Top > 話題別 > Jリーグ > 第96回 天皇杯 準決勝 横浜vs鹿島 大宮vs川崎
« FCWC'16 決勝 レアル・マドリードvs鹿島アントラーズ 欧州王者を追い詰めて準優勝 | メイン | 第95回 高校選手権 1回戦 市立船橋vs京都橘、前橋育英vs明徳義塾 »

第96回 天皇杯 準決勝 横浜vs鹿島 大宮vs川崎

2016年12月30日

第96回 天皇杯

第96回天皇杯 準決勝の2試合をNHK総合の生放送でテレビ観戦しました。

準決勝は、横浜Fマリノスvs鹿島アントラーズ、そして大宮アルディージャvs川崎フロンターレの2試合でした。ほぼ、ながら見だったので、ざっくりと振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

横浜Fマリノスvs鹿島アントラーズ

全体としては、横浜が押し気味に試合をすすめる流れでした。ただ、鹿島もかなり厳しくチェックにきていたので、なかなかチャンスは作れず。齋藤学が再三ドリブルで切れ込んでチャンスを作っていたものの、どうしてもシュートが枠に飛ばない。

横浜の攻撃に押され気味だった鹿島も、何度かチャンスはあったものの得点には至らず。このままスコアレスで前半が終わるかに思えた前半終了間際。柴崎のクロスに土居が頭でうまく合わせてゴールに流し込む。このゴールで鹿島が1点をリードして前半を折り返した。

後半は、さらに横浜が攻撃的になるが、鹿島がこれをうまくいなしながら試合をすすめていく。横浜は、満を持して中村俊輔を投入。直後のCKでは、ヘディングでゴールが決まったかに思えたがオフサイドとなる。鹿島は、この直後のプレーから一気にカウンター。永木からのスルーパスを柴崎が折り返したところを鈴木優磨が押し込む。鹿島が追加点を上げて優位に立つ。

横浜が懸命の反撃をこころみるが、チャンスはあってもゴールが遠い。試合は、鹿島が最後までゴールを許さず0-2で勝利した。

鹿島は、CWC以降体調不良者が続出。この試合も金崎夢生はベンチ外でした。そんな中でも、チャンピオンシップ、CWCでの試合で経験した事を自信にブレない戦い方をしていると思います。劣勢な状況でも慌てず。チャンスが訪れたら決める。この試合では、柴崎岳が復帰。決勝で、金崎が戻ってこれるようなら攻撃面での迫力も出るでしょう。

大宮アルディージャvs川崎フロンターレ

試合は、大宮が主導権を握る展開となりました。川崎は、大宮のプレッシャーの前になかなかパスが繋げられずに、守勢に回る時間が長くなりました。

ただ、大宮も攻めてはいたものの、尽くシュートが決まらず。後半途中から、ようやく川崎もゴール前までボールを運べるようになってきました。大久保もシュートをなかなか打てない時間がつづきましたが、決定的なチャンスでようやくシュート。大きく上に外れてしまったものの、反撃の狼煙となりました。

川崎は、後半40分のCK。相手がクリアしきれなかったボールを、跳ね返して中へ。最後は谷口が無理のある体勢ながらも蹴り込んでゴール。この1点を守りきった川崎が初の決勝進出となりました。

川崎は、持ち味の攻撃力がまったく発揮できず。苦しい試合となりました。ただ、大宮が外しまくってくれたおかげで、なんとかスコアレスで試合を進める事が出来た事が、勝利につながりました。最後は、セットプレーからの泥臭いゴールでしたが、川崎が執念で決勝進出をもぎ取りました。

チャンピオンシップでは、鹿島に敗れて優勝の目を潰されただけに、なんとしてもリベンジしたいでしょう。もちろん、川崎にとっては最後にタイトルをとって風間監督の有終の美を飾りたいというのもあります。今の鹿島相手だと、かなり苦労しそうですが、一発勝負ですからね。どちらが勝ってもおかしくはないですね。

元日決勝は、関東圏のチーム同士ですが、大阪・吹田スタジアム開催。鹿島が2冠か、川崎が初優勝か。おもしろい試合になりそうです

スポンサードリンク
コメントする
  • mixi, Yahoo JAPAN, Twitter, はてな, Googleのいづれかのアカウントでサインインするとコメント出来ます。
  • サインインしない場合、電子メールアドレスは必須ですが、表示はされません
  • コメント蘭内でタグが使えます。
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • コメント欄には、少なくとも1文字以上の日本語全角文字を入力してください

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • エントリーとあまりにも無関係な記事のトラックバック、または管理人が不適切と判断した場合は、削除させていただきます。