Top > 話題別 > Jリーグ > 第96回 天皇杯 決勝 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 鹿島が力強く2冠
« 第95回 高校選手権 1回戦 市立船橋vs京都橘、前橋育英vs明徳義塾 | メイン | 第95回 高校選手権 2回戦 鳳翔vs青森山田 圧勝スタート »
このエントリーをはてなブックマークに追加

第96回 天皇杯 決勝 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ 鹿島が力強く2冠



第96回 天皇杯

第96回天皇杯 決勝 鹿島アントラーズvs川崎フロンターレの試合をNHK総合の生放送でテレビ観戦しました。

鹿島はチャンピオンシップ以降盤石の力強さを見せつけています。対する川崎は、悲願の初優勝まであと1勝まで迫りました。チャンピオンシップでは、鹿島に後塵を拝し優勝の目を阻まれた因縁もあります。

スポンサードリンク

試合展開

鹿島はいつも通りの立ち上がり。特に可もなく不可もなく。川崎の方がやや固い立ち上がりとなったが、大宮戦のように押し込められる展開にはなっていない。

大久保が強引にドリブルで切れ込んで折り返すが、これは曽ヶ端がキャッチする。さらに、小林悠のシュートはわずかに枠を外れる。川崎が攻勢にでて押し込む時間が長くなる。

両チームともに球際で激しくいっていた為に、不穏な空気も流れかけていたが、それ以上に引き締まったゲームになっている。

鹿島は、FKからのチャンス。シュートは密集に阻まれゴールならず。徐々に鹿島が押し込む展開となっていく。

迎えた前半42分。鹿島がCKから山本が頭で合わせてゴールを奪い先制点をあげる。前半は、鹿島が1点リードして折り返す。

後半、川崎は三好を投入してリズムを掴む。すると、後半9分、三好からのボールを受けた小林悠が決めて同点に追いつく。

さらに攻勢にでる川崎は、小林悠のミドルシュートがポスト直撃となるチャンスなど、鹿島を押し込んでいく。連戦で疲れが見え始めた鹿島を相手に勝ち越したい川崎だったが、追加点は奪えず。

試合は1-1のまま延長戦に突入する。

延長前半、鹿島がセットプレーからのチャンスは川崎がなんとか凌ぎ切る。しかし、延長前半4分、鹿島はCKから跳ね返されたボールを植田が前にヘディングで押し返す。前線で交錯してこぼれたボールをファブリシオが決めて鹿島が勝ち越しに成功する。

川崎は、延長後半から森本を投入して、勝負に出るがなかなかシュートに持ち込めない。最後は、鹿島に守りきられてタイムアップ。鹿島が2-1で勝利した。

戦評

終わってみれば、鹿島が盤石の勝利でした。とはいえ、川崎にも悲願のタイトルという執念は感じました。後半のうちに逆転できれば勝負はわからなかったでしょうね。それにしても、2得点ともセットプレーがらみの鹿島は本当に勝負強いチームになりました。

リーグ戦は、1stステージこそ優勝したものの、2ndステージは失速して年間総合勝ち点では3位でした。チャンピオンシップの決勝第2戦で逆転での優勝を決めてから、CWCでもどんどん勝負強くなっていきました。天皇杯では、その勝負強さに磨きがかかったようにも見えました。CWC後体調不良の選手が続出して、金崎も決勝には出れませんでした。それでも、勝ってしまう辺りが強いですね。

川崎は、1stステージ、2ndステージ、年間総合順位でも2位。そして、天皇杯でも準優勝とあと1歩届きませんでした。風間監督が退任して来年どういったチームになるかは未知数ですが、やはり1度優勝するという経験値が必要なんでしょうね。それがいつになるのか。監督が変わって、いい意味で変わってくれる可能性もあります。広島のような例もありますからね。

これで、2016年シーズンの試合が全て終了となりました。これで、ACLの日本の出場チームが確定。鹿島、浦和、川崎が本戦出場で、リーグ戦4位のガンバ大阪がプレーオフに回る事になります。1月半ばから

関連エントリー
スポンサードリンク
follow us in feedly

ブログ内検索

最近のエントリー

  1. ジェフ千葉2018年シーズン Twitterアカウント一覧
  2. FUJI XEROX SUPER CUP 2018 川崎フロンターレvsセレッソ大阪 まずはセレッソが一冠
  3. ちばぎんカップ2018 ジェフ千葉vs柏レイソル 後半崩れて完敗
  4. 2017年 総括 ジェフ千葉 シーズン後半
  5. 2017年 総括 ジェフ千葉 シーズン前半
  6. 2017年 総括 ジェフ千葉 FW編
  7. 2017年 総括 ジェフ千葉 MF(ボランチ・トップ下)編
  8. 2017年 総括 ジェフ千葉 GK・DF編
  9. 第96回 高校選手権 3回戦 青森山田vs長崎総科大付属 猛攻実らず鬼門の3回戦に泣く
  10. 第96回 高校選手権 2回戦 青森山田vs草津東 2大会連続の圧勝スタート
  11. 2017年 観戦記録まとめ
  12. 2018年シーズン J1,J2,J3の顔ぶれが決定
  13. E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs韓国 惨敗で優勝を逃す
  14. E-1 サッカー選手権2017女子 なでしこジャパンvs北朝鮮女子 後半2失点で完敗
  15. E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs中国 2連勝で優勝に王手
  16. E-1 サッカー選手権2017男子 日本vs北朝鮮 中村航輔の好セーブに報いる1勝
  17. E-1 サッカー選手権2017女子 なでしこジャパンvs韓国女子 岩渕エース弾で初戦
  18. W杯2018ロシア グループリーグ組わせが決まる
  19. 2017年 J1昇格プレーオフ 準決勝 名古屋グランパスvsジェフ千葉 後半4失点で瑞穂に沈む
  20. 2017年 J1 第33節 ベガルタ仙台vs横浜Fマリノス 痛恨のオウンゴールで引き分け

アーカイブ

J2予定表

Jリーグ 順位表

おすすめ

  • Powered by Movable Type 6.3.6