の得点数をあげました。形が作れれば得点が取れるという点では良かったと思いますが、ベンチから外れる事も多く安定したパフォーマンスを出せていれば、もっと得点を取れていたかもしれません。

終盤戦、連敗が続きトップの選手も得点がない試合が続きました。得点力不足はシーズン通しても課題ではありました。

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。