Top > 話題別 > Jリーグ > 第96回 天皇杯 決勝 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 鹿島が力強く2冠
« 第95回 高校選手権 1回戦 市立船橋vs京都橘、前橋育英vs明徳義塾 | メイン | 第95回 高校選手権 2回戦 鳳翔vs青森山田 圧勝スタート »

第96回 天皇杯 決勝 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 鹿島が力強く2冠

2017年1月 2日

第96回 天皇杯

第96回天皇杯 決勝 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレの試合をNHK総合の生放送でテレビ観戦しました。

鹿島はチャンピオンシップ以降盤石の力強さを見せつけています。対する川崎は、悲願の初優勝まであと1勝まで迫りました。チャンピオンシップでは、鹿島に後塵を拝し優勝の目を阻まれた因縁もあります。

スポンサードリンク

試合展開

鹿島はいつも通りの立ち上がり。特に可もなく不可もなく。川崎の方がやや固い立ち上がりとなったが、大宮戦のように押し込められる展開にはなっていない。

大久保が強引にドリブルで切れ込んで折り返すが、これは曽ヶ端がキャッチする。さらに、小林悠のシュートはわずかに枠を外れる。川崎が攻勢にでて押し込む時間が長くなる。

両チームともに球際で激しくいっていた為に、不穏な空気も流れかけていたが、それ以上に引き締まったゲームになっている。

鹿島は、FKからのチャンス。シュートは密集に阻まれゴールならず。徐々に鹿島が押し込む展開となっていく。

迎えた前半42分。鹿島がCKから山本が頭で合わせてゴールを奪い先制点をあげる。前半は、鹿島が1点リードして折り返す。

後半、川崎は三好を投入してリズムを掴む。すると、後半9分、三好からのボールを受けた小林悠が決めて同点に追いつく。

さらに攻勢にでる川崎は、小林悠のミドルシュートがポスト直撃となるチャンスなど、鹿島を押し込んでいく。連戦で疲れが見え始めた鹿島を相手に勝ち越したい川崎だったが、追加点は奪えず。

試合は1-1のまま延長戦に突入する。

延長前半、鹿島がセットプレーからのチャンスは川崎がなんとか凌ぎ切る。しかし、延長前半4分、鹿島はCKから跳ね返されたボールを植田が前にヘディングで押し返す。前線で交錯してこぼれたボールをファブリシオが決めて鹿島が勝ち越しに成功する。

川崎は、延長後半から森本を投入して、勝負に出るがなかなかシュートに持ち込めない。最後は、鹿島に守りきられてタイムアップ。鹿島が2-1で勝利した。

戦評

終わってみれば、鹿島が盤石の勝利でした。とはいえ、川崎にも悲願のタイトルという執念は感じました。後半のうちに逆転できれば勝負はわからなかったでしょうね。それにしても、2得点ともセットプレーがらみの鹿島は本当に勝負強いチームになりました。

リーグ戦は、1stステージこそ優勝したものの、2ndステージは失速して年間総合勝ち点では3位でした。チャンピオンシップの決勝第2戦で逆転での優勝を決めてから、CWCでもどんどん勝負強くなっていきました。天皇杯では、その勝負強さに磨きがかかったようにも見えました。CWC後体調不良の選手が続出して、金崎も決勝には出れませんでした。それでも、勝ってしまう辺りが強いですね。

川崎は、1stステージ、2ndステージ、年間総合順位でも2位。そして、天皇杯でも準優勝とあと1歩届きませんでした。風間監督が退任して来年どういったチームになるかは未知数ですが、やはり1度優勝するという経験値が必要なんでしょうね。それがいつになるのか。監督が変わって、いい意味で変わってくれる可能性もあります。広島のような例もありますからね。

これで、2016年シーズンの試合が全て終了となりました。これで、ACLの日本の出場チームが確定。鹿島、浦和、川崎が本戦出場で、リーグ戦4位のガンバ大阪がプレーオフに回る事になります。1月半ばから

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。