Top > 話題別 > Jリーグジェフユナイテッド > 2016年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編
« 2016年 観戦記録まとめ | メイン | 2016年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編 »

2016年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編

2017年2月 4日

ジェフユナイテッド市原・千葉

今更ですが、2016年シーズンの振り返り ジェフ千葉編をやりたいと思います。まずは、ポジション別の振り返りか。

GK編

GKは、開幕時からずっと佐藤優也がレギュラーでした。途中、不安定な時期もあったものの、シーズン終盤まで一貫して優也が正GKの座に居座りつづけました。

スポンサードリンク

シーズン途中までは、主に藤嶋がサブに入っている事が多く、藤嶋が怪我で戦列を離れてからは岡本がベンチするようになりました。藤嶋は、結局試合に出場する事なく、チームを去る事になってしまいました。途中、チームが下降線を辿っていたときに、藤嶋にもチャンスがあったかもとは思いますが、岡本と代えようという感じではなかったんでしょうかね。

佐藤優也は、体格に恵まれていて足元もうまい方で、これまでのジェフのGKとは少し異質な感じのGKでした。チームキャプテンを努めていた事もあり、チームの調子が上がらない時期は苦しかったんじゃないでしょうか。

プレーオフ進出を逃して以降は岡本が先発を努めるようになりました。これは、次のシーズンへと向けてといった意味合いもあったのでしょうが、チーム状態が上向いた事もありシーズン終了まで続きました。岡本には、ジェフ生え抜きという事でまだまだ頑張って貰いたいところです。

CB編

序盤戦は、近藤とジョユンが先発をつとめていました。経験のある近藤と、前に跳ね返す強さをもつジュヨンの組み合わせは悪くはなかったのかもしれません。

途中、近藤が怪我で戦列を離れてからは、大久保だったり若狭がこのポジションを努めることになりました。この間もジョユンがずっとCBの一角で間に跳ね返し続けました。ただ、近藤が復帰すると、ジョユンは先発の座から外れて、近藤と若狭の組み合わせに変わっていきました。結局、ジュヨンはこの期あまり先発で出場する事は少なくなりシーズンを終える事になりました。

監督が変わった事もありますが、前に跳ね返す強さがあるジュヨンですが、経験値というところでは物足りない部分もあっての事もあるのでしょうか。

シーズン終盤には岡野が近藤とコンビを組む事になりました。ルーキーではありましたが、上背があってスピードもある岡野は今後に期待が出来る内容でもありました。ただ、札幌戦ではATに失点を許すなど、まだまだこれからの選手でもあるところです。

SB編

シーズン序盤は、左に阿部、右に多々良という組み合わせでした。阿部が攻撃的で、多々良が守備的な、左が高めの組み合わせでした。実際、阿部のところからチャンスを作る事も多かったのですが、思ったよりもアシストに結びつきませんでした。どうも、阿部の狙いと回りがあってないという印象がありました。また、アーリークロスでも十分な精度があったので、持ち上がってマイナスのボールを入れるというケースも少なかったように思います。

丹羽が途中加入して移行は、右SBに丹羽が入るケースが多くなりました。丹羽が入った事で、右サイドからの攻撃も幾分マシになった気がしましたが、そこまでの効果はなかったように思います。

左は阿部が出続けていましたが、夏頃からは比嘉が先発の座につきました。終盤戦は比嘉、阿部が両方共怪我をした事もあり乾が先発の座につきました。同時に先発をしていた岡野と共に若い2人が最終ラインに入るという事になりました。本職はCBですが、ときおり見せるドリブルは意表をつくもので、SBとしても面白い素材だなという気がしました。また、阿部や、比嘉にはない高さという武器もありました。

右SBでレギュラー争いをするかに思えた北爪はSHでの器用が多くなりました。しかしながら、SBで起用されたときは、深くまでえぐってクロスをいれるなど、本職のSBとしてやはり使ってもらいたいなと思う場面もありました。多々良や、丹羽とくらべてもスプリント力もあるし、悪くはなかったは思いますが、左が攻撃的であった事もあり右SBは守備が出来る選手を器用という事になったのでしょう。

左サイドは、阿部と比嘉がいて、安泰かと思われましたが、シーズンを通してそこまでインパクトは残せませんでした。中村太亮がいたときに比べてもアシスト数は減っていたのではないでしょうか!?攻撃面で期待された左から中々得点がうまれなかったのは痛かったと思います

にほんブログ村 サッカーブログ ジェフユナイテッド千葉へ 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。